PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン独学 スタジオライティングは必要ですか?

Q-「私は写真を撮ることが好きです、そこそこ上手いと思っていますというか、自信があります。

でも独学なのでスタジオライティングとかまったくわかりません。

プロになるにはスタジオライティングはどうしても学ぶ必要があるのでしょうか?

できたらスタジオマンになったりカメラマンのアシスタントになるという道を歩まないでカメラマンになりたいのですが、ライティングを知らないとプロの道は厳しいのでしょうか?」

A:これはあなたが、どんな写真を撮るプロになりたいのか?ということも重要です。

風景、山、動物、ドキュメンタリー、植物、水中、昆虫、などなどの自然や街の写真を撮るカメラマンを目指してるのでしたら、スタジオライティングを学ばなくても大丈夫です。

ただ、モデル、タレント、俳優、アイドル、アーティスト、スポーツ選手、文化人、子供、などなど、人を撮るカメラマンになりたいのでしたら、スタジオライティングを学んでいた方が撮影の幅が増えるのは確かですね。

あなたが、友達からブライダル、成人式、七五三、などの撮影を頼まれた場合、晴れてる日はいいですけど、もし雨だったらどこで撮れるでしょうか?

また、プロになってタレントさんやアーティストを撮る仕事を依頼された時、撮影当日が雨だったら・・・

こういう場合、普通は撮影場所をスタジオ撮影に変更します。

でも、スタジオライティングができないあなたはどうしますか?
どこで撮りますか?

撮影日はその日しかないのです、どうします?

もしくは、撮影依頼があった時点で「私は外でしか撮れませんのでよろしくお願いします」とクライアントさんに伝えますか?

こんな時、スタジオライティングを学んでるとスタジオでも撮れるので強いと思いませんか?

僕自身、独学でカメラマンになろうと決めた時、あなたと同じようにスタジオライティングは学ばなくていいかも?と思った時期があります。

でも、自分は人を撮るカメラマンになりたかったので、自然光でしか撮れないのは絶対に弱いな~と思って、独学でスタジオライティングを学んだのです。

長年カメラマンをやってきて、外ロケ(自然光)とスタジオの撮影比率を見てみると僕の場合は70%がスタジオ撮影なのです。

つまりスタジオライティングを学んでいなかったら、仕事の70%は断らなければいけなかったというわけです。

今思うと、独学でもスタジオライティングを学んで本当によかったと思います。

でもあなたはラッキーですよ!!

なぜなら、カメラマンを目指していた頃に今のあなたと同じようなことを悩んだ僕が、あなたのような人の為にスタジオライティングを学べるDVDを制作しましたから。

僕もカメラマンを目指していた頃、スタジオマンにもなれないカメラマンのアシスタントにもなれないという状況だったので、今のあなたの悩みが自分のことのようによく分かります。

僕の制作したDVDは、スタジオライティングの事を何も知らなかったあの頃の僕でも、理解できるように、とても分かりやすく作っているつもりです。

だから、僕の制作したDVDを購入しなさいと言ってるのではありませんよ(笑)

もし、あなたが人を撮るカメラマンになりたいのでしたら、スタジオライティングを学んだ方が絶対に将来の為になると思います。

写真専門雑誌でも何からでもいいので、学ぶことをお勧めします。

外(自然光)で撮るという1つの装備だけで「カメラマンへの道」を歩むより、スタジオ&部屋の中でも撮れるという2つの装備を持って「カメラマンへの道」を歩んだ方が、あなたの撮影の幅が生まれます。

また「どんな状況での撮影を依頼されても大丈夫!!」という自信もできます。

どんな方法でもいいので、あなたが出来る方法で学ぶことをお勧めします。

その為に使うお金や時間は決して無駄にはならないと思います。

でも、あなたが誰も撮れないオンリーワンのテイストの写真を撮る自信があり、その写真でカメラマンへの道を歩みたい!!という強い意志があるのでしたら、ライティングを学ぶ必要はありません。

☆誰になんと言われても、最後に決めるのは自分自身です。

0911123.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2009年11月13日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

S90シリーズ・・・

最近UPされてるS90で撮られた画像は、
どれもシンプルさが増して
精度が上がっているというか・・・

どれも引き込まれるものがありますね~

今日の画像も即写真集に出てもおかしくないような
ステキなタクマブルーに魅了されまくりです!

おこがましくも個人的感想を言わせていただきましたm(_ _)m





| ueko | 2009/11/13 18:32 | URL |

S90


よかですねーX)
自分デジカメ持ってないんで、
真剣に購入を考えてしまいそぅです:{

| chica | 2009/11/14 02:16 | URL |

私は運がいいです。

コメント失礼いたします。

実は、カメラマンになる為にアシスタントの仕事を探しているのですが、写真の知識もない。学歴もない。さらに見た目も悪いので、なかなか雇ってもらえません(笑)

雇って頂けるなら給料はいらないと言っているのですが、雑用でも難しいみたいです(笑)

でも、タクマさんのDVDがあるんですよね!
アシスタントがダメなら、アシスタントになったつもりで勉強させていただきます。

タクマさんの存在は本当に心強いです。

私は生きていたいので頑張ります。

ありがとうございました。

| ハチ | 2009/11/14 06:58 | URL |

タクマクニヒロです

* uekoさんへ
散歩する時にベルトに付けて持ち歩いてると、色んなものが撮れて楽しいですよ。
このままだと、すぐにブルーノート3が出来そうです(笑)

*chica さんへ
僕が今までに使ったコンパクトデジカメの中で初めてですね、こんなに気に入って持ち歩いてるのは。
首からぶら下げて歩かなくていいのがいいです。
軽いのでベルトに付けてるのを忘れてしまいそうです(笑)

*ハチさんへ
はい、僕の制作したDVDはカメラマンを目指していた頃の僕だったら間違いなく満足するものです。
また、DVDを見て分からない事はメールで直接僕に質問ができます。
つまり、DVDを購入したら僕が付録で付いてくるようなものです(笑)

| タクマクニヒロです | 2009/11/15 20:24 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。