PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真展をやりたい。

Q:はじめまして!
将来的に自分の個展をやってみたいという気持ちがあり作品を少しずつまとめています。
そこで質問なのですが、ポートフォリオってありますよね?、
最初に写真展を行うとき撮った写真をどのくらいの大きさで何枚くらい用意して主催側の方にみせたらいいのでしょうか?

といった内容の質問があったので、お答えします。

僕なりのお答えを書きます。

作品を人に見せる時は、街のDPE屋さんでプリントしてくれるサービスサイズやはがきサイズの写真では、いくらきれいなブックに入れて持って行っても写真が小さくてあなたの写真の色合い、構図、テーマ性、迫力といったものが伝わりにくいものです。

僕は大4切〜A3サイズが一番いいと思っています。

このサイズだとポートフォリオブックにも入るし、結構大きいので見る側もあなたの写真を隅々まで見る事ができます。

見せる写真の点数は、あなたが個展で展示したい写真の数量プラス&でいいと思います。

例えば、すっごく大きく伸ばして10点くらいを展示したいのでしたら20~30点、

また、全紙くらいの大きさで額に入れて30点くらい展示したいのでしたら、40~50点といった感じです。

つまり、あなたが個展会場で何点の写真を展示したいのか?ということで、持って行く写真の点数を考えたらいいと思います。

多く持って行くのは・・主催者に「他にもありますか?」って言われた時に、すぐ見せられるでしょ?

個展というのは、

1-主催者が写真やテーマをチェックしてOKがもらえないと出来ない会場。

2-会場のスケジュールさえ押さえて使用料さえ支払えば、写真の点数や大きさはカメラマンの自由に展示できる会場。

と大きく2つに分けられます。

1は審査は厳しいですけど会場使用料が無料か、もしくはとても安いです。

2は自由に出来ますけど、使用料が高いですね。

どんな個展会場があるのか?は、インターネットで調べるか、毎月出てるカメラ雑誌の最後の方のページに毎月の写真展のスケジュールが掲載されていますので、そのページを見れば会場の名前や場所が分かります。

個展をやる前には、多くの個展会場で実際の写真展を見て「この会場いいなぁ~」と思った場所でやることをお勧めします。

多くのカメラマンの写真展を見る事で、展示方法、写真の大きさなど「これ、いいかも?私もこんな写真展をしたい」と、色んなことに気がつくと思います。

そうやって自分の理想の写真展をイメージして実現して下さいね。

21n.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2008年04月18日 | コメント:8 | TOP↑

コメント

早速回答いただきありがとうございます。
今まで不透明に思っていたことがこれですっきりしました。いつか個展を開きたいとう夢がまた私の中で大きく膨らんでいます。そして大きいサイズを用意します(*^_^*)タクマ先生本当にありがとうございます。

| ripp | 2008/04/18 18:23 | URL | ≫ EDIT

こんばんはー

学校内のお写真。
光がとてもよくまわってキレイですが、
その場所の光だけの撮影でしょうか?

| やぎ | 2008/04/18 19:00 | URL | ≫ EDIT

待ってました!

5月25日のワークショップ、とても楽しみにしています。
募集はいつ頃から、始められますか?
詳細がわかりましたら、ブログで告知していただけたら
ありがたいです。どうぞ宜しくお願いします。

| しのっち | 2008/04/19 03:09 | URL |

スポーツ誌の「ナンバー」だけ何であんなに写真きれいなんですか?

| まるまる | 2008/04/20 00:08 | URL |

タクマクニヒロです

*rippさんへ
お役に立ててよかったです。
個展楽しみですね。

*やぎさんへ
学校内のお写真。 光がとてもよくまわってキレイですが、 その場所の光だけの撮影でしょうか?
のお答え、です。

はい、自然光だけです。
僕はこういった写真を撮る時は100%自然光です。
なぜなら、ストロボを使うと見た感じの空気感が出ないからです。
暗い場所での撮影は、ASA感度を上げて絞りを解放で撮ります。
この時は、ASA400でf2、8で撮りました。
デジカメはこういった時に、現場でASA感度の高いフイルムにチェンジしたりしなくても、ASA感度を変えるだけでいいので本当に便利です。

*しのっちさんへ
本当は5月に入ってからお知らせしようとい思ったのですが、オープンワークショップのことを書いてしまったので(笑)
来週早々にブログで詳しいことを書いて応募しますよ。

*まるまるさんへ
僕なりのお答えはブログに書きますね。


| タクマクニヒロです | 2008/04/20 13:29 | URL |

教えてください

この欄では関係ない質問で、すみませんが、日記の所で親子して救われたという作者の名前を教えてください。
メールしたのですが、発信できませんでした。

| moko | 2008/04/20 15:48 | URL | ≫ EDIT

ポートフォリオの考え方、非常に参考になりました。
ありがとうございます。
やぎさんのご質問とタクマさんのご回答も参考になりました。

| イザワ | 2008/04/20 20:19 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*mokoさんへ
HPのメール欄からメールできる筈ですので、もう一度メールしてもらえますか?

*イザワさんへ
役に立ててよかったです。

| タクマクニヒロです | 2008/04/21 19:33 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。