PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン レタッチ

Q:雑誌などの紙媒体になる撮影や広告用でwebに使う写真などで載っているものは、男性&女性に限らず肌のレタッチ技術はほぼ100%かけてるように思うのですが、実際はどうなんでしょうか!?

そして撮影データにレタッチ希望が出された時、肌のトーンなど明るく修正した時にチークの色が実際のメイク時よりも飛んでしまうのですがそういった場合は撮影時にメイクさんに相談して少し濃いめに入れてもらうなど、カメラマンからお願いしてもメイクさんは気を悪くされたりしないものなんでしょうか!?

*僕なりの考えをお答えします。

*今は男性、女性に関わらず、人が写ってるすべての写真はレタッチで肌をキレイに処理しています。
99.9%はしてるでしょうね。

僕が撮ってる写真で、レタッチをしていないで印刷に廻す写真は1つもありませんから。

肌のシミ、ソバカス、シワ、目の下の隈をキレイにする、二の腕を細くする、お腹を目立たないようにスリムにする、などなどモデル、タレント、アーティスト・・・すべての被写体にレタッチで何かの処理をしています。

僕が撮ってる被写体でレタッチをしてないのは、犬くらいですね(笑)

特にメイクの写真は、メイクの色やテイストを損なわないようにレタッチをしなければいけないので、カメラマンではなくレタッチのプロが処理をすることが殆どです。

だから、撮影前にメイクさんに「あとから、レタッチをするので最初から濃くして欲しい」などという相談をしなくても、レタッチのプロはあなたが撮った写真のメイクの明るさ&色合いを忠実に表現しつつ、キレイな肌にしてくれます。

今は、レタッチだけを仕事にしているレタッチのプロがたくさんいます。

自分の好きなレタッチの人と組んで仕事をしているカメラマンも多々います。

ただ、雑誌などはレタッチのプロに発注してもその経費はでないことが殆どなので、雑誌の場合は、自分でレタッチをしているカメラマンが多いですね。

編集者も、レタッチが必要なメイクなどの撮影の場合はレタッチが上手いカメラマンに依頼していますね。

もし、僕に雑誌のメイクのページの撮影依頼がきたら「レタッチはできませんので、他のカメラマン頼んだ方がいいですよ」と正直に言います(笑)

僕の事務所でやってるのは、シミ、ソバカス、シワ、目の下の隈などをキレイにする、目の中の白い部分をキレイにする、歯を白くする、というくらいの簡単なレタッチです。

これから、カメラマンを目指してる人は、フォトショップでレタッチテクニックをマスターしてると、強いですよ~~~~。

20.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| レタッチに関して | 2010年06月22日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

お答えありがとうございます

タクマさん、さっそく質問に答えて頂きありがとうございます!!
レタッチ技術は持っていた方が良いという事ですね。頑張って覚えていくか、レタッチ出来る方と組めるようになろうと思います!!

| yoko | 2010/06/23 00:49 | URL | ≫ EDIT

こんばんは♪

この記事には、凄まじい「ヒント」が書かれているのに・・・

コメントがついて無いので・・・コメントさせて頂きます。

「いつも、ありがとうございます」

実は、デジカメの勉強を始めた頃(2009.7)から、「フォトテクニック デジタル」を買い続けています。
バックナンバーで欲しい物も手に入れました。

おかげで、色々詳しくなりました。

予定していたアイテムの入荷が、かなり遅れる様なので・・・状況を見て「マンツーマンワークショップ」の申し込みをさせて頂きます。

「どうぞ、よろしくお願い致します」

| Yukio Mano | 2010/06/23 20:07 | URL |

タクマクニヒロです

*yokoさんへ
頑張って下さい。

*Yukio Manoさんへ
はい、あの雑誌はいいですね!!

| タクマクニヒロです | 2010/06/25 15:20 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。