PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真 加工

Q:スポーツ誌の「ナンバー」だけ何であんなに写真きれいなんですか?

という質問への僕なりのお答えです。

まるまるさんが、どうして「ナンバー」だけ何であんなに写真きれいなんだう?
と感じたのはですね・・・

答えはシンプルです。

雑誌の場合はデザイナーが写真を加工することはまずありませんので、ナンバーを撮ってるカメラマンがきれいな写真を撮ってるということです。

また、デザイナーがカメラマンが撮った写真をより素敵なデザインで編集しているとうことです。

雑誌というのは(業界紙は例外ですけど)デザイナーや編集者が写真を撮る事は99%ありません。

つまり、カメラマンが撮った写真をデザイナーや編集者が選んでいます。

カメラマンが写真をノーマルな色ではなく独特な色に加工して納品しても、デザイナーはカメラマンの個性を大切にしますのでその色が忠実に出るように印刷します。

特にナンバーのカメラマンはみんな個性的な色合いや撮り方をしていますから、まるまるさんが「きれい」って感じたのだと思います。

ナンバーのデザインは本当にいいですからね。

カメラマンの写真がよりよく見えます。

ナンバーだけではなく音楽雑誌やファッション雑誌も写真はキレイですよ(笑)

僕も雑誌の表紙以外では、撮った写真をノーマルのままで納品することはありません。

カラーバランス、コントラスト、彩度、明るさのすべてを加工しています。

納品する前に加工することで「タクマカラー」を出しているのです。


A358.jpg

*タクマブルーの夕焼けです。


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2008年04月22日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

あれって印刷紙が違うんですかね?何か根本的に他と違うな~って思ったんですけど。

| まるまる | 2008/04/23 01:07 | URL |

ありがとうございました

前回の学校内の写真について
答えていただいて、ありがとうございました。
とても参考になりました。

| やぎ | 2008/04/23 07:06 | URL | ≫ EDIT

ナンバーは写真を買取をしながら記事ができあがるのでしょうか?いつも新鮮です!
私も毎回見入ってしまいます。あんなに質の高くて楽しめる雑誌ってなかなかない気がします。

| asuka | 2008/04/23 20:57 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*まるまるさんへ
表紙はキラキラした感じの写真の色が際立つ紙を使ってるようですね。
写真をよく見せるのは紙も重要な要素ですけど、ナンバーの写真は元の写真自体が色も構図も表情もすべてがいいです。
素晴らしいですね。
カメラマンの腕の見せ所満載の雑誌です。

*やぎさんへ、
参考になればよかったです。

*asukaさんへ

僕はナンバーの編集部の人間じゃないので分かりません。
でも、僕も数十種類の雑誌の撮影をしていますけど、買い取りというシステムで仕事を依頼されたことは1度もありません。
すべてページ単価(1ページ幾らという)の仕事です。
なぜなら、買い取りにすると1カットの値段が高くなり、雑誌社にとっては経費がかさむので殆どの雑誌は、カメラマンに撮影依頼をする時は1ページ幾らという仕事の依頼をしています。

ナンバーの写真がいいのは、それだけカメラマンの質が高いという事だと思います。
あなたもトライしてみたらいかがですね?

| タクマクニヒロです | 2008/04/24 18:16 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。