PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

・ブルー・ノートの色の出し方

A:「ブルー・ノートの青はどうやって出すのですか?」という質問が、9月に開催したオープンワークショップに参加された人と、先日の高校での講演に参加してくれた生徒さんからもありましたので、お答えします。

Q:ブルーノートはコンタックスT2というフイルムを使うカメラを使って、シャッタースピードと露出などすべてオートで撮っています。

なぜ、オートなのか?

それは、「あっ撮りたい!!」と思った瞬間にシャッターを押したいからです。

「露出はどうしよう・・シャッタースピードはどうしよう・・」と考えてる隙に、僕の撮りたい瞬間を逃がしてしまうからです。

使用してるフイルムはコダックのEPP&EPRです。

どちらも、ポジフイルムでそれを現像する時に「クロス現像」という現像方法で現像してあのコントラストを出しているのです。

ISO感度が低いフイルムの方がコントラストが強いです。

クロス現像についての詳しく知りたい人はインターネットで自分で調べて下さい、僕はそこまで親切ではありません(笑)

寒い季節11月~2月は空気が澄んでるので晴れた日の空は青がより美しいです。

この季節は普通のフイルムでとっても、夏に撮った空よりコントラストがついて青い色に写ります。

それを、コントラストがつくクロス現像をすると、もっとコントラストがつくので、青い空がもっと深く、濃い、青になるのです。

今のあなたが撮ってもブルーノートと同じような青い空の写真が撮れるはずです。

ただ、空気がもや~~としている夏の空は、見た目が白い青なのでクロス現像で撮ると、青ではなく白い空になります。
コントラストが強いので、白っぽい空の色がもっと白くなると言うことです。

だから、ブルーノートの殆どの写真は空が青く澄んでいる寒い季節に撮っています。

ただ、空が青くない曇りの日に雲の表情がドラマチックだから撮った写真は、クロス現像では全体の色が白くなるので、そういった写真は暗室でプリントをする時に、青色を強調してプリントしています。

だから、曇りの日の写真は実際の青ではなく、僕の頭の中で創った青色というわけです。

ただ、寒い季節の空気が澄んだ晴れた日に撮った写真は、誰がどこでプリントしてもあの「青」になります。

そして、「ブルーノート」の続編「カインド・オブ・ブルー」は、なんとコンパクトデジカメで撮った写真が4~5点だけあります。

デジカメは、クロス現像をしなくてもあとからコントラストを自由にできます。
また、色も、好きな青にすることができます。

ただ、コンタックスT2で撮った写真と比べると、あまりにも粒子がきれいなので、わざと粒子を荒らして写真集を見た人が違和感がないように調整しています。

つまり、クロス現像という現像方法をしなくても、みなさんが今持ってるデジカメで誰でもブルーノートのようなテイストの写真は撮れるということです(笑)

それでは、あなたのオリジナルブルーノートを撮って楽しんで下さい。

10102715.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2010年10月30日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。