PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 撮影時間

Q:「撮影の早さに非常に興味があるのですが? タクマさんはなぜ早く撮影できるようになったのですか?」

A:ひと言で言うとですね、どんな写真を撮りたいのか?という感性の引き出しをいっぱい持ってるからです。

それは、いろんな経験を積み重ねて出来るようになったのです。

だから人を1回か2回しか撮ったことのない人が、撮影時間が3分しかない撮影をやろうとしても、3分でどう撮ろうか?って、なかなかアイデアが出ないものです。
 
今の僕が早いのもいろんな経験をしてきて「あ~~あんなカットも撮ればよかった~」と反省し「今度は絶対にこんなカットも撮ろう!」といった感じで、反省しならがどうしたら自分が満足するカットが撮れるんだろう?と試行錯誤したのです。

そのお陰で、感性の引き出しがいっぱい出来たわけです。

僕の場合は全て経験なんですよ、だからどんどん経験を積むことです。

本番の撮影じゃなくて、友達を撮るといった練習でもいいんですよ。

また、経験というのはいろんな人の写真を見ることでもいいんです。

雑誌だったら、こんなの撮りたい、こんなのいいなっていうのは、全部切り取る。

そして、切り取っておいて、撮影の前に見るんです。

経験ができないのであれば、人の写真を見ることで自分が経験するのと同じようになりますから、雑誌でもなんでもいいから、切り取ってファイルするといいですよ。

好きだなと思った写真は自分なんです、自分の感性が響いているものですから。

今どうしてその写真がで撮れないかっていうと、たまたまライティングや撮影テクニックを知らないだけで、それさえ知ったらすぐ撮れます。

だから実践で経験できない人は、雑誌でも写真集でも何でもいいから心が響くもの『こんな写真を撮りたい!!」と感じる写真を集めることです。

それがあなた自身の感性の引き出しになりますから。

091027.jpg

*左側の写真は「こんな手の表情をしてください」とお願いしたのではありません(笑)
コミュニケーーションを撮りながらシャッターを押してると、被写体になってくれている人が、一瞬「素」の動きをする時があるのです。
このカットはその瞬間を撮ったものです。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2009年10月30日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

> 被写体になってくれた人の「シャッターとシャッターの間」を撮ること

今、この言葉に感動しました。
「シャッターとシャッターの間」を逃すまいとするタクマさんの集中力を思ひつつ。
良いヒントを有難うございます!

| T-T.N | 2009/10/31 01:46 | URL | ≫ EDIT

シャッターと


シャッターの間ですかー。
確かに。
“一瞬”な瞬間が一番美しかったりしますもんね:)

| chica | 2009/10/31 10:29 | URL |

いや~、本当に勉強になりますね~。

やっぱりタクマさんは、アーティストタクマクニヒロ
さんなんですね~。

| レーニア | 2009/10/31 11:08 | URL | ≫ EDIT

驚きました。

コメント失礼いたします。

私は写真の知識が全くないので、難しい事はわかりませんが、

私は素敵なものを「見付けた時」に写真を撮っているのですが、

タクマさんは、素敵なものを「見付ける為」に写真を撮っている様に感じました。

今、意識の大切さに気付けてよかったです。

ありがとうございました。

| ハチ | 2009/10/31 23:43 | URL |

タクマクニヒロです

*T-T.Nさんへ
何事も「間」は大切です。

*chicaさんへ
一瞬の中に美しいものが隠されていますね。

*レーニアさんへ
いや~~そんなに褒められても(笑)

*ハチさんへ
おっしゃる通りです「はい」

| タクマクニヒロです | 2009/11/01 11:03 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。