PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家になるには?

これからカメラマンを目指す為に学校に行こうとしている人へ。

学校は

1-写真専門学校、
2-写真学科のある大学
3-写真学科もある美術系の専門学校
4-写真部のある普通の大学
と、大きく分けたら4つあります。

もし僕が今高校生だったらどの学校を選ぶのか?

僕が高校生だったら2、4、3、1の順番で選びますね。

2-写真学科のある大学は、写真のことを学びながら他の学部の人達と友達や先輩後輩の関係になれるからです。

なぜ、写真学科ではなく他の学部の人達と友達や先輩後輩の関係になれるということを書いたのか?

それは、その人達のなかから将来あなたがカメラマンになった時に、新米カメラマンのあなたに仕事を依頼してくれるクライアントになってくれる仕事(出版社、広告代理店、タレント事務所、レコード会社、会社の宣伝部、ファッション関係、ウェブデザインを制作している会社、企業誌やタウン誌を制作している編集プロダクション、などなどまだ沢山あります)に就く人がいる可能性があるからです。

僕らの業界は、友達、先輩後輩といった人間関係はとても役に立つのです。

ある意味、高い機材よりす~~と役に立つかもしれません(笑)

あまり作品を制作していない新米のあなたにでも、基本的な写真が撮れるだけで人間関係で信頼されてるから安心感が生まれて、仕事を依頼してもらいやすくなるのです。

*特殊な撮影の場合は別ですよ。

あなたと信頼関係が出来ている人ならば、みんな、あなたがカメラマンになったと聞くと「よし、何か撮影を依頼するよ!!」って、応援してくれます。

この人脈は4年生の大学に入ると沢山作ることができます。

あくまで、自分次第ですけどね(笑)

4-これも人脈ということで2と同じです。

写真を学ぶのは大学の写真部で充分です。

また他の大学のサークルや大学以外のサークルで撮影スキルは学べばいいのです。

3-写真のことは学校で充分学ぶ事ができます。

そして、デザイン学科、インテリア学科、建築科、ウェブデザイン科などがあるので、2年間という学生時代に、写真学科以外の人の友達を沢山作ることができます。

写真学科以外の人達は、将来あなたのクライアントになってくれる仕事先に就職する可能性は非常に高いのです。

1-写真のことは学校で充分学ぶ事ができます。

でも、そこで知り合う人達は、とても嫌な言い方ですけど(笑)

将来同じクライアントを目指すあなたのライバルになる可能性がとても高いのです。

ただ、本当に信頼出来る友達になれば、お互いが困った時に機材を借り合ったり情報を交換できたりするいい仲間にもなれます。

でも、あなたに撮影の依頼はしてくれません、これだけは事実です。

僕は25歳の時に1の道を選んだので、学校では先生を友達にしました(笑)

僕ではなく、先生の友達関係というとても細い人脈を大切にしたのです。

どうして、こんなことを書いたのか?というとですね・・・

今のような情報が何からでも手に入る時代は、写真のことははっきりいって独学でも充分なのです。

でもカメラマンになった自分に仕事を依頼してくれるクライアントは独学で得る事は、非常に難しいと思います。

僕が「カメラマンへの道」を歩んで来て、はっきりと感じたのは「人脈&コネクション」は「カメラマンへの道」を歩む為にとても強力な装備になるということです。

*これからカメラマンを目指す為に学校に行こうとしている人。

今の、そしてこれから出会う沢山の友達を大切にして下さい。

*「将来の自分の為に作為的に友達を作りましょう!」と言ってるのではありません、

今のあなたが人に与えたもの「物ではありませんよ(笑)」は、将来あなたにいい意味でも悪い意味でも必ず帰ってきますから。

「幸せなカメラマンへの道」を歩みたいと思ってるのでしたら、学生時代からみんなに好かれる人になったほ方が近道ですよ、ということを知って欲しのです。

僕は学生時代に今書いてることの真逆のことをやっていましたから(笑)
よ~~く分かるのです。

*学校というのは、手取り足取り撮り方を教えてくえる場所ではなくて、毎週の課題を出してくれる場所のような気がします。
僕の場合は、撮り方やテクニックは学校ではなく写真雑誌で学びました。

じゃぁ、何が良かったのか?・・先生と友達になれたことです(笑)

つまり、写真の撮り方を学ぶことより人とのつながりが出来たという事がよかったですね。

といっても、2年目に中退したので専門学校には1年しか行ってませんけど、そこで知り合った先生とは今でもお付き合いをさせてもらっています。

091203.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2009年12月03日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

はじめまして。
私は、今高校2年生で、卒業後は、学校で写真を学びたいと思っています。
手探りで情報を集めている最中だったので、とても参考になりました。


タクマさんが、自分の行動全てが無駄にはならないことを証明して下さったから、私は今、前に進めます。本当に感謝します。       

| こや | 2009/12/03 21:06 | URL | ≫ EDIT

安心しました。

コメント失礼いたします。
「自分の居場所がわからない時は周りの環境を見ろ」
って上席に言われてきましたが、タクマさんの言葉でやっと理解することができました。

人との縁に感謝ですね。

とても勉強になりました。
ありがとうございました。

| ハチ | 2009/12/04 07:46 | URL |

何事も


人生は自分次第ですね☆

| chica | 2009/12/04 09:11 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。