PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライティング

先日ひさひさにライティングで悩んでしまった撮影がありました。

なぜ、悩んだのか?

それは、僕の得意分野は人物撮影なんだけど、先日の撮影はとても多きなグランドピアノと人物がらみだったのです。

打ち合わせの時に「はい、ピアノと一緒ですね」と、いとも簡単に返事をしたのです(笑)

*打ち合わせはしっかりやしりましょう(反省)

ところが、いざ撮影当日にスタジオでピアノを前にしてみると・・・・

大きなグランドピアノは「黒い鏡」と同じだったのです。

*今、もし商品撮影をしている方がこのブログを読んでいたらピアノのような商品の撮影に関しては「そんなの当たり前だろう!!そんなことも知らずによくプロカメラマンやってるね!!」って叱られると思います。

おっしゃる通りです、言い訳などしません。

ところが、カメラマンになる時に商品撮影を放棄した僕は、グランドピアノが「黒い鏡と同じ」ということを、このスタジオでピアノを目の前にして初めて知ったのです。

*心配しないで下さい。

コマーシャルのような撮影のの時は事前に同じスタジオでライティングのテストなどができますから。

今回はコマーシャルではなかったので、当日だけの本番一発勝負の撮影だったのです。

とにかく、どの角度に移動しても赤いギンガムチェックを着た僕が写ってるんです(笑)

商品撮影をするカメラマンが黒っぽい服を着てる意味がよ~~く分かりました。

*またまた「そんなの当たり前だろう!!そんなことも知らずによくプロカメラマンやってるね!!」って思われた方、おっしゃる通りです、言い訳などしません。

そこで、考えました・・

そうだ、僕を黒い布で囲んだらいいのでは?と・・・

そして、スタジオにある暗幕にくるまりました・・・

ところが、今度は黒い塊の僕がピアノにちゃ~~~んと写ってるんです(笑)

つまり、僕の黒い塊の部分と僕の廻りのそうじゃない部分の明るさの差がくっきりと分かるのです。
まさに、グランドピアノは鏡でした。

そこでまた考えました。

今度は、僕を含めて僕の左右の端から端まで暗幕を張ったのです。

お陰で、僕と僕の廻りの光の差がなくなりました。

ところが、暗幕から少しだけ顔を出してる僕の頭とカメラの部分だけがしっかりと写ってるんです(笑)

そこでまた考えました。

今度は暗幕ではなく黒紙(黒ケント紙)をスタジオの左右いっぱいに張って、その真ん中にレンズの大きさの穴を開けたのです。

お陰で「黒い鏡」のどこにも僕の姿も写っていないし、カメラ本体も写っていませんし、僕の廻りの光の差もなくなりました。

でも、今度はここまで大きな黒い紙をストロボの前に張ると、せっかく人物とグランドピアノに当てたストロボの光がメチャメチャ制限されてしました。

そこで、DVD1で僕が解説しているフロント紗幕に変更してみたのです。

するとフロントトレペは大きな面光源(曇り空と同じです)なので、光がストロボとピアノの間に張ってある黒紙に邪魔をされないで、キレイに人物とピアノに廻わり、また光がスタジオ中に廻ってるだけあってピアノのサイド面や上の部分をキレイに輝かせてくれたのです。

やっとピアノの反射のプレッシャーが無くなり、いつもの人物のいい表情を撮る自分のスタンスに戻れたので、ここからはエンジン全開で撮影ができたというわけです。

お陰で、とても素敵な写真が撮れました。

☆DVD1を購入された皆様へ。

僕が言うのもおかしいですけど(笑)本当にあのDVDで解説されてるフロント紗幕は役に立ちますよ。

こんなにもオールマイティーとは僕自身思いませんでした。

cd56_20150723171636139.jpg

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2007年09月21日 | コメント:7 | TOP↑

コメント

商品の撮影をしてみないかと、
お誘いを受けているところなので、
とても参考になりました。
DVD1ももう一度見直してみたいと思います。

今日のカトマンズも現代の日本では感じることのなかなかできない
空気感があって、犬までも違うのか?
と思える写真です。

| なんちゃってフォトグラファー | 2007/09/22 16:02 | URL | ≫ EDIT

今日のお話は大変面白かったです。
ほんの少しだけど、本当にほんの少しだけど
御苦労がわかるような気がしました。
なんだか、とてもカッコイイ話です。

うん、なんだかかっこいいのです。

| なべ | 2007/09/22 20:02 | URL |

此処では初めましてです。
ブルーノート買った時にメールした19歳の由貴と言います!あのとき、本当に本人からメールが返ってきて、びっくりしたのを今でも覚えてます。

今回のお話、すごいなーって思いました。
私はカメラマンさんがどれだけ頭を使うか全く知らなかったので、素直にすごいと思いました。

似たような場面にでくわしたとき、どうしたらいいか分かりました!ありがとうございます☆

| YUKI | 2007/09/22 22:18 | URL |

赤のギンガムチェック 僕が欲しいと思ってる服です・・・w


今回の記事も
とても参考になりました!
有難うございます。

| tobo児 | 2007/09/23 19:40 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*なんちゃってフォトグラファーさんへ
商品撮影は、結構ドキドキしますよ(笑)

*なべさんへ
いや、カッコ悪いんですよ(笑)

*YUKI さんへ
どんな仕事をしている方でも、みなさんそれぞれの仕事の場で頭を使っています。
カメラマンだけではありませんよ(笑)

*tobo児 さんへ
参考になればいいんですけどね(汗)

| タクマクニヒロです | 2007/09/24 18:01 | URL |

はじめまして。真太郎と申します。
「夜の散歩道」夜子さんのブログからやってきました。
親父がカメラ好きで、いつかは良いカメラを買おうと、やっとの思いでEOSkissを購入しました。
一眼レフ初心者、ブログ初心者・・・で、いろんな方の写真を見て勉強をさせて頂いております。
正直、知識があまりにも無いため、タクマクニヒロさんのことも存じ上げませんでしたが、ブログやHPの写真を見て感動した次第であります。
写真集の購入をしようとおもいます。
もし、お時間がありましたら、できたてほやほやの初心者ブログも見てやってくださいませ。

| 真太郎 | 2007/09/25 01:11 | URL |

タクマクニヒロです

*真太郎さんへ
初コメントありがとうございます。
これからもよろしく!!
真太郎さんの楽しい日々を感じるブログでしたよ。

| タクマクニヒロです | 2007/09/25 16:18 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。