PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 仕事

Q:私はプロカメラマンとして仕事をしているのですが、なんか便利屋のような扱いをされている気がします。

友達のカメラマンに相談したら「便利屋のような小さな仕事をしていたら、いつまで経っても自分が撮りたい仕事はこないぞ」って言われたんですけど、今の仕事は断ったほうがいいのでしょうか?

A:僕の答えは、
便利屋のような仕事が本当に嫌なら断ればいいと思います。

なぜなら、自分の「カメラマンへの道」の歩き方を決めるのは自分自身だからです。

僕も便利屋をやっていた頃があったので、その頃の話を書きますね。

実は僕もカメラマンになりたての頃は、まさしく便利屋と思われるような撮影ばかりしていました。

ファッション雑誌の後ろのページにある読者プレゼントの商品撮影といった、どのカメラマンもやりたがらない仕事です。

本当は僕もメインページのモデル撮影をしたかったです。

じゃぁ、僕も断ったのか?僕は断りませんでした(笑)

なぜなら、カメラマンを目指していた頃は、平日は昼間の時間をあける為に夜のバイトをして、土曜日曜の昼は喫茶店で皿洗いのアルバイトをしていました。

そんな僕は、みんなが嫌がるような撮影でもシャッターを押してお金をもらえるということがうれしくてしょうがなかったのです。

だから、どんなに小さな撮影の仕事でも喜んでしていたのです。

アルバイトに比べると精神的に楽しかったからです。

写真を撮ることでお金をもらえる!!

これだけで、もうメチャメチャうれしかったのです。

シャッターを押してる時の気分はもう一流カメラマンだでした(笑)

この時「便利屋のような仕事は嫌です」て断っていたら、今の僕はありません。

なぜなら・・・

僕にみんなが嫌がるような撮影を依頼してくれた人がいるから、その撮影ができるわけです。

ここからが、大切なことなんだけど・・・

僕に、みんなが嫌がる便利屋のような撮影を依頼してくれる人も、沢山の読者がちゃんといるファッション雑誌の編集者だということです。

その編集者は、読者プレゼントのページだけを仕事にしているのではないのです。

つまり、その時は読者プレゼントのページや街の取材ページの仕事しかやっていなくても、2~3年したらメインのモデル撮影のページをやったり、また、アイドル雑誌に移ってグラビアのページを担当したりするわけです。

大きな出版社は移動が多いのです。

これは広告代理店のデザイナーも同じです。

不動産のパンフレットしか制作していなかった会社のデザイナーが数年後に、タレントさんのポスターなんかを扱う代理店に転職することもあります。

僕はこの不動産を扱う会社のデザイナーから依頼された、小さな小物の撮影も喜んでしていました。

もし、「便利屋の仕事は嫌です」といってその仕事を断るということは、その編集者やデザイナーと縁を切るのと同じようなことなのです。

一生懸命、他のカメラマンが「あれは便利屋の仕事だよ」というような仕事をやってると、その編集者やデザイナーとは友達になれていつか深い絆が生まれます。

一緒にお酒を飲みながら「お互い、いつか大きい仕事をしようね!!」って夢を語る訳です(笑)

そして、もし自分がアイドルのグラビアが撮りたかったら「○○さん、僕いつかアイドルのグラビア撮りたいんですよ」と言って、便利屋のような仕事をしながらでもグラビア雑誌向けの作品を作って見てもらえばいいのです。

そうやって、今は便利屋のような仕事をしているけど、自分はこういった仕事をしたいという意思を伝える努力をするわけです。

ここが大切なのです。

「所詮オレは便利屋なんだ!!」と言いながら、イヤイヤ仕事をするのか・・

「本当はこんな撮影をしたいんですよ」と未来の自分の為に作品を作って担当者に見てもみてもらいながら仕事をするか・・です。

イヤイヤ波動を出しながらしかめっ面でシャッターを押すか・・

自分のやりたい事をアピールしながら笑顔でシャッターを押すか・・です。

あなたが、便利屋のような撮影を依頼している立場の人でしたら、自分が大きな仕事をまかされるようになったら、どちらのカメラマンと一緒に仕事をしたい!!と感じるでしょうか?

もし、数年後にその担当者があなたたが本当はやりたかった雑誌や仕事場に移ったら、間違いなく声がかかりますよ。

なぜなら、「小さな仕事を一生懸命やった、やってもらった」という深い絆が出来てるからです。

今の仕事が嫌だから・・・と言ってその仕事を断るということは・・

あなたが本当はやりたい仕事のクライアントとの縁を切るという事に等しいのです。

それはフリーカメラマンにとっては、非常にもったいないことだと思いませんか?

せっかく、縁が出来たんですから大切にした方がいいと思いません?

カメラマンですからいい写真を撮るのは当たり前なんですけど、仕事は人と人の繋がりがとても大切なのです。

僕も若い頃は、この大切なことにまったく気がつかなかったんですけど(反省)

今になって思うと、どんなに小さな仕事でも・・

人との出会いって、大切なんだなぁ~とつくずく感じます。

今の僕がこんなおじさんカメラマンになっても(笑)楽しい仕事をいっぱいさせてもらってるのは・・・カメラマンになって10年くらい経ってからこの大切なことに気がついたからだと思っています。

nishimoto.jpg

*初めてのクラッシックの演奏会場での写真 指揮者まで遠かったので400ミリレンズを使いASA3200にしてf2、8で撮りました。
デジカメはASA感度を現場の応じて変更できるし、カラーで撮った写真をモノクロにも加工できるので撮影スタイルの幅が広がります。


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2008年06月10日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

うわぁ、このジャケット写真、すごくカッコいいですね!
特に右側のふっと振り向いた瞬間のヤツはなんだか西本さんの人間性やこれまでの生き様までも写っているような気がします。
ご本人も喜ばれたのではないでしょうか。

| フォトキッド | 2008/06/10 20:57 | URL | ≫ EDIT

タクマさん、おはようございます^^
良いお話聞かせて頂きました、カメラマンに限らず、
人とのつながり、もっと大切にして行きたいと思います。

| tetu_69 | 2008/06/11 08:36 | URL |

ホントいいお話ありがとうございます。
人生において、無駄なことってないですよね。人と人の縁はどんなものでも大切だと思います。私も最近ちょっと分かってきました。
小さなことの積み重ねの中からチャンスが生まれてくると思います!私もがんばろう~♪

| なおこ | 2008/06/11 19:53 | URL |

初めてのコメントです。
今日は、とっても良いお天気です。
朝のメールチェックの際に素敵な写真が見たいナーと思いまして、訪れましたら
心に響くお話しにふれることができて、とってもうれしかったです。
ありがとうございました(笑顔)

| ゆかり | 2008/06/12 09:19 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。