PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

モデルを可愛く撮る方法

Q:おいしくなさそうな料理だったり 、美しくない人を撮る場合は どうなさっていらっしゃるのでしょうか ?

私は嘘でも「きれいですよ」と言ってあげたいのですが 、嘘をつきながら撮ると写真を撮る事がつらくなってしまいそうなので、 結局口ごもってしまったり 何とかして美しく撮ってあげたいと思って考え込んでしまって 会話に気が回らなくなってしまいます 。

A:お答えします。

このブログでも書きましたけど、目に前にある撮るべき料理を見て「おいしそう!」とか言いいながら撮らなかった僕が、料理の写真を撮ることに関してのアドバイスをする立場にはないのですが(笑)

今回ブログに書いた、料理の撮影の経験でお話しします。

料理家の先生が創るからそんなことは絶対にないんですけどね、

もし、撮らなければいけない料理がおいしそうではなくても・・・

カメラマンである僕がライティングや構図を工夫してどうやったらおいしそうに撮れるのか?ということを考えて、その時のベストな写真を撮ることに専念します。

そして、前回は出来なかったですけど「おいしそう~~」といいながら撮りますね。

人の場合は・・・

被写体になる人が、美しくなくても、かわいくなくても、イケメンではなくても

「撮らせてもらえることがありがたいなぁ~~」という気持ちで接します。

なぜなら、カメラの前にいる人を撮らせてもらえるから撮影料がもらえるわけですからね。

また、もし、お金をもらえないという撮影であっても・・・

自分が撮るという機会を得たのでしたら、それは自分の写真を撮るという才能に期待してくれてるという証拠です。
つまり、僕としては、沢山カメラを持ってる人がいるにも関わらず、僕を選んでくれてありがとう!!という気持ちになるわけです。

早い、話が「自分をカメラマンとして選んでくれてありがとう!!という感謝の気持ちですね。

無理に「きれいです」なんて、言わなくていいと思いますよ。

「きれいですよ」より「かわいい!!」の方が、色んな意味で相手もいい気持ちになれると思います。

顔全体やスタイルではなく、その人の仕草や目や口元とか笑顔とか・・・かわいいと感じる部分はあります。

そこをみつけてあげるのが、カメラマンの仕事ですから。

きれいですねという単語よりも「撮らせてくれてありがとう!!」という感謝の笑顔でシャッターを押せば大丈夫です。

カメラマンがニコニコして撮ってると、相手もうれしいものです。

感謝の気持ちでしたら、嘘を尽きながら撮ることにはならないでしょ?

*もし、あなたが今カメラマンという仕事をしているのでしたら

誰のお陰で収入を得ているのか?ということを考えてみて下さい。

あなたに、撮影を依頼してくれる「お客さん」がいるからです。

お客さんに直接「私を撮って下さい」と依頼されるような仕事をしている人もいると思います。

つまり、あなたのカメラの前にいる被写体は、それが人でも動物でも、モノでも、あなたに収入を与えてくれる大切な「お客さま」なのです。

僕も料理の撮影の時に、この目の前の被写体に「ありがとう!!」の気持ちでシャッターを押すということを忘れていましたので、ここで大きなことは言えませんけどね(反省)

また、プロではない人も、あなたに「写真を撮ってくれる?」とお願いしてくれる人がいるから・・・
あなたが写真を撮るという楽しい行為ができるのです。

だったら、あなたに撮影を依頼してくれる人に「ありがとう!」の気持ちでシャッターを押した方が楽しいと思いません?

お互い、油断したらすぐにぎ忘れてしまう、この大切なことをに気をつけてこれからも撮影を楽しみましょう!!


a href="http://blog-imgs-32.fc2.com/o/h/a/ohagidaisuki/10111812a.jpg" target="_blank">10111812a.jpg
*新幹線の窓から見えた富士山をS90でパシャリ!!
いや~~300キロ近くて走ってる新幹線から、コンパクトデジカメで富士山を撮るのはメチャメチャ大変でした。


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2010年11月25日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

感謝の気持ち!
忘れがちでした……
大切にしたいと思います
ありがとうございました

| たけし | 2010/11/26 11:00 | URL |

*たけしさんへ
僕も、思ってても忘れてしまうんですよ(笑)

| タクマクニヒロ | 2010/11/27 17:44 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。