PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 右脳と左脳

僕が先日仕事で3分間という限られた時間で撮影したある超有名人の写真を見た2人の生徒さんからの質問があまりにも対象的だった。

Aさん(男性)は

・この撮影でタクマさんの使ったカメラはどのメーカーの何ですか?

・レンズはどのメーカーの何ミリですか?

・絞りはいくつですか?

・ストロボの位置は右斜め前くらいですか?

・色温度の設定は幾つですか?

・ホワイトバランスは何で?

・後からのデジタル処理はフォトショップですか?それとも○○ですか?

・使ってるモニターとパソコンはどのメーカーでサイズは何インチのものですか?

・データーで渡す時はRBGですか?YMCKですか?

などなど・・・・と、凄かった!!

Bさん(女性)は

・タクマさん!!こういった短い時間での撮影でタクマさんが一番大切にしてるのはどういった部分ですか?精神的にも技術的にも聞かせてもらえませんか?

・撮影する前に、こういった写真を撮るというイメージは出来上がってるのですか?

・もし、この被写体になった方がタクマさんが撮影前にイメージした表情をしてくれなかったりした場合はどう対応するのですか?

・初めて被写体の人がスタジオに入って来た時に、どういった挨拶をするのですか?

・撮影中はどういう言葉を交わしてるのですか?

・撮影前に、何を話すのか?とか考えてるのですか?

・初対面の人を撮る時に、どう対応したらこんな素敵な笑顔が撮れるのですか?
などなど・・・

同じ写真を見て、AさんとBさんが僕に質問したことは本当に対照的だった(笑)

Aさんは左脳的で、聞きたいことは僕が使ってるカメラやレンズといったメカが中心だった。

Bさんは右脳的で、撮影する時の僕の心の状態が中心だった。

Aさんは僕と同じカメラ同じレンズ、同じパソコン、同じソフトを使えば僕のような写真が撮れると思ったのかもしれません。

Bさんは、僕が使っていたカメラや機材より、僕が撮影した時の心の状態を知ることでいつか自分が同じような条件の撮影する時に役に立つと思ったのかもしれません。

同じ写真を見て「ここが知りたい!!」と感じる部分が人それぞれ違います。

*このブログで、僕はどちらの質問が正しいとか間違っているということを書いてるのではありませんよ(笑)
このブログを見てるあなたが、これから誰かに何かを質問する時の何かの参考になればと思っただけです。


左脳中心で考える人と、右脳中心で考える人では思考体系がまったく違うので面白いです「はい」

tankabu5.jpg

*今回も素晴しい短歌です!!
お陰で、僕の写真がメチャメチャ生かされてます!!


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2007年01月22日 | コメント:13 | TOP↑

コメント

今日の話、面白いですね。
どちらも重要なことだと思いますが。。。

Aさんの質問は定量的なので比較的
応えは明確にできると思います。
Bさんの場合はその人の感性的な部分に
あたるのでなかなか難しいと思います。

両方をバランスよく自分なりに取り入れて
いきたいものです。

| なんちゃってフォトグラファー | 2007/01/21 22:02 | URL |

タクマさん始めまして(^^
いつも楽しく読ませてもらっています♪
イキナリですがココで質問してもよろしいでしょうか?

写真を出版社の人などに見てもらうために送付したいのですがプリントアウトした写真とCD-Rなどのディスクとではどちらの方がいいでしょうか?

| るーあ | 2007/01/21 23:43 | URL | ≫ EDIT

今日のお話、勉強になりますね。
後者の思いで臨むのが大切と思いますが、仕事としてやる以上、知識的な事もまた必要なのは確かなのも分かりますし。

共通して、実践して経験してみるのが一番って自分は感じました。

| まさ | 2007/01/22 00:00 | URL |

Bさん、いい質問するなぁ。
今ちょうど僕もその辺を試行錯誤しているところです。
ぜひタクマさんの回答をお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

それにしても短歌と写真は相性がいいですね。

| xlcior | 2007/01/22 00:05 | URL | ≫ EDIT

きっと私なんか、何を質問すればいいかわからないでしょうね!
この作品、色調がとても好きです。

| SHU | 2007/01/22 08:57 | URL | ≫ EDIT

確かに、色々な考え方次第で写真の
テイストも変わってきますよね!
自分はどっちなんだろう・・・。

今日の写真も良いですね♪
短歌も心を打つフレーズで
写真をさらに引き立てているような気がします!!

| YUU | 2007/01/22 11:44 | URL | ≫ EDIT

タクマさんこんにちわ。
ホント、人によって全くちがうものなのですね。自分は、素晴らしいすんごい写真を見たとき、「どんな心でとってはるんやろう!?なんでこんな色が出るんやろ」って思ってしまいます・・・もっとメカの勉強もせなあかんなと思ってます・・・(反省)

短歌と写真、めっちゃいいです!
高校生の時を思い出してキュンとなりました☆ときめき☆

| hiroyan | 2007/01/22 14:34 | URL |

 どちらの方も「良い写真が撮りたい!」という気持ちは同じですね~。私なら両方質問すると思いますよ~(笑)なんせ欲張りなもんで・・・。素敵な写真を撮る人のワザを何でもいいから知りたい!という一心で☆

| グルメリア | 2007/01/22 18:03 | URL | ≫ EDIT

タクマさんの日記が、Bさんに対する回答になっているように思います。前回のコメントに書いてくださったように、イメージができあがっていれば、後は相手の魅力を引き出すことに力を注ぐのですね。握手、「ビッグスマイル!」、小気味よいテンポなど、とても参考になります。

そうだ!タクマさん、次回のDVDはタクマさんが実際に撮影している場面を収めるというのはどうでしょう。タクマさんの早撮り、見てみたい!!

| miya | 2007/01/22 20:24 | URL |

うの!

面白いですねえ~
私も右脳かもしれません。
左脳の質問もまあ知りたくないといえば嘘になりますけれど
どちらかといえば、自分で試行錯誤してから
あの写真みたいに撮りたかったけど、どうですかね?って答え合わせをしてみたいですね~。
悩むのも楽しい^^

| RINA | 2007/01/22 21:30 | URL | ≫ EDIT

右脳派か左脳派か
2秒(笑)で出来るテストがありますので
興味のある方は是非試してみてください☆
おもしろいですよ( ̄▽ ̄)
http://www.nimaigai.com/howto.html

| センキャメ | 2007/01/22 22:10 | URL | ≫ EDIT

二人とも

ぼくだったら、「3分で撮ったんですか!! すごいですねー!!」 でそこまで聞けないかもです。
二人とも、自分がなにを知りたいのかちゃんとわかってるんですね。

| tomo | 2007/01/22 23:21 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです。

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
そうですね、。
バランスですね!!

*flatさんへ
非常に興味深いコメントありがとうございます。
うなずきながら読んでしまいました(笑)
果たして、カメラマン&写真家の場合はどうなのか?
AさんとBさんのこれからが楽しみです!!

*るーあさんへ
それは実際に見てもらいたい人に直接電話で聞いてみるのが一番だと思いますよ。
「プリントアウトした写真とCD-Rなどのディスクとではどちらの方がいいですか?」って・・・
僕ならそうします。
ただ、それだけであなたの悩みはなくなるのです(笑)
こういったことは、考えて悩むより即実行です!!

*まささんへ
そうですね、「知識」「実践」「その経験で得たもの」この3つが三身一体となってカメラマンとして、一歩も2歩も進化してわけです。

*xlciorさんへ
はい、いつかこの件を覚えていたら書きますよ(笑)

*SHUさんへ
「自分はどうなりたいのか?」ということを意識してると、おのずから聞きたいことは出てきますので、試してみて下さいね。

* YUUさん
*hiroyanさんへ
はい、僕はこの短歌を書いて下さっている加藤千恵さんは天才だと思います。
本当に素晴しい歌人です!!

*グルメリアさんへ
そうですね!!両方が一番いいですね(笑)

*miyaさんへ
そうですか?
それでは今考えているDVDパート3(スタジオ実践ワークショップ応用編)では僕の撮影風景も撮るかもしれません(笑)

*RINAさんへ
悩むのも楽しいことです。
人生の方式は
悩むー行動してみるー失敗しても成功したとしても、その経験で大切なことを得る。
これが僕が気がついた「人生の公式」です。

*センキャメさんへ
おもしろいこと教えてくれてありがとう!!

*tomoさんへ
そうです、その通りです!!
この2人は、今の自分が知りたいことを知っているのです!!
ここが一番大切なのです!!
よく気がつきました!!
☆あんたは、エライ☆


| タクマクニヒロです | 2007/01/23 13:23 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。