PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン 失敗の生かし方

前のブログの続き・・・

僕の場合、このような「あっ、やってしまった~~」というような経験をした時にどうするか・・・

こういった時は「おっ、写真の女神がチャンスを与えてくれてる!!」と思うのです(笑)

えっ、何がチャンスなの?・・・と思うでしょ。

実はですね・・

2度と同じ失敗をしないように具体的な対策を練れば・・・・

いつか必ず、「2度と、同じような失敗をしないようにスキルをあげててよかった~~」と思える、仕事ができるチャンスをもらえる・・と勝手に思ってるのです(笑)

つまり、同じような写真を撮る撮影依頼がくるということです。

これは、今までの長いカメラマンとしての経験で感じていることなのです。

だから、今でも「あっ、やってしまった~~」という経験をした時には・・・

「おっ、これはチャンスだ!!」と感じてしまうのです。

最初は落ち込みますよ(笑)

この時も、料理の仕事をしているベテラン編集者に、僕が撮った写真を見せて、この時の僕の撮影状況を話しながらリサーチしてみたのです。

すると・・・

やっぱり他のカメラマンは、料理家の先生が心を込めて創った料理を撮りながら褒めまくってると教えてくれましたね。

そして、撮影後スタッフで撮った料理を食べると時も「おいしいですね!!」と言いながら、本当においしそうに食べるそうです。

自分が心を込めて創った料理を褒めてもらったら、料理家の先生もうれしいものです。

カメラマンに対しての印象も・・

「私の料理を愛してくれるカメラマンに撮ってもらってうれしい!!」という気持ちになるわけです。

僕もこのリサーチで、料理写真を撮る時に大切にしなければいけない事を沢山聞く事ができました。

料理を撮ってるカメラマンは本当に料理が好きで、食べる事も大好きだということです。

つまり、僕が人や子犬を撮ってる時と同じですね(笑)

ただ、このリサーチでうれしことがあったのです。

「電話でタクマさんが落ち込んでいたから、いったいどんな写真を撮ったのか心配していたけど、想像以上にいい写真を撮っていたのでびっくりした」と言われたので救われました。

「私、色んな料理カメラマンと仕事してるけど、こんな光で撮るカメラマン見たことないわよ・・・
この撮り方いいわね」

僕「あっ、これね・・これ、人を撮る時によくやるんだよ、料理でもどうかなぁ~と思って、

決められたカットを撮ったあとに、カメラを手持ちで好き勝手に撮ってみたんだよ」

「この光と構図、本当にいいわね、人を撮る人が料理を撮ったらおもしろいわね」

「タクマさん、料理の写真も撮ればいいいのに、私紹介してあげるから」
と言われた事です(笑)

みなさんも「あっ、やってしまった~~」という経験した時は「チャンスがやってきた!!」と思って下さい。

落ち込むのは数日だけにして・・・

次に、同じ失敗をしない為に何をしなければいけないのか?ということを徹底的に分析して、その問題点をクリアーすることにエネルギーを費やして下さい。

そうすれば、写真の女神は必ず微笑んで・・・

あなたに、リベンジするチャンスを与えてくれますから。

それも、前回より少しだけ大きめのチャンスかもしれません。

「あっ、やってしまった~~」という経験した時に・・

何もしないで日々悔やんでばかりいる人には、「写真の女神」は微笑んでくれないような気がします。
僕の経験上・・そう思うのです。

10111820a.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2010年11月24日 | コメント:4 | TOP↑

コメント

質問させて下さい
おいしくなさそうな料理だったり
美しくない人を撮る場合は
どうなさっていらっしゃるのでしょうか

私は嘘でも「きれいですよ」と言ってあげたいのですが
嘘をつきながら撮ると写真を撮る事がつらくなってしまいそうなので
結局口ごもってしまったり
何とかして美しく撮ってあげたいと思って考え込んでしまって
会話に気が回らなくなってしまいます


| たけし | 2010/11/25 02:10 | URL |

うなずきました

私もジャンルは違いますが仕事が増えるにつれ
失敗をしてよく落ち込むことがあります。
でも、数日間落ち込むまで落ち込んだら、この失敗は勉強になる!と
思って、後は向上心の塊になります(笑)。
タクマさんの日記を読んで再認識しました。
とてもうれしかったです。
そして、最後の写真に心が洗われました。

| taishi | 2010/11/25 15:18 | URL | ≫ EDIT

*たけしさんへ
答えはブログに書きましたよ。

* taishiさんへ
このブログが役に立ててよかったです!!
みんな「天使の梯子」好きですね。

| タクマクニヒロ | 2010/11/25 19:37 | URL |

タクマさんのお料理の写真、ぜひ、見たいで~す!

| casual dish | 2010/11/26 22:50 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。