PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマンに向いている人?

Q:どんな人がカメラマンに向いていますか?

A:あくまで、僕自身の考えですので誤解されないようにお願いします。

1つは

*カメラマンは撮影現場ではそこにいるスタッフ全員をリードしなければいけません。

例えば、

・予定していた時間より少ない時間で撮影しなければいけなくなった、とか

・天気が急に悪くなってきて、その日予定していた撮影がまだ終わっていない、
などなど・・・

撮影する被写体が人であっても物であっても、撮影現場では当日予定通りに進まない事も多々あります。

そんな時、その日の状況で撮影をどのカットからどう撮るのか?ということを的確に判断してスタッフ全員に指示をしなければいけません。

つまり、撮影現場でスタッフ全員を1つの方向に引っ張って行けるような人が向いていると思います。

デザイナーや編集者やお客さんに「どうします?」って聞かれた時に

「・・・・・・・・」と、何も言えられない人には向いていないように思います。

なぜなら、カメラマンが現場で何かあった時に「うわぁ~困ったどうしよう・・・・・」と寡黙になってしまったら、あなたがそこにいるスタッフでもこのカメラマン大丈夫なぁ~って不安になってしまうでしょ。

だから撮影現場で自分の思いを、スタッフに的確に伝えて全員を引っ張って行けるという人は向いていると思います。

こういった人は、僕のように商業カメラマンに向いています。

つまり雑誌やCDや写真集、広告といった出版社やデザイン事務所、広告代理店から撮影の依頼をもらって写真を撮るカメラマンです。

2つ目はその逆で

スタッフをぐいぐい引っ張って行くということが得意ではないけど写真が好きという人です。

このような性格の人は、自分の好きな被写体を自分が好きな時に撮り、個展で発表したり写真集を出版して人に見てもらうという写真作家に向いています。

作家の場合は、現場は自分もしくは自分のアシスタントだけですから人とのコミュニケーションが苦手でも、現場で多くの人を引っ張って行かなくても大丈夫です。

自分のペースで撮影ができるというわけです。

僕はカメラマンに向いてる人というのは、とっても大きく分けたらこの2つのパターンに分けられるのでは?と思っています。

つまりどのような性格の人でも、写真が好きだったらカメラマンや写真家には向いているということです(笑)

でも、プロになって成功するかどうかはあなたの努力と才能に掛かっています。

これは、どの職業でも同じだと思いますけどね。

dreams.jpg




あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1
紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5
紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2008年05月09日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

はじめまして。ビデオ撮影を仕事にしている者ですが、
宅間さんの
>宅間國博写真事務所の為に一生懸命働いてくれたことへの僕からの恩返しです。
のこの言葉、僕の前の会社の連中に聞かせてやりたいくらいです。
宅間さんの爪の垢を煎じて飲め!!といってやりたいです。
僕の場合はフリーになったら「ゼロ」からのやり直しでした。
でも今日までなんとか食ってこられたのは、その会社での下積みがあったからこそだとは
思っていますが、
恩を着せるわけでは無いですけど「気持ち」は見せて欲しかったなぁと思いますね。
まぁそれは「個人経営」と「会社」の違いがあるとは思いますけど。
いまさら「写真から始めておけば・・・」なんて後悔はしてませんが、
このエントリーを読むとまだ写真業界のほうが人間くさくていいな。と思えます。
ビデオ撮影を生業としながらも写真の道は諦めてはいないので、
地道にコツコツとやっていきたいと思っています。

| なう | 2008/05/10 11:18 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*なうさんへ
実は、以前の僕はアシスタントの将来のことなんかを考える人ではなかったのです。

考え方が今のように変わってから僕のアシスタントになった人は、「宅間さんのアシスタントになって本当によかったっ」て言ってくれています、多分(笑)

でも、それ以前に僕のアシスタントになってくれた人は、僕のことを、なうさんが勤めていた会社のように感じていると思います。

だから深く、深く、反省しています。

たま~~に、このブログを見た、
僕が天狗だった頃アシスタントをやってくれてた人からメールが着たりします。

その時は、本当~~に謝っているのです「はい」

| タクマクニヒロです | 2008/05/10 17:55 | URL |

やはり若手の頃は誰しも「鬼」ですよねw。
僕も今でこそ撮影を志す若者に諭すように教えられるようになりましたが
フリーになる前は酷かったです。ストレスでハゲそうになりましたからw。
先輩が教えてくれないから僕らも下を育てない。
負のスパイラルって言うんですかね。
まぁでも逆に「なにくそ」って気持ちが明日への活力になるので
仕事に不自由しなかったら逆に今のように貪欲に
「どんな仕事でもいいから」みたいなアンテナを張れただろうか?と考えると
どうかな?とも思います。あえて千尋の谷に突き落とされるのも
人生経験なのかな?と。まぁおかげかどうかは別として
少々の事ではへこたれなくなりましたからね。
宅間さんの昔のアシスタントさんも同じ気持ちだと思いますよ。
それを恨んでるようじゃあ越えられるものも越えられないと思います。

| なう | 2008/05/11 16:02 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。