PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンになる・写真家になる。

カメラマンになりたいという人から色んな質問をされます。

その中で、質問が2パターンに別れてることに気がつきました。

Aパターンの人は、

・カメラマンって儲かるんですか?

・年収幾らくらいになるんですか?

・一カットで数十万円貰えるって本当ですか?

Bパターンの人は

・写真を撮る事が大好きなんですけど、どうやってカメラマンになればいいんでしょうか?

・好きと言うだけでカメラマンになれるものなんでしょうか?

・写真でみんなに感動してもらいたいんですけど、どうやったらできるでしょうか?

といった感じです。

Aのタイプの人は儲ける為に写真を撮る。

Bのタイプの人は好きだから写真を撮る。

この2つだけに分けるのは極端ですけど・・・とにかくよく聞かれる事です。

僕はどちらの動機でカメラマンを目指しても、それは本人が決めればいいことだからいいと思っています。

Aタイプの人はカメラマンになれたとしても、最初の数回の仕事が儲からない仕事だったら「なんだ、思ってたより儲からない職業なんだなぁ~」って・・・テンションが下がってしまうような気がします。

そして、撮影に情熱を注ぎ込むことより「もっと儲けるにはどうしたらいいだろう?」って考えるようになり、撮影料を高くしたり、経費を今までより高く請求したりするといったことをやりたくなるものです。

それでも儲からないとカメラマンという職業を辞めようと思い始めます。

Bタイプの人は、最初の仕事のギャラが少なくても写真を撮るということが好きなのでテンションはお落ちません。

むしろ、写真を撮るという仕事が出来てることに喜びを感じていますからテンションは上がります。

そして、もっといい写真を撮りたい!!という向上心が湧いてきます。

ギャラが少なくても決してカメラマンという職業を辞めようとは思いません。

それは写真を撮る事が好きだからです、写真を撮る事に喜びを感じているからです。

・儲けを目的にするのか?

・自分の好きなことが、人にも喜んでもらえるように・・を目的にするのか?

「カメラマンへの道」を歩んで行く、最初のきっかけは人それぞれ違います。

僕はどちらがいいとか悪いとかを言ってるのではありません。

それは自分が決めればいいことですから・・・

☆僕が多くの経験で気がついたことは、「お金を追うとお金はどんどん逃げて行く」ということでした、今までに随分逃げられました(笑)

また、人に喜んでもらうことをしてると、「気がついたらお金の方が近寄って来てくれる」ようになります。


A07778.jpg

*明治神宮で出会った結婚式。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2007年07月16日 | コメント:8 | TOP↑

コメント

こんな質問ですいません。
どうしてこんなに青みがかった写真に撮れるんですか?

| Mi | 2007/07/16 19:25 | URL |

やはり理想はBタイプでかつ満足のいく収入があるパターンですね(笑

それがなかなか難しいのでしょうね。

でもモチベーションさへ下がらなければなんとかやってゆけるのではないでしょうか。

これも他の職業とかわることがないところだと思います。
仕事が乗っていて面白いとき、徹夜続きでも平気なんて経験が何回か(笑)ありました。

今は年齢がいっているので無理はしません(笑)

| なんちゃってフォトグラファー | 2007/07/17 00:52 | URL | ≫ EDIT

私が思ったのはAパターンの人もBパターンの人もどちらも真剣だなー、ってことです。職業として写真を撮る場合にギャラはとても大切ですから。しかし大きなギャラを最初に掲げて大きな仕事が来るの?といえば私は違うと思っていて、たとえばゼロ円で仕事してもダメな結果だったら次から依頼は来ないわけで、、、どんだけの付加価値を自分が生み出せるかでギャラの大きさは千差万別で違いますよね。タクマさんのようなエースのギャラとベンチ入りもままならない駆け出しのギャラでは全然違う・・・。タクマさんからもし仮に「儲かりまっせ!」などと言われてもそれはタクマサンだけの事情。(笑)と考えれば。ボクは今3年目なのですが激安から初めて(笑)タクマサンのDVDなどで勉学に励み!今は時間あたり万単位に、、、少しずつ成長しています。ありがたいと思っています。

| はんちゃんJP | 2007/07/17 15:35 | URL | ≫ EDIT

私の動機は・・・

久しぶりにコメントさせていただきます。
この記事を見て改めて私はなぜプロになりたいのか?を自問しました。もともとは、「自分はこのままでいいのか?」と言うことでした。あとは好きな旅をしたり、風景写真を撮っていたいということです。それは今でも変わっていません。
でもプロになったらいいことばかりではないのでしょう。それを受け入れられるかどうかですね。でもそれはプロにならないと本当にわからないし、今はそんなことを考えているときではない。とにかくプロを目指してみよう。それだけを考え続けます。これからもブログ楽しみにしています。

| sj45a | 2007/07/17 18:40 | URL | ≫ EDIT

タクマさんこんばんは、

ちょっと吹っ切れそうです。

僕はデザインセンスはありません←^^;

今ままでこれたのは、中学時代から集め出した写真集・・・・たぶん2,000は超えてると思います。

この資料のおかげかも・・・

でも・・・誰より、写真・・・好き・・・かな?・・・たぶん

ファインダー覗くと・・・売らなきゃ・・・と、必死・・・マジで・・・

焦るし、現像液の臭いでも、吐きそ~

他人の写真観るのも、いやになってた・・・かも・・・

ちょっと・・・勇気だして休憩してみよっかなぁ~

そしたら・・・失業したりして・・・^^;

まっ・・・いっかぁ~

| ☆トシ☆ | 2007/07/17 22:24 | URL |

動機はAでもBでも、他人様が「この写真イイ!」と思ってくれたら、稼げるようになるんでしょうねー。でも、仮に結果が出なくても、Bさんみたく好きだったら、続けていられる。で、いつの日か、自分の感性と合う時代が来るとか、自分が変わるとか、そんな事があって大ブレイクする、かもしれない? あとは石の上に何年座っていられるか、という事ですかねー?

ところで、HPの方には感想書くところが無いので、こちらに書かせていただきますね。「ひらめき」については茂木健一郎さんの「ひらめき脳」という本があって、最近読みましたが、すっごく面白かったですよ~。タクマさんをはじめ、皆様にもオススメです。プチひらめきを続けてると、益々勘が良くなってひらめき体質が強化されるらしいですよ。タクマさんは、きっと既にひらめき体質なんですよ~。

| グルメリア | 2007/07/18 16:25 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*Miさんへ
これはクロス現像をして写真にコントラストを付けています。
そして、プリントする時に僕の好きな青にしているのです。

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
そうですね、何ごともモチベーションは大切ですね。

*はんちゃんさんへ
僕も最初の3年間は激安でしたよ。
そこからお金に走ってしまいました(笑)

*sj45a さんへ
いいコメントありがとう!!
「でもプロになったらいいことばかりではないのでしょう。」
の、僕の答えをブログに書きますね。

*☆トシ☆さんへ
走り続けて心が疲れたら、休憩するのもいいものですよ。
写真から離れると、逆にインスピレーションが湧いて来たりするものです。

*グルメリアさんへ
「あとは石の上に何年座っていられるか、という事ですかねー?」
そうそう、これって、すご~~く大切なことなんですよ。
マンガのスラムダンクの中でも言ってます。
「諦めたら試合い終了」ですからね。

本のお奨めありがとう!!
実は、僕は「ひらめき」体質なのです(多分)

| タクマクニヒロです | 2007/07/18 20:14 | URL |

こんにちは。
カメラマン。厳しいですね。特に地方は。
タクマさんもお仕事された事のある媒体で写真を撮ってます。見開き2ページの特集記事です。 でもギャラはたぶんタクマさんの10分の1も無いでしょうね。 でも、一生懸命撮ってます(いっこうにギャラはあがりませんが…)。
先日、それを見てくれていた方から広告のお仕事を頂きました。とても嬉しかったです。  真面目にやってると
いつか良い事がありますね。 その媒体の写真をきっかけに沢山のお仕事をする事になりました。

今でもその「安い仕事」は頑張ってやってます。

| bon | 2007/07/22 15:26 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。