PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデルの選び

作品撮りをする時のモデル選びについて「友達でも大丈夫でしょうか?」とい質問メールが着ました。

もし、作品作りではなくてライティングのテスト撮影とかでしたら友達で十分です。

でも、作品となると別です。

よく友達や兄弟を撮った作品を見せられるのですが・・

それはその友達や兄弟がメチャメチャ美人かカッコいいか個性的か、という何かがよくないと作品としてはインパクトに欠けると思いませんか?

例えばですね、もし、僕が先日ブログに掲載した作品の為に撮った写真がですね。

普通のおじさん2人に同じ服を着せて、同じ場所で同じポーズで撮った写真だとしたらどうでしょう(笑)

みんな「かっこいいですね、今のタクマカラーが出てますね!!」なんていうコメントをくれたでしょうか?

人物撮影で作品を作る時のモデル選びって、すご~~く大切なことなのです。

みんな、友達を撮った写真でもライティングがよければカメラワークが上手ければ自分のことをいいカメラマンだと認めてくれるだろう?と思って作品を作っています。

でも、作品で被写体は重要な要素になります。

もし、ファッション雑誌やアイドル雑誌の人に作品を見てもらいたいのでしたら、モデル選びは大切にしたほうがいいと思います。

普通の女の子にキレイな服を着せて撮った写真を見て、ファッション雑誌の編集者があなたを使いたい!!と思うでしょうか?

普通の女の子に水着を着せて撮った写真を見て、アイドル雑誌の編集者が、このカメラマンを使いたい!!って思ってくれるでしょうか?

ただ、あなたと被写体との関係性が非常に現れている写真でしたら十分作品になります。

例えば、子供の頃に可愛がってくれたおじいちゃんやおばあちゃんとか、お姉さんが赤ちゃんを産むまでとか・・・

ただ、こういった作品はファッション雑誌やアイドル雑誌向きではありませんよ(笑)

モデルとかタレントさんではなく、人を撮る雑誌に向いています。

僕のワークショップの会員のある人は・・

仲のいいお姉さんが赤ちゃんを生むまでと、生まれてからの子育てを優しい雰囲気の写真でまとめて1つの作品として、自然派思考の雑誌社に持って行ったら撮影の依頼がきて大喜びしています。

それは、その作品のお姉さんが美人だったからではありません(笑)

その作品の中に愛が写っていたからです。

これは僕では撮れない写真です。

その愛が写ってる作品を見て、雑誌社の人は「この人にうちの雑誌の写真を撮ってもらいたい!!」と思ったのです。

でも、この作品をファッション雑誌やアイドル雑誌に持って行ったのだったら間違いなくダメだったと思います。

作品を作る時は「自分はどういった仕事をしたいのか?」「自分の作品から何を見て欲しいのか?」ということをはっきりさせた方が、お金と時間を無駄にしなくてすみます。

僕は随分無駄をしましたから、よ~く分かるのです(笑)

kumi314.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2007年03月14日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

プロのモデルさんには勉強させてもらえます。

タクマさん、ブログ仲間の皆さん、こんにちは!

タクマさん、昨日の日記に書かせてもらった
私のコメントにいただいたお返事を読んで、
「あ~そういうことか~!」
と納得しました(笑)。

やっぱり何事も聞いてみるものですね・・・。

さて、モデルさん選びのハナシですが、
やはりプロのモデルさんは、もちろん
客観的な目から見て、容姿が優れている人が
多いのは、まあ、頷けますよね(笑)。

それとは別に、やはりモデルさんなんかは基本的に、

「撮られることが好き」

ですよね。
(そうでない方ももちろんいらっしゃいますが。)

「好きこそモノの・・・」ではないですが、
そういう「プロ」としての積極的な気持ち、
というのがあると、
やはりこちらも何か得るものがある、というような
気がします。

私もモデルの人にたくさん勉強させてもらいました!

それでは、お話の続きワクワクして待っております。

| ナリナリ | 2007/03/14 23:11 | URL |

今日のお話、為になります。
先日、とあるきっかけでここの部分の大切さがわかりました。
後、お金の掛からない方法も(笑)

ありがとうございます。

それと、40万ヒットの件、びっくりしました。
13日にコメントをし、14日の今日住所等をメールさせて頂きましたが、今日ポストカード届きました(驚

前回に続き、ありがとうございます。

| まさ | 2007/03/14 23:14 | URL |

こんばんは

なるほど・・・作品にするためにはモデル選びが大切なんですね。
またここで重要なことを学びました。

それにしても、インドの写真強烈ですね。

| sonidori | 2007/03/14 23:24 | URL | ≫ EDIT

タクマさん 皆様 こんばんは。

読ませていただいて、なるほど!
って凄く思いました。
風景でも、人でもじっくり選ばないといけないのですね。

昨日の内容で、どうしてコストを下げる事が出来たかよ~く分かりました!!
ありがとうございました。
全ては、こうしたいっていう強い思いがあるからこそ、こんな凄い発想が出るのだろなって思いました。
見習わないと・・・

ありがとうございました。

| evo. | 2007/03/14 23:55 | URL | ≫ EDIT

自分もブログ始めたので名前が変わってしまいましたが、以前から時々お邪魔してたSHUです。
いつもありがとうございます。

タクマさんもいろんな作品を撮ってこられたんですね!
これも意外な作品でした。

特定の目的がなくて、何か写真の仕事がしたいなら、良いと思う被写体には何でも向かって行けばいいんですね!
ただ、例えばアイドル雑誌にはそれなりのモデルってなことだけは忘れてはならないと・・・

| S_sen59(SHU) | 2007/03/15 12:57 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ナリナリさんへ
話の続き、ワクワクされて待たれるとプレッシャーかかるんですよね(笑)

*まささんへ
ポストカードがすぐに届いた謎ブログに書きますね。

*evo.さんへ
そうなんですよ、すべてのことは「こうしたい!!」という想いから始まるのです!!

*sonidoriさんへ
お言葉に甘えてもう一度、インドの写真を掲載します(笑)

*S_sen59さんへ
はい、僕はそう思っています。
でも、あくまで、僕がそう思ってるだけですよ(笑)

| タクマクニヒロです | 2007/03/15 18:07 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。