PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

この業界は狭い?

東京の写真スタジオに勤めてる方から、「今の会社を辞めたいのですが、先輩に相談したら「この業界は狭いから辞めると今後カメラマントして仕事ができなくなるよ」と言われたのです。1度入った会社を途中で辞めると、今後カメラマントして仕事ができなくなるのでしょうか?」
というメールが着ました。

辞める辞めないは最終的には本人が決めることなので、僕が「嫌だったら辞めた方がいいよ」とか「この業界は狭いから辞めたら大変だよ」なんてことは言えません。

そこで僕の話をします。

僕自身、写真専門学校を1年で中退してからカメラマンのアシスタントに1度だけなったことがあります。
学校の先生が紹介してくれたお陰で、カメラの操作、ストロボの操作など何もわからない僕をセカンドアシスタントとして雇ってくれたのです。

アシスタントとして採用してくれると決まった日は「これでプロになれる!!海外ロケにも行ける!!夢が叶った~~~~!!」と大喜びしたのを覚えています(笑)

でも・・・機材やカメラのこと、東京の地理など何も知らない、まして物覚えが人一倍悪い僕が、有名なカメラマンのアシスタントが勤まるわけがありませんでした。

撮影に関わることを、1から手取り足取り教えてくれるものだと思っていたのですが・・・当たり前の事ですが・・僕の考えが甘かったのです。

もう、初日から本当~~~にキツかったですね。
毎日、朝から晩まではず~~~と怒鳴られていました(笑)

一ヶ月で頭の前頭葉が白髪で真っ白になり、2ヶ月目には胃が鉛のようになり、3ヶ月目には朝目覚ましがなると心臓がドキドキしてパニックになるという症状がでてきたのです。

最初の一ヶ月目には辞めたいと思いました。

でも、「この業界は狭いので、ましてこんなに有名なカメラマンの事務所を途中で辞めたとなると、もう今後カメラマンとして生活できなくなる」と思っていたので、辞める勇気もなかったのです。

でも、もう体が悲鳴を上げ始めたのでカメラマントして生活できなるという不安より体の方が心配になり、カメラマンと紹介して頂いた先生にお詫びをして辞めたのです。

その時は「せっかくカメラマンを目指して会社を辞めて東京に出てきたのに、もうカメラマンとしては生活できなくなった」と将来へ不安でいっぱいでした。

ところが・・・

この業界は思ってた以上~~~に広かったのです。

まず、僕がアシスタントをやらせて頂いたカメラマンとは、僕が辞めてから今日まで1度も出会ったことがないのです。
色んなパーティー、電通とか博報堂といったそのカメラマンが出入りしていた広告代理店でも、都内の数多くのスタジオでも1度も出会った事がないのです。

当時、チーフアシスタントだった人に僕がカメラマンになって数年後に1度だけ現像所で会っただけでした。

その時も、「元気ですか?あの時はご迷惑おかけしました」と笑顔で会話ができました。

みんな、この業界は狭いから今の会社を辞めたらもうカメラマントして仕事ができなくなる!」と思っている方は沢山います・・・

でも、この業界はあなたが想像している以上に広いですよ。

「あなた、数年前にあの事務所を途中で辞めたよね?だから、仕事はさせないよ」なんて事はいうクライアントはいません。

クライアントが見るのはあなたの作品ですから。

ただ大切のは、今勤めている会社を辞める時は・・

「立つ鳥、あとを濁さず」(多分?)ということわざもあるように・・

どんなに嫌な目にあったとしても、自分が辞めることへのお詫びと、今まで勤めさせて頂いたことへの感謝の気持ちをきちんと伝えてから辞めることです。

これは、本当に大切です!!

辞めた会社に感謝の芽を置いてくるのはとてもいいことです。

あと、辞めた後その会社や会社の中にいる人の悪口を絶対に言わない事です。
理由はなんであれ、自分が不甲斐ないから辞めたということが一番だと・・僕は思っています。

辞める時に、例え不満が溜まっていてもそれを言って辞めたら・・数年後に会った時「あの時はお世話になりました」って笑顔で言えないでしょ(笑)

事情はどうあれ、キープスマイルの芽はほんの少しでいいから撒いて来たほうがいいと思います。

そして、他の事務所なり会社で勤めるようになった時は、
「あなたのようないい人が来てくれて助かるよ」と言ってもらえるように、一生懸命仕事をすれば未来は明るいですよ。

自分が100%完璧な人間じゃないように、100%完璧な写真関係の会社、カメラマンの事務所、写真スタジオなどはないと思いませんか?

なぜなら、そこで働く人のとらえ方で違ってきますからね。

僕の事務所もおもいっきり完璧ではありません(笑)

0810106.jpg*前日の写真を褒めてくれたので同じような写真を掲載しました(笑)

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです
新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2008年10月23日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

サプライズ

ご無沙汰しております。
DVD4の「続き」が届きました。
びっくりです。とても感激しております。
お礼を言わずにはおられないくらいに
ありがとうございました。

| Holly | 2008/10/24 14:28 | URL | ≫ EDIT

今日のブログを読んで正しくそう思っています。
実は25日の日、土日しか行かなかったいブライダルのアルバイトを辞めます。1年半いう期間お世話になりました。
私も、褒められたことがないほど覚えが悪かったです。しかし、ブライダルの世界を少しでも見れたことが今後何かに役立つと思っています。別れ際は跡を濁さずと思い、携われたことの感謝の気持ちを言って去ろうと思います。もし今後、お世話になった方と再会することがあったとしたら、笑って挨拶をしたいと思います。

| mi | 2008/10/24 18:57 | URL |

また見させていただきました!
応援ポチッ!!!

| サトシ | 2008/10/24 19:38 | URL |

今大成功されてるタクマさんがおっしゃる内容
だからものすごく説得力ありますねー!
応援ポチっとお邪魔しました!

| Kanchi | 2008/10/25 14:59 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*Hollyさんへ
こんなことするカメラマンいないでしょ(笑)

*mi さんへ
笑顔で挨拶できるようにして下さいね!!

*サトシさんへ
いつも応援ポチありがとう!!

*Kanchiさんへ
応援ポチありがとう!!
僕は大成功したなんて、決して思っていませんよ。
未だに自分自身のが理想とする「カメラマンへの道」を歩いてる途中ですから・・

| タクマクニヒロです | 2008/10/26 15:52 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。