PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 経験

作品を作って見てもらったんですけど「アシスタント経験がないと不安なので仕事は頼めせんね」って言われたんです。

という方がたくさんいます。

カメラマンに師事していない人は、たった1人の編集者やデザイナーにこういったことを言われると「あ~やっぱりカメラマンに師事していない自分はプロにはなれないんだ」と落ち込んでしまうと思います。

でも、もしカメラマンに仕事を依頼する人たちが、プロカメラマンのアシスタントの経験がないというだけの理由で撮影の依頼をしないというのでしたら、僕を含め今活躍している多くのカメラマンはカメラマンにはなれていませんでした。

「今現在プロカメラマンとして大活躍している人たちの中で、グラビア界、ファッション界、風景写真、その他の世界で独学でプロになられて今では大御所になられれるカメラマンは沢山います。

こういった人たちは、編集者やデザイナーの人たちに「アシスタント経験がないあなたには不安なので仕事は頼めませんね」って言われなかったのでしょうか?

多分、最初はみんなと同じようなことを言われたと思います

でも、今プロとして大活躍しているのは事実です。

それは作品を見てもらった人たちに「この人はプロカメラマンに師事していないから心配で仕事を頼めないなぁ~」という不安以上の・・・

「凄い!!この人に撮影を頼みたい!!」と言わせるだけの感性を伝える作品を持って行ったからではないでしょうか。

カメラマンのアシスタント経験がない人は、数人の人に「経験がないからダメですね」って言われたことで落ち込むより、そのエネルギーを「本当に独学なの?誰にも師事しなかったの?」と言ってくれるような素晴らしい作品を作ることに使えばどうでしょう。

もし、一人の編集者に「あなたはカメラマンに師事していないから不安で仕事の依頼が出来ないんだよね」って言われたら

その人に聞けばいいんです。

「あなたが私に感じてる、不安、心配って具体的にはどういうことでしょうか?」

「今度お会いする時には必ず安心してもらえようにしてきますので私に教えてもらえませんか?」って・・

そうすると「例えばね、こんな作品があれば安心するとか、こんなことを知ってれば安心するんだけど・・・」という感じに教えてくれる人もいっぱいいますよ。

僕が知ってる若手のカメラマンで、つりの雑誌の写真を撮ってる人がいました。

彼は大学の写真部出身というだけでスタジオアシスタントの経験もないし、カメラマンにも師事していません。

大学を出て写真が好きでつりが好きだからという理由で、つり雑誌に作品を持って行って、つり雑誌のカメラマンとして活躍していました。

つり雑誌だからプロカメラマンに師事していなくてもカメラマンとして仕事ができたのかも・・・と思う人も多々いると思います。

ところが、つり雑誌の仕事をやってるうちにつり雑誌だけではなくて人物やインテリアの写真を撮る仕事がしたくなり、そういった写真を扱ってる雑誌に作品を持って営業に行ったのです。

普通なら「あなたはカメラマンに師事していないから不安で撮影の依頼は出来ないんだよね、ましてつりの写真なんか見せられてもね~~」と言われて落ち込んで帰ってくる筈です。

ところが、今の彼は・・・・

やりたかった人物やインテリアの仕事をこなし、先日はある出版社から出版されたインテリアの1冊本まで任されるようになりました。

カメラマンに師事していなくても、作品を見せた人に「経験がないという心配」をされないで自分がやりたい仕事をやっているのです。

それはなぜか?

僕が初めて彼のつりの写真を見せてもらった時に・・

「凄いね~~!!つりってこんなにドラマチックなんだ!!これ作品にしてまとめたらつり雑誌以外の人でも、きみに絶対撮影を頼みたくなるよ!!」と言ったのを今でも覚えています。

それくらい素晴らしい作品だったのです。

つまり、彼の作品は作品を見た人たちが「彼がどのカメラマンに師事してたか?とか、していない」ということを心配させる以上のものだったのです。

でも、作品を見てもらったすべての人に歓迎されたわけではありません。

今の彼があるのは、色んな編集者にダメだしされても決して諦めなかったことです。

きょう書いたことは少し極端じゃないの?と思われたかもしれませんが・・

事実なのは確かなのです。

経験がないからダメと言われても、決して諦めないで相手が「いいね!!凄い!!」と思ってくれる作品を作れば「カメラマンへの道」は開かれるのは事実です。

「経験がないからダメなんだ」という想いが、未来のあなたを創ってしまいます。

だったら「経験がなくてもカメラマンになれるんだ」と想った方がいいと思いませんか?

I-10.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2008年02月14日 | コメント(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。