PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家 自己主張

「おまかせします」と言われて撮り始めても 横から思いつきで口を出されることが多いです。
なかなか撮りたいように撮らせてはもらえません 、悪意はないのでしょうが……
事前の確認が大切ですね 、人間関係が一番難しいです

というコメントをしてくれたヒロさんへ

ヒロさんの気持ちよ~~くわかりますよ。
これは、カメラマンだったら全員が経験してますね(笑)

A:僕の経験したことをお話しします。

初めてする雑誌の仕事で、最初の打ち合わせで担当編集者に「私はカメラマンのテイストを重視してますので、タクマさんにお任せします」と言われ、喜んでいたのです。

ところが・・・

いざ撮影になると・・・

「タクマさん、この場所のこっち側からこう撮って下さい」「あと、この角度からも撮って下さい」と・・
もう、殆どのカットに注文が入ったのです。

特に、僕が「えっ、こんな場所で?そんなポーズ?」というリクエストが殆どだったので、これじぁ~僕の撮りたい写真が撮れないなぁ~と悩んだものです。

多分、初めて仕事をする僕のことを信頼していなかったのでしょうね。

そこで僕がとった行動は・・・

続く・・

と書いたら「うっそ~~」と怒られそうなので書きます。

僕がとった行動は・・・リクエストのあった場所でリクエスト通りの写真も撮って、尚かつ僕自身が撮りたい場所で撮りたい角度や表情でも撮ったのです。

そして、その日撮ったすべての写真の中から編集者の方に選んでもらうという行動をしたのです。

ここで、編集者がどの写真を選ぶのか?というのを見て、いろいろと分かりますからね。

そして2回目の撮影の時は、事前の打ち合わせでその編集者がどういった写真を望んでいるのか?ということを、1回目に僕が撮った写真を見ながら徹底的に聞いたのです。

この時気がついたのは、雑誌のテイストによって望まれる写真が違うということでした。

1ページに小さな写真を何カットもレイアウトすることが好きな雑誌、1ページに1カットの写真をどか~~んと使う雑誌。

・笑顔や、目線のある写真が好きな雑誌(編集者)

・目線なんかいらないし、被写体が風景の中にとけ込むくらい小さくても被写体の自然な空気感が写っていれば気に入ってくれる雑誌(編集者)

などなど・・・

雑誌や編集者の数だけ、好まれる写真があるというわけです。

デザイナー加わる広告のポスターなどは、もう最初に撮影コンセプトをしっかりと決めるので何も問題はありませんけどね・・

だから雑誌などでは、とにかく最初の打ち合わせを細かくすることです。

「どういった写真を撮って欲しいのか?」という、部分です。

1回目の撮影をすると、カメラマンの自分の考えとずれている部分が分かってきますので、そこで2回目からはその点を含めて細かな打ち合わせをすればいいいですよ。

つまり、クライアントさんの要望を事細かく聞いてあげるということです。

おいしものを食べながらでも飲みながらでもいいので、リラックスしてお互いの本音が言える状態でやれば「あっ、そうだったんだ~~」と、お互いの距離がいっきに近くなります。

別に食事に行かなくてもいいので、あなたなり方法で・・
大切なのは、撮影しながら「これでいい?」と聞いたら、クライアントさんがすぐ答えてくれるような、人間関係を築くことです。

お互いが気を使っている間はダメです。
撮影現場で「これ、どう思います?」「いや、こっちの方がいいんじゃない?」と、普通に言える間柄になることです。

というわけで、1度、スタッフでおいしいものを食べるといいですよ。

その為に、安くておいしいものが食べれるお店を知ってるのも、カメラマンの+のポイントになります「はい」

安くておいしいお店は、仕事とは関係なく自分にとってもいいでしょ(笑)

1010278.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2010年11月11日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見しています。
わたしは取材撮影がメインで、
基本1200のモノブロック2台で撮影しているのですが、

時間的なこともあり、
全身&アップを1つのライティングで撮っていますが、
ほとんど、フロントトレペ2台orフロント1台&top1台という感じですが、

全身(直立)撮影の場合に足元が少しアンダーに
なってしまうことが多々あります。
ストロボを増やすことも出来ないので、
レフを入れたりしていますが、
うまくいかない場合もあり、
悩むこのごろです。
(特に女性が素足の場合)

タクマさんは、そのようなことはありませんか??
タクマさんとライティングの感じは近いかと思っているのですが。。

| otakou | 2010/11/12 16:01 | URL |

タクマクニヒロです

*otakouさんへ
フロントトレペは光が一番廻るライティングなので、ストロボが2台あるのでしたら上下2灯使えば足下は暗くならないと思いますよ。
撮影前に、被写体の頭と足下の露出を計って、上と下が同じ光量になるようにストロボの光量を合わせれば大丈夫です。
僕ならそうやって上と下の光量を合わせます。

白ホリのスタジオでの場合は、光が廻りすぎてモデルの足下の方が光量が強くなるので、そういった場合はストロボを上下ではなく上にだけ置いています。

| タクマクニヒロ | 2010/11/12 19:08 | URL |

タクマさま

こんにちは。
具体的な回答ありがとうございます!!

もっと露出に
気をつけて撮影に望みたいと思います。

(ちょと恥ずかしい質問で、答えて貰えないかと思っていたので、大変うれしく思います。)

| otakou | 2010/11/15 15:52 | URL | ≫ EDIT

*otakouさんへ
これからも遠慮しないで質問していいですよ~~~。

| タクマクニヒロ | 2010/11/19 14:45 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。