PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

レフの使い方

女の子を昼間の光で撮る時のレフの使い方。

普通は、モデルさんを太陽に背を向けて立たせると、顔や服の明るさが気になって銀レフを当てたくなりますよね

でもですね、せっかくまぶしくないように太陽を背にしたのに、銀レフを顔に当てて明るくすると言う事は、今度は人工の太陽でまぶしくしてるのと同じことなんです。

僕は今、雑誌でもCDでも写真集でも昼間の外の撮影では、レフはほとんと使いません。

唯一使うのは、曇りの日に顔のアップを撮る時なんかに、タレントさんの目にキャッチライトを入れたい時のみです。

キャッチライトというのは、太陽を見た時に目の中がキラリと光るでしょ?
あれです。

よく、モデル撮影会なんかで、モデルさんを太陽の方向に向けて、鼻やあごの影を明るくする為に銀レフで光を当ててるのを見ますけど、あれをやってもモデルさんがもっとまぶしくなるだけで、影はほんの少しだけ明るくなるだけで消えません。

普通の女の子にこれをやると、太陽と銀レフの光の2重攻撃で、もうまぶしくて笑顔なんて無理です、間違いなく眉間にしわが寄ってしまって引きつった顔になってしまいます。

撮影会のモデルさんはプロだから、あれだけまぶしい光でもニコニコできるのです(笑)

とにかく女の子をきれいに撮りたいのでしたら、太陽を背にしたほうがいいと思います。

髪の毛や肩に当たる太陽光線がきらきらと輝いて、本当に美しいです。

逆光での撮影で、どうしても明るさが気になるのでしたら銀レフではなく白レフがオススメです。

ただし、人物の顔や服の色をはっきりと出さなくてはいけない仕事(アイドルの写真集とか通販のカタログ)などは銀レフをおもいっきり使ってます。

それ以外の、柔らかいト~ンの写真は、まずレフは使っていません。

曇りの日も光が柔らかくて、素敵ですよ。

「レフを当てない」ということを怖がらないで、だまされたと思って1度トライしてみて下さい。

*そして、モデルになってくれる女の子は褒めて褒めて褒めまくって撮影するように(笑)

いいですか?

1に褒めて2に褒めて3、4がなくて5に褒めてですよ!!
よく、一言もしゃべらないで、淡々とただシャッターだけを押してる人がいますけど、あれはダメです!!
女の子は、風景じゃないんだからね(笑)

A9.jpg

*事務所のベランダから見た、夕焼け前の空が赤く染まるほんの少し前。


このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2005年12月12日 | コメント:11 | TOP↑

コメント

以前、女友達を撮ったことがあるのですが
恥ずかしくて、なかなか褒めながら撮ることができませんでした f(^^;
口べたで、その上恥ずかしがり屋なので
困ってしまいます(笑)

| toyokomama | 2005/12/12 19:13 | URL |

*tokokomamaさんへ
答えは2つに1つです。
1-「モデルになってくれてる人に、快く、楽しく、撮られて欲しいのか?」
2-「今の私っていい表情しているんだろうか?ってドキドキしながら撮られて欲しいのか?」
この2つだけです(笑)
それを決めるのはカメラマンです。
モデルではありません!!

| キープスマイルです | 2005/12/12 19:53 | URL |

ありがとうございます
もし自分が撮られる立場でしたら、
1の気分で撮られたいです。
もし自分が撮る立場でしたら、
やっぱり1の気分でいて貰いたいです。
常に、相手の立場にたって考えるですね♪
日記と同じことですね。
ありがとうございます(^-^)

| toyokomama | 2005/12/12 20:05 | URL |

フフフ

以前宅間さんに教えてもらってから女性を撮る時には褒めまくりです。(笑)
おかげでモデルの女性(友達)はとっても気分良くなるらしく、「撮影楽しかった! また撮ってね。」と言ってくれます。
女性が嬉しそうにしてくれるので逆にこっちまでテンション上がって良い写真撮れます。
やはり女性は褒めて褒めて褒めまくる、ですね。(笑)

| zeki | 2005/12/12 20:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

こんばんは このお話も面白いです♪
私も撮られるなら自然体を撮ってほしいです。作り物のお人形さんみたいになると
緊張してダメになりそうです><ロボット歩きになりそうです。
やっぱりタクマさんのお話の通り、せっかく過ごす時間、楽しいのが一番です!

| 可憐 | 2005/12/12 21:10 | URL | ≫ EDIT

タクマサン面白いよ
タクマサン金髪いいよ

とか
褒めて褒めて褒めまくればいいんですね
上は練習のつもりで・・・・す(笑

| こりゅう | 2005/12/12 21:11 | URL |

私も

宅間さん、皆さん、こんばんは!

私の場合、相手は猫ちゃんですが
褒めて褒めて褒めまくってます!

きっと通じていると思っています。
だって、みんなイイ顔してくれますから(笑)

| sora | 2005/12/12 22:07 | URL | ≫ EDIT

なるほど~、そうだったんですねー。
勉強になります!
先週からホームページの日記に
はまってます(^^)
とても勇気が出るお話が沢山あって
やめられません。

| ひなに | 2005/12/12 22:08 | URL |

もっと脱線してください(笑)

ポートレート写真の撮影法って、様々な写真のジャンル
の中でもいわゆる「流行り」がよく現れますよね。
ですから教科書のようなものを読んでもすぐに(微妙に)
古くなります。流行りに乗る乗らないは自由だと思います
が、やはり今、現場で仕事をされている人の言葉は
なかなか聞けませんので・・・
タダで教えていただき(笑)
ありがとうございます。



| ナリタ | 2005/12/12 23:20 | URL |

僕の場合は

僕は子供を撮りますけど、褒めて、一緒になって遊んであげてます。
すると、ホントいい表情になります。
ただ、遊びに夢中になってシャッターチャンスを時々逃がします。。。

今日の写真の”青”、ものすごいきれいです。この時間の”青”は大好きです。

| ケンタッキー | 2005/12/13 01:34 | URL | ≫ EDIT

*zekiさんへ
すでに実行してるzekiさん「あんたは、エライ!!」
素直な心をもってる人は上達も早いのです「はい」
*可憐さんへ
そうでしょ?
「あ~、この人に撮られてうれしかった!!」って言ってもらえるのが一番でしょ?
*こりゅうさんへ
「はい」その通りです(笑)
*soraさんへ
soraさんの撮るネコちゃんの表情見てると、モデルのネコちゃんがsora」さんと会話をしてるのが、伝わってきますよ!!
*ひなにさんへ
これからもチョイバカおやじの日記を楽しんで下さいね(笑)
*ナリタさんへ
「はい」どんどんタダで教えますよ(笑)
*ケンタッキーさんへ
そうなんですよ、その通りです。
撮ってることを忘れる程とけ込んでいければたいしたものです。
それが無我夢中の境地なんですよ。
そこは、「うまく撮ってやろう!!」っていう我がなくなってるので、とっても穏やかな空気(エネルギー)が流れているんですよ。
だから、被写体になってる子供や女の子も「撮られてるというプレッシャー」を感じないんですよ。
撮られる事が楽しいのです。

| キープスマイルです | 2005/12/13 11:10 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。