PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家になる方法

Q:学校の総合の授業で、私は「カメラマン」について調べることになりました!!
そこで、カメラマンになるためには何が必要か、何をすればいいのか、
プロになってから何が大変なのか、など教えていただけないでしょうか?

A:今までのブログを読んで頂いたら結構詳しく書いてると思いますので、今回は簡単に書きます。

○カメラマンになるためには何が必要か?

1-カメラマンになりたいという強い想いです。

2-そして、カメラマンになるんだと決める事です。

○何をすればいいのか?

カメラマンとして必要な撮影テクニック、機材の使い方、などなど撮影するのに必要なことを学べばいいのです。

その為には高校を卒業したら写真を学べる学校に入るといいですよ。

写真専門学校、写真科のある大学、または大学の写真部で学べばいいのです。
それから

スタジオに入ってスタジオワークなど実践を学んだり、

カメラマンのアシスタントになったり、

写真館に勤めたり、

出版社の写真部に就職したり、

カメラマンを求める会社に就職したり、

大きなコンテストでグランプリを取って注目されたり、
・・・・と、

自分にあった方法でカメラマンになればいいのです。

○プロになってから何が大変なのか?

プロというのは,

どんな条件の中でもお客さんから依頼された写真を、

お客さんが満足してくれるように撮ることができる人のことです。

「時間がないから、天気が悪いから、機材がないから、望んでるような写真は撮れませんでした」
という言い訳はできません。

どのような条件下でも、客さんが満足してくれる写真を撮ることができるテクニックをもっている人のことです。

つまり、どんな条件の中でも自分の写真が撮れる為に機材をそろえたり、テクニックを日々精進する努力が必要です。

普通の人がみたら、「プロって大変だね~~」と思うでしょうね。

僕は、写真を撮る事が大好きなので1度も大変だと感じたことはありません。

今日書いたことは・・・

カメラマンに限らず、どの職業を選んでもやるべきことは同じなのです(笑)

僕が言えることは・・・

好きなことを仕事に選んだら・・・

仕事の中で嫌なこと(給料が少ない、人間関係、無理難題な仕事・・などなど)に出会った時のストレスは非常に少ないということです。

なぜなら、仕事の基本の部分に「好き」があるからです。

以上です。

質問してくれた方へ

これはあくまで、僕はこう思ってるということです。

ここで書いたことが100%正しいと言ってるのではありませんのでよろしくね。

A676.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2008年05月10日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

学生さん、喜んでいるでしょうね

こんにちは

タクマさんのわかりやすい返答で、総合学習の学生さん、喜んでいるでしょうね。
いつも、素敵な文章ありがとうございます。

私事ながら、先月末で今まで勤めていた会社を退職し、今月からフリーカメラマンを目指すフリーターになりました。
macもスタジオ機材も使えるので、タクマさんのアシスタントに応募したいのですが、年齢だけではなく性転換もしないと応募資格を満たさないので、断念します。
いいアシスタントさんとの出会い、お祈りしています

| がら | 2008/05/11 11:54 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*がらさんへ
コメントありがとうございます。
応募資格に該当していなくても、とりあえず、自己紹介のメールを送るというトライだけでもしてみるのもいいと思いますよ。
同じ悔やむなら、やらずして悔やむよりやって悔やんだ方がいいかも・という考え方もありますからね。
Macが使えてスタジオ機材が使えるというスキルは、応募資格を圧倒する可能性もありますからね。
これは今回の僕のアシスタント募集に限らず、
もし「誰かの元で働きたいとか、ここの仕事をしたい」と思ったら「あ~~、今の自分じゃダメか~」って、すぐに諦めないで1度はトライしてみたらいかがでしょうか?

ドアは開くかどうかわからないけど・・・
ノックをしてみたら・・・
ドアの向こうにいる人に、あなたを気づいてもらえるかもしれません。

| タクマクニヒロです | 2008/05/11 18:39 | URL |

今、思いもしなかった方向に向かっていて
面白くなってきました。
経済的な不安も多少ありますが、チャレンジ
していこうと思っています。
仰るように、色々な形でカメラマンになる
道があってもいいと思います・・・
というより信じていきたいです(笑

| イザワ | 2008/05/12 01:59 | URL | ≫ EDIT

おはようございます

いつも拝見させて頂いています。
質問があるのですが、男性アシスタントの募集は今後ありそうですか??
是非応募したいのですが。

おねがいします。

| ラモヒー | 2008/05/12 09:24 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*イザワさんへ
「カメラマンへの道」を歩き始めましたね。
焦らず、自分のペースで3歩進んで2歩さがるという気持ちで・・・楽しんで下さい。

*ラモヒーさんへ
今回は、事務所の事情で女性限定しさせてもらっていますけど、今度募集する時、諸条件を満たしていればぜひ応募して下さい。

| タクマクニヒロです | 2008/05/12 11:36 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。