PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真集の作り方

昨日のブログへのコメントで「写真集制作する時にカメラマンが1~10まですべてを出来ないと、なんか自分の写真集って感じがしないのでは?」という質問がありました。

同じようなことを感じた人がいっぱいいたのでは?と思ったので、もっと詳しく書きますね。

本当ならすべてカメラマンの自分がやりたいのです(笑)
でも、分からないことがいっぱいあるんですよ。

出版社が印刷の制作費をすべて出してくれる場合は特にそうなんです。

自分がこの大きさの写真集にしたいと思ってても、何部くらい売れるのか?

そこから初版は何部刷るのか?

で予算が決まってきます。

その予算で、大きさとかページ数が決まります。

自分が好きな大きさで好きなページ数にすると、とんでもないお金が掛かってしまうんですよ(笑)

出版社としても、出来るだけ赤字は出したくないですからね(笑)

大きさと部数が決まりますよね、でも、これからなんですよ!!

これからやることがカメラマンには分からないことだらけなのです。

きのうと同じになるかもしれないんだけど、

1-写真集のタイトルや帯に書くコピーの文字の大きさやデザインをどうするか?

2-その色をどうするのか?

3-印刷は4色でやるのか?特色を使用した方がいいのか?

4-表紙に関してはその加工をどうするのか?色んな加工方法があるんです。

5-紙の種類、これは何百種類とあります。

  自分の写真にどの紙があってるのか?まったくわかりません(笑)

6-色校正(テスト印刷)が上がって来た時に印刷所の人に対しての直しの指示の仕方 (まったくわかりません)

7-製本の種類(写真集を本の形にする)これもいろんな種類があるんですよ。

*これらのすべては、カメラマンの僕にはまったく分からないことばかりです。

カメラマンは写真を撮って、大きさとタイトルを決めたらいいだけだと思ってたんだけど、実際はやらなければいけないことがいっぱいあるんです。

ということで、カメラマン、編集者、デザイナーがチームを組んで、いい写真集を仕上げていくというわけです「はい」

写真を自分以外の人に見てもらうっていうことは、いいことですよ、撮った本人は撮った時のことで頭の中がいっぱいになってしまってるので、全体の写真の流れとか統一感みたいなものに目を向けることが出来なくなってる場合が多々ありますからね、人が自分の写真を初めて見た時の感覚って結構大切です。

自分が気がつかなかったことを指摘されることがあって面白いですよ


*共同出版や自主出版だともう、最初っから形や大きさ、紙の種類や印刷方法、デザインのフォーマットなどが数点に決められているので、その中から選ぶという感じです。

ですから、写真が決まっていたらあとは編集者に「私はこの形式でお願いします」とお願いしたらあとは、出版社がやってくれるはずです。

その代わり、書店に並ぶ期間が数日から数週間と短いことが多いです。

でも、今は無理に書店に並べなくても、ブログに発表してそこで販売するという方法がありますからね。

とにかく、色んな方法がありますけど、写真集を出版するのって本当に楽しくてワクワクしますよ。

E8.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年01月10日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

宅間さん、昨日の質問にご回答いただきありがとうございました。m(__)m
なるほど!と思いました。
自分も自営で資格商売をしているので、宅間さんの言ってることはよく分かりました。
自分に出来ないことは他の専門家に任す、これはプロとして大切な姿勢ですよね。
その道のプロは、知識と経験の引出しが素人とは段違いですものね。
適切な範囲で自分の能力を広げていくのは大切なことだと思いますけど、あまり広げすぎても時間とエネルギーの無駄ですよね。

| タヌゾー(会員№051) | 2006/01/10 22:08 | URL | ≫ EDIT

なんちゃってフォトグラファーさんへ

スゴイですね。(@_@。
もう自分の作品が書店に並んだことがあるんですね。
僕もいつかなんちゃってフォトグラファーさんと同じように自分の作品が書店に並んでいるのを見て、感激の涙を流してみたいです。

| タヌゾー(会員№051) | 2006/01/10 22:17 | URL | ≫ EDIT

タヌゾーさんへ

宅間さん
コメント投稿欄をお借りしてすみません。
タヌゾーさんへ
書店に並んだときと、amazonなどのオンラインショップで自分の本と名前が載っていますが、数ヶ月たっても気持ち良いものです。共同出版も出版社によって、価格や、対応内容など違います。実は、私が本を出した出版社ともう一社別の出版社からも共同出版の話がありましたが(資金不足でお断りしたのですが)、全く条件や内容が異なっていました。
本当、びっくりするぐらい違いました。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/01/11 02:07 | URL |

タクマクニヒロです

*タヌゾーさんとなんちゃって(略してごめん)さんへ
このブログ内で交流するって、楽しそうでいいですね!!
皆さんも、遠慮なくこのコメントスペースを活用して下さいね!!
写真好きな人たちでドンドン、交流して下さい。
僕も楽しみにしていますから!!

| タクマクニヒロ | 2006/01/11 14:42 | URL |

一連の、

写真集の話、本当にためになりました!
写真を用意する以外にも、色々あるんですね。
大変そうだなぁ、というのと同時に、そういうところに早くたどり着きたいなぁ、という気持ちもいっぱいです。笑

それにしても、タクマさんの写真集、楽しみですね~!!
また、HPで通販とかしてくださるのかしら??
わくわくしながら待っています!

| tomoko+ | 2006/01/11 21:44 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*tomokoさんへ
はい、写真集は僕のHPからも購入出来るようにしますので、楽しみにしてて下さい。
*清水さんへ
初めまして、コメントありがとうございます。
ここにリンクしている人達との交流も楽しんで下さいね。
みなさん、写真が好きな人ばかりですから。

| タクマクニヒロ | 2006/01/12 11:32 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。