PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

プロになったら好きなものは撮れなくなるんですか?

Q.あるカメラマンに「プロは自分の撮りたいようには撮れないし、生活の為には撮りたくない写真を撮らなきゃいけないから、実際のカメラマンの世界は厳しいよ」って言われて「お前にはそれでも耐えられる…根性みたいのあるか」って言われたんですけど、本当にそうなんでしょうか?

あくまで僕はこう思っていますということを書きます。

A:もしも、あなたが自分が撮りたいものしか撮りたくないのだったら、プロにはならないで、作家活動をやればいいと思いますね。
仕事は、収入を得る為と割り切ってカメラマンではない職種の会社に勤めればいいだけです。

そして、好きな写真を撮って個展をやったり、写真集を自費出版するという写真の関わりをしたらどうでしょう?
それだったらストレスも感じないし、根性も要らないと思いませんか?

実は、「プロになったら自分が撮りたい写真が撮れなくなる」のではなくてね・・

プロというのは、あなたに撮影を依頼してくれた人(あなたが撮った写真にお金を支払ってくれる人)が、満足してくれる写真を撮れる人のことなのです。

「自分が好きな写真しか撮りたくな~~い」という人は、本当に趣味でやればいいだけです。

スポーツでもいざ、野球選手になっても、サッカー選手になったとしても、自分が望むポジションで試合に出れるとは限りません。

それでも、そのスポーツが好きで好きで大好きだからプロになったのだと思います。

プロカメラマンになるといことはこれと同じような気がしますね。

みなさんが誤解してるのは、野球やサッカーの選手は、スポーツが好きだから野球選手になったのでもなく、サッカー選手になったのではないということです。
スポーツの中でも野球、サッカーとどの選手になるかを選んでいます。

カメラマンも同じようなものなのですよ。

12月末に書いたカメラマンの種類を見てもらえば分かるように、1言でカメラマン(写真家)と言っても、とても沢山の種類があるのです。

幾ら写真を撮ることが好きだと言っても自分が好きな分野ではない撮影は辛いものです。

だから、カメラマンを目指すのであれば「自分はどの分野のカメラマンを目指したいのか?」ということを自問自答してはっきりすればいいのです。

何も考えないで、ただカメラマンになったのでは、あなたに怖いことを言ったカメラマンのように「生活の為には撮りたくない写真を撮らなきゃいけないから、実際のカメラマンの世界は厳しいよ」って感じることになってしまうのです。

あなたが、望む分野のカメラマンになって、クライアントの望む写真を撮れるカメラマンだったら、いつでも自分のテイスト(自分の好きな撮り方)で撮れる仕事の依頼がくるものです。

でも100%好き勝手には撮れないわけです、でも自分のテイスト(明るさ、色合い、構図などなど)では撮れるわけです。

もっと分かりやすく言うとね、例えば人物を撮るとしますよね、
その時に自分はアップで撮りたい、でもクライアントからは全身の写真を撮って欲しいってリクエストが来るわけですよ、そういった時は「はい分かりました」って全身の写真を撮るわけです。
でもね、一緒に自分が撮りたいアップの写真を撮ればいいだけです。

そうすると、自分が撮りたい写真も撮れるし、クライアントが望む写真も撮れるというわけです。

早い話が、あなたが自分のテイストで撮りたいのでしたら
「あなたのテイストで撮って欲しい」って言われるカメラマンになればいいのです。

誰でも撮れる写真しか撮れない人は、便利屋になってしまうものです。
だから自分が撮りたくない写真を依頼されてストレスが溜まるという分けです。

どんなことでもいいので、あの人はオンリーワンのテイスト持ってるなぁ~と思ってもらえるカメラマン(写真家)は強いものです。

僕の言うテイストというのは・・・

・安い・早い・写真に独特の色合いがある・構図が独特・被写体とのコミュニケーションが上手いのでいい表情が撮れる・独特のライティング・シチュエーションで撮れる・だれも知らないようなロケ場所を知っている・・などなど、一番大切なことは写真ですけど、それ以外のこともたくさんあります(笑)・・・まだまだあります。

10011512.jpg

右の端が龍の顔に見えた、とんでもなく長くて巨大だった雲を事務所のベランダからS90でパシャリ。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2010年01月15日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

結構、クライアントさんのご要望に応えて撮影するのも楽しいです。
納品の際に写真を見て喜んで頂けると本当に嬉しくなります。

また、タクマさんの仰っているクライアントの要望意外の自分のテイスト撮影・・・のお話ですが、
経験が結構あります。

私の1例ですがある文化勲章受章者のご自宅でポートレートを撮影させて頂いた時の話です。
編集者の希望はモノブロックできっちり撮影とのことだったので、モノブロックで数百枚撮影しました。
その撮影後、ご本人にお願いして、壁一面の本箱の前に座って頂き窓から入る自然光だけを
利用して数カット撮らせて頂きました。
なんとその時は、その最後の1枚をメインに使って頂けました。
そういった時は嬉しくなります^^

私の場合、依頼があれば私で写すことのできると判断できる被写体はなんでも受けています。
自分でも意外な被写体の撮影が面白かったりするからです。
新たな自分発見(笑)がそこにあるかもしれないので・・・
長くなり、すみません。

| イザワ | 2010/01/16 03:24 | URL | ≫ EDIT

なんだか


銀河鉄道お昼間ver.みたいな写真ですねっ!!!
空はホントにみていて飽きないです:)

| chica | 2010/01/16 08:18 | URL |

ほんとに生きてるみたいですね。流石です。

食い意地のはってる僕はアンパンやドーナツ等食べ物に見えてばかり、アートな眼を養います(反省)。

| ますいしんいち | 2010/01/16 13:09 | URL |

日本昔話の・・・

OPに出てくる龍みたいに見えました。
♪坊や~よい子だねんねしな~
って私の頭の中には聞こえてます(笑 

この前の高架のお写真といい・・・
タクマさんの目には東京ってこんな風に見えてるのかしら!?とびっくりしました。
都会でも切り取り方でとてもキレイに見えて目からウロコです!!

| ueko | 2010/01/16 21:42 | URL |

すごくステキな写真ですね!
ちなみに左端にちっちゃく見えるのは、東京タワーですか?
いいなあ。
気持ちよさそうだなあ。
みてる側まで気持ちよくなります。

| miwanky | 2010/01/19 00:44 | URL |

タクマクニヒロです

*イザワさんへ
素晴らしいことをしていますね!!
さすがです。

*chicaさんへ
本当に空は毎日見てても飽きませんね。

*ますいしんいちさんへ
いやいや、食欲もアートです。

*uekoさんへ
写真のおもしろいところがそれなんですよ。
どう切り取るかで、全く違った景色に見えるのがたのしいんです。

* miwankyさんへ
よく、見つけましたね!!
間違いなく東京タワーです。
夜は、色んなカラーになって楽しいですよ。

| タクマクニヒロです | 2010/01/19 17:29 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。