PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真集を出版する方法。

写真を撮ってる人なら1度は写真集を出版したいと思ってるんじゃないでしょうか?

きょうは、「写真集を出版する為にはどうすればいいの?」という方からの質問に少しだけお答えします。

「今年撮った写真を今年中に出版したい!!」って思ってる人が、いっぱいいると思います。

僕が写真集を出版したいなぁ~」と思い始めた頃には、写真集にする為の写真は80%くらい用意が出来ていました。

そして、「よし、出版しよう」と決心して、動き始めました。

僕が最初にやったことは、本屋に行って「いいなぁ~この写真集」と思う写真集を出版している出版社を調べる事でした。

なぜなら僕がいつも仕事をやってる出版社はあまりにも大きな出版社ばかりなので、数千冊しか売れないかもしれない写真集なんか、いくら僕のことを知ってても相手にしてくれないのです。

向こうも商売ですからね(笑)

ここから出したいという出版社を数十社調べて、第一希望から順番をつけて順次電話を掛けていきました。

今では、多くの出版社が「返却不要の写真を送って下さい」というシステムを取ってますね。

1社に送って返事を待つ、この作業だけでも6ヶ月~1年は掛かることもあります。

なぜなら、編集者も忙しかったり、編集会議に掛ける時期があったりと、すぐには連絡をくれない場合が多々あるからです。

その時はず~~と待ってるわけです。

根気がいります(笑)

そして、断られたら2番目の出版社にと・・・

この繰り返しです。

本当に根気がいります(笑)

そして、出版社が決まりました。

この時点で「出したい!!」と思ってから、1年が経っています。

でも、諦めなかったから出版できたのです。

*出版したい!!」と思って動き出して出版できるまで、約1年半かかったことになります。

普通の人は2~3社廻って断られたら諦めてしまいます。

なに事も、諦めたら、もうそこでTEH ENDです。

*これ以上詳しい事はこのブログに書くのは無理です、1週間くらい毎日書き続けなければいけないくらい、あるからです。

やっぱりワークショップで話す方が楽です。

*今ではブログという素晴らしい物があります、これを活用しない手はありませんよ!!

ここで、みなさんの写真のファンをいっぱい作ったら、あなたのブログのファンの声が出版社の人の心を心を動かすことが出来るんですよ!!


SNSは出版社の人の心を動かす力があります!!
「私なんか!!」って諦めないでトライしましょう!!

自分の写真集が書店に並んで、読者からの感想メールがきたら泣いちゃいますよ。
家族や友達もびっくりしますよ(笑)

諦めるのは死ぬ1日前にしましょう!!(笑)


きっと、その1冊があなたの人生を、もっと大きく広げてくれると思いますA560.jpg

*普通の電線でも、僕が撮ったら、タクマクニヒロの電線になります(笑)
あなただったら、いったいどんな電線を撮るんでしょう?


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2006年01月28日 | コメント:10 | TOP↑

コメント

タクマさんでさえ、そんなに大変で
時間がかかったんですねー \(◎o◎)/
私は気が弱いから、1社でも断られたら
凹んで、落ち込んで、やーめたってなっちゃいます(笑)
でも、何回断られたっていいんですねっ!

タクマさんの電線は、やっぱり格好いいですねー♪
私の電線は、ちと寂しげです(笑)
http://toyoko3.exblog.jp/d2005-09-28

| toyokomama | 2006/01/27 18:39 | URL |

タクマクニヒロです

*toyokomamaさんへ
そ~~なんです、諦めない限りどこか見つかりますから(笑)
僕はtoyokomamaさんの電線最高~~~に好きです!!
100点満点中、100万点です!!
「あんたは、エライ!!」

| タクマクニヒロです | 2006/01/27 19:29 | URL |

はじめまして!
実は少し前からHPとブログを両方拝見してました。 いつコメントしようかなぁ・・・と迷って(?)たけど、思い切って今日にしました☆

タクマさんの写真はもちろん、文章がポジティブで思いやりがあって好きです。読んでいて「ナルホド!」ってコトがいつもあるし、かっこつけてないところがカッコイイ!これからも遊びに来たいのでリンクさせていただいてもいいですか?

| ERI | 2006/01/27 20:39 | URL | ≫ EDIT

宅間さん、みなさん、こんばんは!
分かりました!諦めるのは死ぬ1日前にします!(笑
電線、とっても素敵です(^-^)
今日もとても勉強になるお話を、ありがとうございました(^-^)

| あや☆ | 2006/01/27 21:04 | URL | ≫ EDIT

タクマクニヒロです

*ERIさんへ
コメントありがとうございます。
リンクの件は了解です、ありがとうございます。
僕も訪問させてもらいますよ。
それでは、これからもキープスマイルで!!

*あやさんへ
「はい」みなさん諦めるのが早いような気がします。
僕のすきな落語で「小さなやかんはすぐ湧くけれど、醒めるのも早いんだよ、でも、大きなやかんは湧くまでは時間が掛かるけれど、一度湧いてしまうと中々醒めない!!」という話があります。
何が言いたいのか?っていうと、焦る事はない、でも、大きなやかんも、火を灯し続けなければ、いつまでたっても湧かないということです。
「やかん」というのは、今でいうポットと置き換えればいいと思います。

| タクマクニヒロです | 2006/01/28 17:00 | URL |

こんにちは!
写真て全く同じ被写体でも人によって
まったく異なった仕上がりになりますよね。
またお邪魔します♪

| yorenchin | 2006/01/28 17:14 | URL |

共同出版という方法について

私は出版社のフォトコンテストに応募して、共同出版のお話をいただき費用はかかったのですが、ポストカードの写真集を出版しました。決め手は、ISBNコードのついた本がだせるので国会図書館にも置いていただく事ができるのと(もちろん書店と、amazonなどでの販売も)この出版社は絶版なしという条件でした。
また、運よくデジタルフォトテクニックのカメラ無料貸し出しサービスに当選し、提出した写真が本誌002号に掲載されたのをきっかけに編集者の方とメールのやり取りをしたところ、共同出版についての取材の話になり、デジタルフォトテクニック003号で3ページに渡って特集を組んでいただけました。
全て初めてだったので基調な経験をさせていただいたと思っています。また、その過程で大変楽しませていただきました。気持的に費用は十分に回収できたと感じています。
タクマさんの電線は繊細でかっこ良いです。
私の電線はヒッチコックの鳥みたいです。
http://diary.jp.aol.com/applet/gmrktua9gt/178/trackback

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/01/28 18:16 | URL |

共同出版のこと

はじめまして、ひのきといいます。
写真関係のブログを見ていて、宅間さんのブログにたどりつき、一気に読ませていただきました!! 写真のこと、宅間さんの経験、みんな心にずし~んと響きいて、いつの間にか涙が溢れていました!! 

私は木が好きで、木を撮りたいと写真をはじめて3年。目下、『木の写真集を出版!!』と、撮りためています。写真集の出版ですが、私にもチャンスがあるって、宅間さんのブログを見て励まされました。宅間さん、ありがとうございます。まるで、自分の登る山の天気が晴れて太陽の光が指してきたようです!! ブログもまだなので、これからはじめます。
はいっ、私も、諦めません!! 

そこで、ちょっと気になったコメントがあったので、私も思い切って、書き込みさせていただきました。なんちゃってフォトグラファーさんが協同出版で写真集を出されたということでしたが、私も共同出版ということも視野に入れて考えています。やはり共同でも費用はそれなりにかかるのものなのでしょうか? 

| ひのき | 2006/01/28 19:23 | URL |

共同出版の費用について

ひのきさん
私が出版した会社によると広告とか、印税とか契約により費用はことなるとのことです。私の場合は契約ごとなので、はっきり公にはできないので、私のメールアドレスにご連絡いただければ、ある程度お返事させていただきます。もう一社共同出版の話をいただきましたが、全く金額と条件はことなっていました。私もびっくりするくらいでした。
タクマさん
連絡用にコメント投稿を使わせていただいて申し訳ありません。

| なんちゃってフォトグラファー | 2006/01/29 13:10 | URL |

タクマクニヒロです

*yorenchinさんへ
本当ですね、だから写真っておもしろいんですよ!!
つまり、その時の自分が写るんですね!!

*なんちゃってさんへ
やっぱり、みんなそれぞれ違う電線で、本当に写真って楽しいですね!!

*ひのきさんへ
はい、そうです、諦めない限り失敗はありません。
1日1ミリでもいいから自分のペースで、1歩ずつ歩んで下さいね!!
1日1ミリずつ、夢に近ずいてるということですよ。
3歩進んで2歩下がっても大丈夫です(笑)

| タクマクニヒロです | 2006/01/29 16:14 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。