PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 仕事の選び方。

Q:ある出版社から仕事を依頼されました。

編集の方からは、インパクトのある写真を撮るカメラマンを探していたといわれて、自分のアイデアが通ったんだと思っていました。

でも、実際にその担当のページをみたら、そのお話とは違っているようで、自分のアイデアと彼らのアイデアとギャップがありそうです。

寄り添う形で進めたいとは思いますが…そういった場合、対処の仕方ってありますか? 

自分の価値観とあわない撮影も受けたほうがよいですか?

A:まず、「自分と合わないから断らせて頂きます」と言った時点で、あなたは生涯その会社雑誌の編集部からの仕事はできないという意識が必要です。

クライアントとカメラマンという立場を考えると、圧倒的にカメラマンに撮影を依頼する立場のクライアントさんの方がが強いわけです。

オンリーワンのスキルを持ってるカメラマンは例外ですけどね。

僕なんかは、昔「これは僕のテイストじゃないからって」で、断って断っていたら、気がついたらまったく仕事来なくなっていました(笑)

これは後から聞いて分かったんだけど・・

僕のテイストじゃないからだめですって、言った途端に、僕に撮影を依頼した人は「ああ、もういいや、このカメラマン!」と思うそうです。

そして、他のカメラマン探し始めてこっちには向いてくれなくなるのです。

アッチ向いてホイ!状態です(笑)

一人から撮影依頼が来たらね、とにかくその人を大切にすることです。

大切にするというのは、お酒を飲ませて接待をするということではありませんよ(笑)

クライアントさんが「このカメラマンに撮影を依頼してよかった~~」と思ってくれるような「仕事」をするということです。

ここで書いてる「仕事」の中には、撮影をするということ以外にたくさんの事柄が含まれています。

ワークショップに参加された人で、「えっ、それ何ですか?」と思った人は、小冊子を、隅から隅までよ~~く見て下さい。

一人のクライアントさんから撮影依頼が来たらね、とにかくそのクライアントさんの要望を100%満足させてあげる仕事をすることです。

その1人のクライアントさんからあなたの仕事の幅を広げていけるのです。

プロになったら、好きな写真しか撮っていなかったアマチュア時代と違って、色んな写真を撮って欲しいという要望があるものです。

僕だって本当はネガで撮影したいけど、みんなを唸らせる程のオンリーワンのスキルは持ってるという自身はないので、デザイナーや編集者の要望でデジカメでお願いしますと言われたらデジカメで撮るわけです。

そこで、出来るだけ自分のストレスをなくしたい為に、デジカメでもネガテイストになるような工夫を考えたりするわけです。

1回の仕事で自分の好きにしよう、と思うより、

あなたに最初に撮影依頼をしてくれたクライアントさんから、それ以降もず~~と撮影を依頼してもらえる方法で仕事をしたほうがいいと思いませんか?というのが僕の考え方です。

そうやって仕事を続けてると、自分のテイストを100%出せる撮影依頼は必ず来るものです。

続けることで経験を積むこともできます。

多くの人と知り合うこともできます。

一番最初に依頼された仕事が、自分的にはつまらないと感じるものでも・・

依頼してくれたクライアントさんに満足してもらえる仕事をしたら・・

あなたは、そのクライアントさんからこれからもず~~と撮影を依頼され続けることになります。

仕事の依頼をして欲しいのだったら、お客さんに満足してもらうことだけに集中してあなたの撮れる写真を撮ればいいのです。

プロは・・・

あなたが撮りたい写真を撮ることではないのです。

お客さんが撮って欲しい写真をあなたが撮るのです。

自分がプロカメラマンとして自立したいのでしたら、まずあなたに撮影を依頼してくれたお客さんに満足してもらえる写真を撮ってあげることです。

つまり、お客さんをを喜ばせてあげることです。

僕は、あなたが(お客さんに与えたもの)が、プロになった(あなたに与えられるもの)になると思っています。

これに気がつくかどうかが・・

好きな写真を撮って幸せなカメラマン生活が出来るかどうか?の境目のような気がしますね。

「お客さんに満足してもらえる写真」というのは・・

ただ、写真を撮るということだけではないのです。

とても、とても、深~~~~~い話なのです(笑)

僕の制作した→DVDのなかのDVD6「効果的な営業方法」で話していますのでぜひ、ご覧になって下さい。


本当にあなたしか撮れない写真、あなたしか持っていないオンリーワンのスキルがある人は「自分のテイストではない仕事は受けません」と、どうどうと言えばいいのです。

09111221.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2009年11月21日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

例えがいいかどうか?
商売はお客さんがおしえてくれる!
てことですよね。

| ますいしんいち | 2009/11/25 13:44 | URL |

深イィ~・・・

まさに言えることがないくらい深~ぃ内容でしたね・・・
Diaryも今回は深い内容でしたが、
こちらもそれ以上と言っていいくらい深い内容だったので
みなさん言葉も出なかったんじゃないかな~と納得してました!

某深い○○話の番組でも
伝統工芸の人間国宝の職人の方が
「伝統工芸を守ることは消費者を守ることだ」
とおっしゃったエピソードを放送してました。
職人さんも消費者の事まで考えなければ技術を守っていけないのかと考えさせられました・・

例えズレだったらすみません^^;

| ueko | 2009/11/25 20:53 | URL |

タクマさんも


お好きなんですか?水面。
最近、水面の写真が多くてうれしいです♪

| chica | 2009/11/27 01:31 | URL |

タクマクニヒロです

*ますいしんいちさんへ
いいこと言いますね!!

*uekoさんへ
大切なのは、誰が自分の撮った写真にお金を支払ってくれているか?ということですね。

僕だって、自分の撮った写真に撮影料を支払ってくれるお客さんがいなければ、ただの写真好きのおじさんですから(笑)

*chicaさんへ
はい、大好きですよ!!

| タクマクニヒロです | 2009/11/28 19:26 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。