PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデルを凛々しくライティング

スポーツ選手を撮ることが多々あります。

スポーツ選手は「はい、撮りますよ」と言っても、モデルさんやタレントさんではないので素敵な笑顔やポーズをとってくれたりはしてくれません。
みなさん、スタジオではとっても恥ずかしがりやです(笑)

じゃぁ、どうしたらいいのか?

そんな時僕は、腕を組んで、太陽(ライト)の方に向いてもらうポーズをしてもらいます。

そのポーズをしてもらって、カメラは下からあおって撮ります。

こういったポーズを基本にして、体の角度を左右逆に変えたり、正面に向いてもらったり、目線をもらったり、下からのあおりの角度を変えたりしながら、いいポジションを見つけるわけです。

特に今旬のスポーツ選手はものすごい存在感があるので、普通に立ってもらうだけでもいいのですが、この撮り方をすると、より凛としたカッコいい絵になります。

逆にこのポーズをタレントさんにやってもらうとですね・・・

「お前、何、気取ってるの?」という感じの絵になってしまいます(笑)

0909241.jpg
*DVD1を購入された方へ。

・ライティングは、ストロボ直です
スロトボを被写体の(カメラから見て)左斜め前の3mくらい高い位置から当てています。

なぜ、ストロボ直したのかというと理由は2つあります。

1つは、目に太陽のような強いキャッチライトを入れたかったからです。

2つ目は、凛とした強さを強調する為に、顔の左右のコントラストを強調したかったのです。

また、コントラストを強調するためにカメラから見て右側に黒パネルを置いて、右サイドを黒く締めています。

また、いくら写真のようなポーズで撮っても、目に強いキャッチライトが入っていないと写真の強さは半減します。

目が一重と二重の人では、ストロボが同じ高さでもキャッチライトの入り方はまったく異なりますから、撮影時は目にキャッチライトが入っているかどうか確認しながらストロボの高さを調節して下さい。

以上、DVD1を購入された方へのワンポイント講座でした。

僕のDVD は、購入してからのアフターフォローもなかなか役に立つでしょ?


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2009年09月22日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

んー。

めちゃめちゃかっこいいですねっ(*´ω`)ノ
汗を流すヒトって、無条件で素敵にみえてしまいますよね(^^;

| chica | 2009/09/22 17:11 | URL |

凛々しく・・・w

スポーツマンって、シャイな人が多いんですね。私はもっと社交的でハキハキしている人が多いのかと思ってました。(体育会系的なイメージ)
確かに、雑誌の表紙の中村選手の腕組みポーズは、なかなか凛々しいですね。
ってことは、こうでもしないと凛々しくとれなかったってことか・・・・(笑)
不思議な気がする・・・・。

| 本谷 建治 | 2009/09/23 02:25 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
今回女性のアスリートを撮影させていただける機会がありました。
時間の関係でスタジオではなく、インタビューをしていた応接室ででした。
綺麗な女性アスリートからだと思いますが(笑)、
編集者の意向で優しいイメージに仕上げて
欲しいと依頼がありました。
そこで、暮れゆく窓際に立っていただき、夕暮れの街と優しい表情を捉えたいと思い、部屋の蛍光灯と、窓からの光だけで、撮ってみました。
モノブロックも使って撮影した写真もありましたが、
編集者は、より柔らかく優しい感じの写真を選んだようです。
まだ、男性のスポーツ選手は撮影させていただいたことがありませんが
もし、チャンスがあれば、今日のブログを思い出しながら撮影をさせて頂きたいと思いました。
いつも参考になる内容でありがとうございます。

| イザワ | 2009/09/23 03:03 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*chicaさんへ
なんでも、本物はカッコいいです。

*本谷 建治 さんへ

スタジオにいるだけで、カッコいいんですよ。
何もしなくてそこにいるだけでカッコいいんですよ。
アスリートが一番カッコ良く見えるのは、ユ二フォ-ムを着て戦ってる姿だと思います。
でもね、そのカッコ良さを、戦っていない場で普通の服を着てる時でも伝わるような強烈な絵に見せるのがカメラマンの仕事では?と思っています。

*イザワさんへ

今度制作するDVD5には、僕が今一番よく使ってる、持ち運びに便利な蛍光灯のボックスライトを使った撮影現場をお見せしてますので楽しみにしてて下さい。
この蛍光灯ライトは、デジカメ時代には本当に役にたちますよ。

| タクマクニヒロです | 2009/09/25 20:24 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。