PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン ライティング

Qライティングの勉強で日頃トレーニングできることはありますか

A:ありますよ。

季節によっての太陽の光って変わります。

例えば同じ時間でも、春夏秋冬で太陽の角度が違います。

また、朝とか夕方などは季節によって明るかったり暗かったりという差がまったく違います。

これを感覚的に知ってるだけでも、ロケの時に撮影時間を設定する時にとても役に立ちます。

夏は太陽がこの時間帯でもこんなに明るいんだっていうのを感覚的に知ってると、
打合せの時に「モデルさんとかタレントさんが夕方の4時からじゃないと撮影時間が取れないんだけど、でも編集部的には外で撮りたいんだけどどう?」って尋ねられた時に「ああこの時期だったら大丈夫だよ」って、自信を持って言えるでしょ。

また、逆に今のような寒い時期は「夕方の4時から撮影時間取れるんだけど、外でも大丈夫ですか?』と聞かれたら
「晴れていたら、ぎりぎり大丈夫ですけど曇ったりしてると、もう光がなくなりますねだから、ロケと中の2パターンを考えておいた方がいいと思います」といった感じで、対応ができます。

スタッフは安心してくれます。

それが「その日になんないとわかんないね」って言ったら、それはダメなカメラマンです(笑)

春夏秋冬の各時間帯の太陽の角度と陽が落ちる時間帯(自分のカメラで撮れるぎりぎりの明るさ)を知ることです。

普段歩いてる時でもね、ああこの時期ってこのくらいの時間帯だったら平気だなっていう引き出しをいっぱい持ってればいいのです。

今の時期だと、この時間帯に太陽を背にして撮ると、髪の毛がキラキラ光ってキレイだなぁ~という感覚を身につけるといいですよ。

あと、映画やDVDを見てて、「これいい光で撮ってるなぁ~」という映像があったら、「今度、この光で撮っみよう!」と、感性の引き出しの中に貯める作業をするといいですよ。

つまり、「いい光で撮りたい」というアンテナさえ出してると日常生活のあらゆる場面がいいトレーニングの場になるということです。

1002191.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2010年02月21日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

きれいなクリスタルタワーですね。
宇宙ステーションみたいだ

| ますいしんいち | 2010/02/21 18:26 | URL |

抜けるような綺麗な写真ですね!!

半径300メートルでいっぱい写真が撮れるって素敵なことだと思いますよv-218

| sj45a | 2010/02/25 08:27 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ますいしんいちさんへ
うまいことを言いますね!!

*sj45aさんへ
はい、被写体は目の前に沢山転がっていますから。
大切なことは、みんなが見てるものを見て、自分にはどう見えているか?ということのような気がしますね。

| タクマクニヒロです | 2010/02/25 21:22 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。