PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真の上達

色んな方からの質問メールが来るんだけど、その中で僕が使ってるカメラとレンズとフイルムを細かく聞いてくる人が結構います。
これって、非常に気持ちはわかるんだけどね、自分が好きな写真を撮ってるカメラマンと同じカメラ同じレンズ同じフイルムを使って、そのカメラマンと一緒に同じ場所に行って撮影したとしても、そのカメラマンと同じ写真は絶対に撮れないんですよ(笑)

「自分が今使ってるカメラはプロが使ってるものとは違うので、いい写真が撮れないんだ」と思ってる方、それは大きな間違いですよ(笑)
大切なことは機材ではないんですよ。

そのカメラマンが「どういった気持ちでその被写体を見ていて、その被写体をファインダーの中にどう切り取ろうか?」と思ってるのかということ。
つまり、目には見えない所、あなたが好きなそのカメラマンの心の中が大切なのです。

でも、一番大切なものは目には見えないんですよ。
これは知ってる人は知ってるフレーズなんですけどね(笑)

だから、そのカメラマンが今あなたが持ってるカメラしか持っていなかったらそのカメラでも、そのカメラマンしか撮れない写真を撮る事が出来るのです。
まぁ、もってるカメラがあまりにもマニアックなものだったら無理かもしれませんけどね。

僕がこのブログに掲載している写真はコンタックスT2というコンパクトカメラですべてオートで撮影しています。
何十万円もするプロが使ってるカメラではありませんし、レンズも1個しか付いていません。
それでも、このカメラで撮った写真でポストカーを制作して販売したり、カインド オブ ブルーという写真集まで出版しています。

つまり、何を言いたいのか?っていうと、、写真は人が持ってる機材を意識しながら撮るものではないということです。

自分が撮りたい被写体を、自分の心に浮かんだように撮る為に必要な機材は何か?という事を考えて必要になったその時に、その機材を購入して撮ればいいだけです。

最初に機材ありきではないのです、安心して下さい!!
それより、今持ってるカメラをまず使いこなして下さいね!!

宅間さんの使ってる機材は何ですか?と聞く前に、自分はいったい何をどう撮りたいのか?ということを、自分自身に問いかけて下さいね(笑)
A99.jpg

*大好きな北海道~~~~~!!

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 未分類 | 2005年12月04日 | コメント:7 | TOP↑

コメント

秘密兵器

宅間さん、皆さん、こんばんは!!

私のニャン撮りの秘密兵器をお教えします。

それは、ズバリ『こころ』です!

そして、どこでも腹這いになれる服装かな?

実は、近づけないニャンを撮りたくて望遠を
買ったのですが自分の心が写らないレンズ
だったのですぐに90マクロに付け替えました。
私の標準レンズ、これ一本でいいと思うくらい
の相性の良さです。

| sora | 2005/12/04 21:18 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

宅間さん、みなさん、こんばんは(^-^)
『大切なものは目に見えない』
サン・テグジュペリの星の王子様ですね。
はい。大好きです(笑
そして私も、マクロレンズ1本勝負!のようなフォトライフを満喫しております(笑
宅間さんのような心を大切に
最高に愛せる写真を撮って行きたいです(^-^)

| あや☆ | 2005/12/04 21:30 | URL |

( ゜▽゜)/コンバンハ
私も宅間さんのブログを見ながら
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ ウンウン
うなずいていました
1年目はついてたレンズ(18~55ミリ)
2年目は望遠がほしくて28ミリから300ミリ
今年は明るいのがほしくて24ミリから70ミリのf2.8しか使ってません
来年は90ミリマクロを買いたいなって思ってます
まだまだいろんな写真を撮りたいので
自分で納得しながらいろいろ試してみたいなって思ってます
というより主婦なものですからそれほどどんどんレンズを買えないのが本音です
でも持ってるレンズでもいろんな撮り方もできるし学ぶことはたくさんあります

ホッとできる写真が撮れたら良いなって思ってますが私自身が余裕が無いとだめですね

| ふらら | 2005/12/05 00:02 | URL | ≫ EDIT

カメラ

宅間さん、、みなさま、こんばんは

カメラのパンフレットとか眺めているのはちょっと楽しかったりするのですけど、宅間さんのおっしゃるとおり、そんなことは大事ではなく、時間がもったいないですよね。
soraさんのようなベストなレンズとの出会い、カメラとの出会いは、「撮る」ということに専念するための一つの条件なのかもしれないですね!

私もほぼ一本です!

| コウ | 2005/12/05 00:31 | URL | ≫ EDIT

宅間さんの写真

 はじめまして。同じ写真を生業とする者として、いつも楽しく拝見してます。

 機材を知りたいという気持ちもよくわかりますね(苦笑)。それは=テクニックを知りたいということだとも思いますが。同じT2でどうやってあの色を出すのか、どうやって周辺光量を落とすのか、と。

 それを知ったところで、宅間さんと同じ写真はもちろん撮れませんが。「似たような」写真なら撮れるでしょうから。

 機材がもっとも大切ではありませんが、機材(テクニック含む)で写真が決まる部分もありますから難しいところです。

 僕自身、そういう質問にどう答えようか迷っているところでした(苦笑)。

 

| 吉田パンダ | 2005/12/05 07:45 | URL |

*soraさんへ
そ~なんです、自分が一番気に入ったレンズそれでいいんです!!
*あやさんへ
はい、正解です(笑)
*ふららさんへ
それで、いいんですよ!!
今の自分が手に入れる事ができる機材で自分の写真を撮る!!
この道がふららさんのオンリーワンへの道に繋がっているんですよ。
*コウさんへ
そうです、自分のベストレンズとの出会いです。
他人を意識してるうちは見つける事はできません。
*吉田パンダさんへ
コメントありがとうございます。
吉田さんクラスになるとそういったことが気になってくるのは非常によく分かりますよ(笑)
それは、他のカメラマンが撮ってる写真を見て、その機材や技がわかったら「自分も撮れる」というだけの実力がある証拠です。
そのクラスまで来た人は「写真を楽しんで撮る」というレベルをすでに終了してる方なので、「自分が撮ってみたい写真をどういう機材で撮ればいいのか?」ということをおもいっきり追求すればいいんですよ。
吉田さんのおっしゃることは、ぜんぜん間違っていないと思います。
ちなみに、僕の写真の周辺光量が落ちてるのは、あれはT2のレンズの特性らしく、自然に落ちてるのです、作為的にやってるのではありません、まったくの偶然です(笑)
あの色は、僕が自分でプリントしてるので、みなさんが言ってくれてる「タクマブルー」が出せるのです。
色んなブルーをプリントしてみて、このブルーに落ち着いたというわけです。
でも、自分でプリント作業が出来ない方やデジカメを使ってる方は、フォトショップ使ってカラーバランスで自分の好きな色にする事が出来ますので、安心して下さい。
つまり「明るい暗室です」(笑)
僕の時代と違って今、写真始める方はこの「明るい暗室」が使えるので、それだけ恵まれているというわけです。

| キープスマイルです | 2005/12/05 11:34 | URL |

ぁ。
いっぱい更新されてた(笑)
コンパクトデジカメだったんですか^^
コンパクトデジカメ使い込んでいて・・・
お父さんにこのカメラの限界の撮り方をしてるかもしれない
とか
言われながら
毎日毎日デジカメを酷使してます(笑

| こりゅう | 2005/12/06 19:41 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。