PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真のテイスト

Q:私はプロの写真は「オンリーワン」な部分があったほうがいいと思ってるのですが、今回タクマさんが出版された放課後という写真集は、今までのタクマさんの写真のテイストとはまったく違うと思うのですが、オンリーワンって深く考えないでもいいのでしょうか?

といった質問メールを頂きました。

A:鋭いですね!!おっしゃる通りです。

今回の放課後は、僕自身「これ、誰が撮ったの?」って聞きたくなりますから(笑)

今回はですね・・・

加藤千恵さんという素晴らしい歌人の短歌ありきの写真だったのです。

あの短歌を生かすには、ああいったテイストの写真が一番いいと思ったのです。

料理で例えるなら、加藤さんの短歌が料理で・・僕の写真は加藤さんが作った料理をのせるお皿のような物なのです。

「料理を見た目にもおいしく引き立たせるもの」という考えで撮ったのです。

もし、ブルーノートやフラワーズのように色が強烈な写真を撮っていたなら、写真の方が前面に出てきて、加藤さんのすばらしい短歌を僕の写真が押さえつけるようなことになっていたと思います。

僕の中には、仕事で人を撮ってる宅間國博と写真集を撮ってるタクマクニヒロという2人のカメラマンがいます。

実は宅間國博とタクマクニヒロの中にも、あと2人くらいのカメラマンがいるのです(笑)

撮影内容や仕事の内容によって何人かの自分を使い分けてるのです。


一番最初に営業に行く時は、オンンリーワンの自分を見せた方が印象に残るのでいいのですが・・・

今の僕のように色んな仕事をさせて頂けるようになったら、その時の自分が一番いいと思うテイストで撮影してもいいと思っています。

今では状況に合わせて色んなテイストの写真を撮れるということが僕のオンリーワンになっています(笑)

広告の写真を撮ってるカメラマンには、撮影内容や仕事の内容にあったテイストの写真を撮るという人は多いですね。

4n.jpg



あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2008年03月15日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

その時にあった状況で写真を撮る。と言葉で聞くと、「そうなんだ。」と思うんですが…それって結構凄い事ですよね!!

| 窓 | 2008/03/16 10:05 | URL |

「放課後」見ました!

今日、やっとアマゾンから届きました!!
嬉しくて嬉しくてじっくり読ませていただきました(o^-^o)
短歌と写真、ココロに入り込んできました。
ありがとうございました(o^-^o)

| そら | 2008/03/16 21:57 | URL | ≫ EDIT

オンリーワン
撮る人、撮った瞬間や空気、そして映像。。。
タクマワールド
これからも楽しみです。

| ますいしんいち | 2008/03/17 13:43 | URL |

はじめまして。
偶然たどり着きましたww
今までイベント撮影のお仕事をしていて現在グラビア系に転向。
色々悩んでいる時だったので色々参考になりました!
またぜひ寄らせていただきます!

| tama | 2008/03/19 14:15 | URL |

*窓さんへ
はい、それは頭の中の引き出しが多いから可能なのです。

*そらさんへ
長い間待っててくれてありがと~~~う!!

*ますいしんいちさんへ
はい、楽しみにして下さい。
ますいさんも、ますいワールドを作って下さいね。

*tamaさんへ
コメントありがとうございます。
グラビア系は楽しいですよ!!

| タクマクニヒロです | 2008/03/19 18:11 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。