PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 失敗

Q: プロになってから最も辛かったことは何ですか?

A:一番は、まだプロになって間もない頃僕のミスでクライアントさんに大迷惑をかけた時ですね。

フイルムはポジフイルムしか使っていなかった頃の話です。

クライアントさんは、35ミリフイルムを使うカメラではなく、6×6か6×7サイズのフイルムで撮る中版カメラで撮って欲しいという要望があったのですが、僕はまだ中版サイズのカメラを持っていなかったです。

そこで、ISO25という超低感度なんだけれど、粒子が非常に細かいというフイルムを使うことを決めたのです。

このフイルムを使う事で35ミリサイズのカメラで撮っても、普通のフイルムを使って中版カメラで撮った写真とと同じくらいの粒子のテイストが保てるということをクライアントに伝えて、35ミリサイズのフイルムで撮る事を了解してもらったのです。

事実、この35ミリサイズのフイルムで撮って大きなポスターに印刷されてる写真が結構あったからです。
だから、中版カメラで撮らなくても問題はなかったのです。

ここまでは、よかったのです。

ところがですね・・・・

このフイルムのISO感度は25なんですけど、実際の感度は25もなかったのです。

絞りを1段くらいは開けないと、露出計のまま撮るとアンダーになってしまうのです。

その頃の僕は、今と違って露出計のメモリより半段~1段半くらい絞って撮ることが好きだったのです。
つまり、適正の明るさよりも暗い写真が好きだったのです。

だから、本当なら絞りを1段くらいは開けて撮らなければいけないフイルムで、半段~1段くらい絞って撮ってしまったのです。

つまり、この撮影の写真はすべてのカットが2段くらいアンダーだったのです。

現像所で出来上がったポジをビュアーで見た時・・・

一瞬何がなんだかわからず・・・・

今、自分に何が起きてるのか理解できなかったのです。

そして、最初の1本だけではなく、撮ったすべての写真がすべて真っ暗だということに気がついた時は・・・

体から冷や汗が出て、頭がぼ~~~として、その場に立ってることが出来なくなったのです。

明日はクライアントさんに、届けなくてはいけません。

「なんて言ったらいいんだろう・・・」と、その夜は一睡も眠れませんでした。

そして、次の日・・・上がりを届けました(心の中は大泣きです)

みなさんが想像している通りのことが、クライアントさんの前で起こったというわけです。

普通、プロカメラマンは、新しいフイルムを使う時は・・・

必ず、ISO感度は実際にはどれくらいあるのか?ということと、フイルムの色のテストをするのです。

そして、そのフイルムの実効感度や色に合わせて露出やフイルターを選択して写真を撮るのです。

スタジオマンになったわけでもなく、カメラマンのアシスタントとしてプロとして必要なことを学んだりしていなかった僕は、そんな基本的なことすら知らなかったのです。

こういった実践で必要なことって、今も昔も学校では教えてもらえませんからね。

この失敗のお陰で、まだカメラマンになったばかりの僕のプロとしての信用は0になりました。

これは、僕がプロになってから最も辛かったことです。

いや~~今思い出しても冷や汗が出ます(笑)
笑ってる場合じゃないですけどね。

今はデジタルカメラなので、今撮った写真をその場でチェックできますから、この頃の僕のような「写っていない」という、心臓が止まりそうな失敗はしなくていいので、いいですね。

僕が、この辛い経験で学んだ事は・・・・続く。

1006304.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 


 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| プロになって辛かった事 | 2010年10月16日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

想像しただけでゾッとしました
怖すぎます
自分がそんなことしちゃったら
写真を撮るのが嫌いになりそうです

| ひろ | 2010/10/17 13:33 | URL |

タクマクニヒロです

*ひろさんへ
想像するだけではなく、1度・・実際に味わって下さい(笑)

| タクマクニヒロ | 2010/10/19 16:24 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。