PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 感性を伸ばす方法

Q:「将来カメラマンになりたいのですが、タクマさんは色んな人の写真を見て影響を受けたと書かれていますけど、今の私は自分の感性を伸ばす為にどんな写真を見ればいいでしょうか?」

A:見るべきものは、写真だけではなくてね

雑誌に掲載されている写真、写真集、ポスター、写真展、CDジャケット、映画、油絵、日本画、彫刻、仏像、建物、イラスト、マンガ、風景、春夏秋冬の自然の表情などなど・・・

あなたの目に入ってくるすべてのモノです。

また、目に入ってくるもの以外にも本や音楽といったあなたの感性に影響を与えるものはたくさんあります。

僕も「写真」以外に影響を受けてるものがたくさんあります。

写真に関しては前のブログに書いたので、写真以外で影響を受けたモノの1部を書きます。

・日本画ー東山魁夷 色と構図。

・油絵ー海老原龍三郎、絹谷幸二 
この2人の作品の強烈な色は、写真集「フラワーズ」の写真を撮る時に間違いなく影響を受けていますね。

・仏像ー円空 作品の力強さ。

・版面ー棟方志功 作品の力強さ。

・器ー北大路魯山人 作品の力強さ。

以上ですけど・・

カメラマンになった僕が影響を受けたものは、まだまだ書き入れない程あります。

*日々生活しているあなたの目に入ってくるすべてのモノが、将来カメラマンになった時のあなたに大きな影響を及ぼします。

何かを見て感動するということは、あなたの感性という「畑」に作品を生み出す「種」を植えているのと同じようなものです。

感性に栄養を与え続けていると、いつか芽が出て花を咲かせます。

感性に栄養を与えるということは・・

「いいなぁ~」と漠然と思うのではなく

「いいなぁ~」と思ったモノの「何がどう好きなのか?」と、自己分析をすることです。

そうやってあなたの感性の「種」に栄養を与えていると「種」から「芽」が出てきます。

芽が出てきてからも栄養を与え続けていると今度は花が咲きます。

花が咲くというのは・・・・

どんな被写体を撮ってもあなたのカラー(個性)が出るようになるということです。

あなたのオンリーワンの世界が広がっていくということです。

*明日からは何を見るにも「ぼ~~」と見ていないで(笑)

「いいなぁ~」と思ったら「どこがいいんだろう?」と、具体的に考えるようにしてみて下さい。

1年後のあなたの撮る写真には必ず変化が起こっていますから。

こういうことを書くと「よし!!私も明日からやってみよう」と思うものですけど

殆どの人が1週間もしたら忘れてるものです(笑)

みなさん、継続は力ですよ!!

☆どんなに高い機材を持っていても、カメラの使い方を誰よりも知っていても、それで人を感動させる写真が撮れるのではありません。

あなたの感性に栄養を与えることで、今もってる安いコンパクトデジカメでも人を感動させる(この写真好きです!!と感じてもらえる)写真を撮ることは出来るのです。

大切なのは「何をどう撮りたいのか?」と、感じる感性なのです。

0911127.jpg
*コンパクトデジカメS90で散歩の途中にパシャリ!


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真が上手くなる方法 | 2009年12月18日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

こんばんは
いつもタクマさんのブログを見てると明日から頑張ろうという気持ちになります^^
周りのもの・景色に目を光らせて行こうと思いました!三日坊主にならなりませんように…(笑)

| tomomi | 2009/12/18 21:33 | URL |

真剣な質問

はじめまして
カメラマンについて調べてたら、タクマさんのブログ「カメラマンへの道」を知りました。
私は現在25歳で高卒のフリーターです。 
昔から写真を撮っていましたが最近になって、本格的にカメラに目覚めた男です。
私はスポーツが好きでスポーツカメラマンを志望しています。
できればスポーツ新聞かスポーツの雑誌社などで活躍したいです。

いきなりですが(失礼ですいません)、気になることがあり幾つか質問させていただきます。

1,25歳という年齢のこと
私は高卒なんですが、写真の大学や専門学校に行くにしても100万円以上のお金を親に出してもらうことは大変申し訳ないです。
それに年齢のこともあり学友ができるか不安です。
他に本格的にカメラを学ぶ方法(アシスタント以外)はありませんか?
また雑誌社などは私のような高齢のおっさんを雇うことはあるのでしょうか?

2、目と夜間の車の運転こと
私は23歳のときに目の病気にかかり、左目の視野が少し歪んで見えます。
カメラをとることは問題ありませんが、夜間の車の運転が難しくなり医者からは危ないから控えるように言われています。
本でカメラマンは車の運転が必須と書かれてましたが本当なんですか?

長々と失礼いたしました。
うざいと思ったらこのレスを消してもらっても構いません

| takahashi | 2009/12/18 21:33 | URL | ≫ EDIT

う~ん。
今日も勉強になりました。

自分独特の感性をみつけて、育てるには、
自分の感覚をよ~く感じて、
具体的に写真にしていく積み重ねが大切なんですね。

あらゆることにアンテナを張って、
たくさんのことを感じ、
自分の個性、みつけたいと思いました。
 

| お菊 | 2009/12/19 14:04 | URL |

切り絵みたいな


ショットですねっ!!!
美しい。。。

| chica | 2009/12/19 23:51 | URL |

タクマさん、今回のブログ
とっても勉強になります◎

嬉しいなあ

あたしも三日坊主にならないように
頑張ります(笑)

ありがとうございました!

| YUKI | 2009/12/21 14:03 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。