PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 撮影時間

先日のジャックニコルソンの撮影時間が、10分しかなかったということでびっくりされた方もいると思います。

広告の撮影でしたら撮影時間は十分もらえるのですが、こういった映画のプロモーションの為に日本に来た俳優さんを雑誌のインタビューページなんかで撮る場合は、僕の今までの経験では平均3分です(笑)

今までで一番短かったのは韓流スターの時の40秒でした。

この時は、40秒でカラー6ページ分のカットを撮りました。

だから、今の僕は10分もあれば写真集1冊分くらいの写真が撮れます、嘘です(笑)

こういった撮影は、ホテルの大きな会議室のような部屋で数社のカメラマンがスペーズを分け合って各自がストロボをセットして撮影するという場合が多いですね。

少ない時でも1部屋に4~5社、多い時では10数社というのもありました。

同じ部屋で、各社の編集者とカメラマンが見守る中で自分の撮影の番がまわってくるのです。

映画会社の宣伝担当者がストップウォッチを押しながらで「はいどうぞ」と言って、スタートを知らせてくれて「あと、30秒です、あと10秒です」とカウントダウンまでしてくれるし、他のカメラマンも自分の撮影風景を見てるし・・・・

メチャメチャプレッシャーがかかります(笑)

でも、こういった撮影は他のカメラマンがどうやって撮影してるのか?ということを眺める事が唯一できる場所なので結構楽しいんですよ。

また、映画会社の担当者が媒体によって部屋を1室用意してくれる場合もあります。

今の僕がめぐまれているのは、どの媒体の撮影でも僕が撮影する時は1室用意してくれるということです。

これには本当に感謝しています。

だから、撮影時間を10分もらっても必ず数分残して終わるようにしています。

絶対に時間オーバーはしません。

じゃぁ、たった数分の撮影をどうやってこなせばいいのか?

それはですね・・簡単なのです。

事前に撮影シュミレーションをすればいいだけです。

自分がどんなカットを撮りたいのか?を知る事です。

どのレンズで?
どの角度で?
どんな表情?
全身、腰上、アップ?
などなど・・・
自分がどんな写真を撮りたいのか?ということを事前にシュミレーションをすればいいだけです。

その中で、このカットが撮れなかった場合はこのカット・・と言う感じに

第一希望の写真が撮れなかった時にどうするか?第2も撮れなかった場合どうするか?

と自分が考えられるだけのシュミレーションをすればいいのです。

撮影時にインスピレーションが湧いてきて、想いもかけないいカットが撮れる場合もあります。

その時は、写真の女神に「ありがとう!!」と言って下さい(笑)

シュミレーションする時に役に立つのは・・・

日頃からいい写真を沢山観るという事です。

その情報を頭の中にインプットすることです。

この作業は普段は役に立ちませんけどこういった・・ここ一番の時に役に立つのです「はい」

15nouta080520.jpg

*久々の15歳の詩。
15歳の学生さんとのコラボは楽しいし、刺激を受けます!!


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 未分類 | 2008年05月22日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

久しぶりにコメントさせていただきます。
今殆どの撮影がデジタルで、このフレーミングでいこうと!撮影しても後で簡単にクリックひとつでトリミング出来るのがデジタルのいいところでもあり悪いところでもあると思います。
全身で撮ってもクリックひとつでバストアップに変身・・・
ライティングで多少失敗してもクリックひとつで調整・・・
確かに便利ですが最近考えさせられます。 

| 5D | 2008/05/23 00:36 | URL |

タクマクニヒロです

*5Dさんへ
僕も5D使ってます(笑)

おっしゃることよ~~くわかります。
アナログカメラに体が慣れきった僕も、2年掛かって、やっとデジカメに体が対応できるようになりましたよ(笑)

若い人は、変化にすぐ対応できるからうらやましい限りです「はい」

| タクマクニヒロです | 2008/05/23 18:42 | URL |

おじゃましました^^

もし よければ 私のblog も 見にきてくださいね(^^♪

| あち | 2008/06/08 19:07 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。