PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

スタジオライティング

*DVD3(スタジオライティング基本編)を購入された方へ

この写真はDVD 3で解説している「メイン+バック飛ばし」を「メインをカサバンで+バック飛ばしもカサバン」で撮りました。
メインの絞りはASA200でF5、6バックはメインより半段くらい強くしています。

ASA200で絞りがこれくらいだとストロボを沢山使う必要はありません。

この時はメインに1台、バックは左右でカサバンを1台ずつしか使っていません。

とても簡単なライティングですので、小さなスタジオでで少ないストロボ台数で可能です。

別に複雑で大掛かりなライティングをしなくても写真は撮れるものです。

「DVD3はライティングの基本編だから本番の撮影には役に立たない」と思ってる方もいると思いますけど・・・

ライティングというのは、どういった光でどのような影が出来るのか?という基本を理解することがとてもが大切なのです。


実は僕も最初は基本をバカにしてたのです、でも「光と影の法則」を勉強したお陰で、その後スタジオでライティングをする時にメインの光りをどこから当てればいいのか、影はどう作ればいいのか?ということをとても簡単にできるようになったのです。

☆ライティングの基本「光と影の法則」が理解できると、雑誌やポスターなどで色んな写真を見た時に「あっ、この光(ライティング)はこうやって作ってるんだ」ということが分かるようになるのです。
これ本当です、僕がそうでしたから。

つまり、ライティングの基本(光と影の法則)を学ぶということはとても大切なのです。

スポーツでもなんでも基本はとっても大切です。

「光と影の法則のことよく理解していないなぁ~」という方はぜひDVD3をご覧になって下さい。
「あっ、ライティングってこういうことなのか!!難しくて大変なのかと思ってたけど、ぜんぜん難しくないじゃない」って、目から鱗ですから(笑)


この写真は被写体の有田さんがこっちに向かってくる感じで迫力あると思いませんか?

この写真は有田さんの迫力ある動きを感じるカットを撮りたかったので、あるテクニックを使ったのです。

*実はこのテクニックは、女の子の生き生きした表情を撮りたいという方にお勧めなのです!!

それでは、お話ししましょう。

まず、カメラで女の子を覗きながら「カメラのレンズに触ってみて」と言って下さい。

女の子は「えっ、どうやって?」と聞いてきます

「そのまま手を伸ばしてこのレンズを掴む感じでいいよ」と言います

女の子「こんな感じですか?」って首を少し横にしながら、恐る恐る手を伸ばしてきます。

この時の「本当に触っても大丈夫なの?」という、表情が可愛いいんですよ(笑)

この瞬間にまず、カシャ!!

「そうそう、そんな感じ・・今度は左手で」といいながら左右の手で触る動作をしてもらい何度かシャッターを切ったら

今度は僕が逃げるから「両手でレンズを掴みにきて」と言います。

女の子「こうですか?」と言いながら、今度は楽しそうにレンズを掴むためにカメラの方にぐ~~んと向かって来ます。

こうやって撮った写真は、普通に立ってもらったまま撮る写真と違って、女の子がこちらに向かってくる感じの写真になるので、今までとは違った表情のカットが撮れてなかなかいいですよ。

この撮り方は、女の子が立ってても座ってても寝ててもそれぞれ違った感じの動きがある写真が撮れます。

女の子は最初は恥ずかしそうな表情に・・あとからは楽しそうな表情になるので、今日のこの迫力ある写真とは違った(笑)可愛いショットが撮れますよ。

1度トライして見て下さい。

こんなことやらなくてもいい表情が撮れる!!という方はトライする必要はありません(笑)

an249.jpg

*この写真は被写体が男性なのでおもいっきり迫力ある感じになっていますけど、女の子の場合は被写体がゆっくりとこちらに向かってくる、とっても可愛いい写真になりますよ。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2008年04月13日 | コメント:9 | TOP↑

コメント

参考になりました!

今回のレッスンも素晴らしいですね!
こういった写真って撮れそうで、なかなか撮れないので、まさに目から鱗です。
とっても参考になりました。早速仕事で使わせていただきます。
今後もワンポイントレッスンを楽しみにしています!
ありがとうございました。

| しのっち | 2008/04/13 23:07 | URL |

ちょくちょく拝見しています。
応援ポチッ!

| サトシ | 2008/04/15 18:48 | URL |

タクマクニヒロです

*しのっちさんへ
コメントありがとうございます。
「ワンポイントレッスン」はこのブログを見てる多くの人達にお役に立てると思って書いていたのですが・・・
喜んでくれたのは、しのっちさんたった一人でした。

「ワンポイントレッスン」って、あまり必要とされていないんだなぁ~とつくずく思いました。

これからは「ワンポイントレッスン」を必要としてくれてる、マンツーマンワークショップの会員の人達に直接メールさせて頂くのが一番いい方法だなぁ~と思いました。


*さとしさんへ
応援ポチありがとうございます。



| タクマクニヒロです | 2008/04/15 19:24 | URL |

これからも

タクマさん、みなさんこんばんは。タクマさんのワンポイントレッスンはいつもなるほどと思うことばかりです!! コメントせずこっそり拝見するばかりなのですが・・。いつかの時に知っているのといないのでは大違いです!! そういう読者の方も多いのではないでしょうか。勝手言ってますが・・、私はこれからも続けていただけるとうれしいです。

| ひのき | 2008/04/15 22:26 | URL |

ぜひ続けてください!

そんなこと言わずに、ワンポイントレッスンをぜひ、続けてくださったら嬉しいです。もし、ブログで無理なら、メールかワークショップでお話を聞けたら幸いです。通常、人を撮影するときは、ついつい動きのない写真になりがちなので、今回のレッスンはとても勉強になりました。なので、ぜひ続きも楽しみにしております!

| しのっち | 2008/04/16 00:22 | URL |

タクマさん こんばんは。

こんな指示(撮り方)があるんだ!
って驚かされました!!!
こうして教えてもらわないと思い付かない事って沢山あるなと改めて思いました。

これからも出来れば色々教えて下さい。
お願いします。

いつも、考えるって事を教えて下さりありがとうございます。

| evo. | 2008/04/16 22:45 | URL | ≫ EDIT

タクマさん、こんにちは。

今回の様な大事なポイントをブログで教えてくださるなんて、滅多に出来るものではない凄いことだと、深く感激して拝見しました。
ありがとうございました。

そんな拗ねないでください!(笑)

| bonso | 2008/04/17 17:31 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!私は社会人1年目のOLです。将来的に自分の個展をやってみたいという気持ちがあり作品を少しずつまとめています。そこで質問なのですがポートフォリオってありますよね?、
タクヤ先生が最初に写真展を行うとき撮った写真をどのくらいの大きさで何枚くらい用意され主催側の方にみていただいたのでしょうか?今どのくらいの大きさで用意していいものなのか?迷っています

| ripp | 2008/04/18 08:34 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ひのきさん、しのっちさん、evo.さん、bonsoさんへ
コメントありがとうございます。
とりあえず、4人の方にはお役に立ててるということがわかりました。

このブログを見てる人達の大部分は、これから「カメラマンへの道」を歩みたいと思ってる人のような気がします。
つまり、すでに撮影の仕事に関わって「こんな時、どうしたらいいんだろう、何かいい方法がないかしらん?」と、思ってる人より「どうやってカメラマンになったらいんだろう?」という人の方が圧倒的に多いとうことですね。

というわけで、撮影に関してのワンポイントレッスンは、ライティングや撮影秘話を本当に知りたいと思ってる人達を対象にした5月25日(日曜)に開催する今年初めてのオープンワークショップでおもいっきりお話したいと思います。

*rippさんへ
質問のお答えはブログに書かせてもらいます。

| タクマクニヒロです | 2008/04/18 16:37 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。