PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

女性がカメラマンになる

Q:女性がプロになるには、体力的にも難しいのではないでしょうか?

A:これはですね、まったく問題ありません。

もし、体力的に難しいのでしたらこんなに多くの女性カメラマンが世に出てはいない筈です

みなさん、普通の女性ですよ。

プロレスラーのような人はいません(笑)

今は、どのスタジオに行ってもスタジオで働いてるアシスタントは男性より女性の方が多いかもしれません。

まぁそれだけ男性より女性の方が精神的に強くなったのかも知れませんね(笑)

機材も大きな機材を買うことはないんですよ、自分の体力で持てる範囲のものを持てばいいだけです。

そして、どうしても大きなカメラや機材じゃなければ撮影できない仕事の時だけ、その機材をレンタルすればいいんです。

だから、毎日大きな機材を持って歩いたりしなくていいんです(笑)

一人で持てない時はその時だけ、スタジオからアシスタントを頼めばいいだけです。

これを、この業界ではロケアシといいます。

ロケする時のアシスタントの意味です。

だいたい1日1万5千円くらいです。

1人でカメラマンをやってて、人手がいる撮影の時だけロケアシを使ってるカメラマンはいっぱいいます。

僕も最初はそうでした。

というわけで「女性だからプロになるのは難しいんじゃないか?」ってことは、まったく心配しなくて大丈夫なことです。

大切なことは、性別でなくて「カメラマンになりたいのか、どうか?」ただそれだけです。
「あと、可愛いか可愛くないか?」ということもまったく問題ありません(笑)

A196.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年01月04日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

舞台撮影はスポーツに同感です

今、和太鼓道場ドンドコという和太鼓チームの記録を撮影していますが、太鼓を叩いている方は体力をかなり使いますが、撮っているこちらもカメラ2台を持って動き回りながら撮影しているので、かなり疲れます。リハーサルでこの瞬間だけはこう撮りたいとイメージしていると、その瞬間は外せないので緊張もしますし。。
ご参考に、お時間があればよろしくお願いいたします。
http://blogs.yahoo.co.jp/wadaikodondoko
「和太鼓道場ドンドコbyなんちゃってフォトグラファー」

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/01/05 00:43 | URL |

ありとうございます!

実際に現場を知る(しかも著名の)カメラマンの方から直接伺えて、ホントに説得力もあり、安心しました!
がんばろー!って気になります!!あーだこーだ自分だけで考えずにすみました、ありがとうございます!
タクマさんのお話伺っていたら、「カメラマンだからこう」「カメラマンとは」っていうルールって、昔はまだしも今や何もない気がしてきます。がんばって、自分のルールでカメラマンを目指して行きたいと思います!

| りん | 2006/01/05 00:53 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*なんちゃってさんへ
写真見せて頂きました。
迫力が伝わってきますね!!
*りんさんへ
人は何かをやろうとする時に、少しでも自信がないと、出来ない理由を探そうとします、でも、本当は出来る理由を探した方が楽しいんですよ(笑)

| タクマクニヒロ | 2006/01/05 13:54 | URL |

ありがとうごさいます!

宅間さん。「舞台撮影で必要なことは?」に沢山答えていただいて、とても嬉しいです! 「撮影しないで~確認することだけに~ 」なるほど ___〆(°°)カキカキ.. よい表情を撮れるように 1.2.3.に気を付けてやってみます。

| tomo | 2006/01/08 01:05 | URL | ≫ EDIT

【ご相談】はじめまして。

宅間さんはじめまして。

福岡でカメラマンアシスタントをしている25歳(男)です。

いつも楽しくブログを拝見しています。

今私は写真スタジオでアシスタントをして3ヶ月が経ちます。

ブライダルホテルのテナントスタジオで婚礼の撮影をメインに仕事をしています。

これまでいろんな新郎新婦のポーズ付けをしてきたのですが、今だにポーズが覚えられないでいます。

特に前撮りというロケーション撮影においては、場所によってポーズがバラバラでとても多すぎて覚えきれません。

そこで質問なのですが、宅間さんならどういう方法でポーズを覚えますか?

ちなみに私は撮影後の写真をみて立ち位置や体の向きのパターンを記録していますが、撮影当日になるとカメラマンの動きがいつも違うので頭がパニックになってしまい、覚える事に恐怖を覚えてしまいました。

何かいい方法はありますでしょうか。

変な質問で申し訳ありません。

| TN | 2014/01/14 00:18 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。