PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

鉄道写真

鉄道写真は根気が必要ですね~~~。

110107-1-2.jpg

*使用カメラ キャノン5D・使用レンズ16~35㎜ズーム・シャッター優先で露出はオートです。

空が真っ青に晴れていて、陸橋の向こうは雪が積もった富士山が見えてて、この電車が走ってるという写真を撮る為に何回も撮影現場に行きました。

撮影現場までは遠いし時間もかかります。

また、撮るべき電車が数時間に1本しか通らないので、OKカットを撮る為に寒い場所で何時間も待たなければいけませんでした。

最初は上りも下りも両方と追っていたのですが、モニターで確認してみると上りは線路の向こう側を走るので、電車の前にこちら側の線路が見えて、迫力に掛けるのです。

そこで、下りだけを撮ることにしました。

すると・・シャッターチャンスがまた減るというわけです。

僕が撮りたいカットの電車が陸橋に掛かる手前の一瞬を撮るのは1~2秒です。
もう「あっと」言う間に通り過ぎて行きます(笑)

通り過ぎた後にモニターでチェックします。

そして、あとワンチャンス待ちましょう!といいながら、ず~と待つ分けです。

特急が走るだいたいの時間は分かるのですが、、この撮りたい白い電車かどうか?ということは電車が来てみないとわからないのです。

だから、寒いね~~といいながら待ちます。

僕なんか、トイレが近いのでこういった寒い場所で、長い時間ず~と待ってるのはメチャメチャ大変です。

100%大丈夫な時間帯を見つけて、近くにトイレがあるかどうか探しまくります(笑)

特に、体を温めようとポットにコーヒーを入れてもって行って、撮影の合間に飲んでたからもう大変。

コーヒーって利尿作用があるんですね(笑)

そんなこんなで・・次の電車がやってきた「よし、今だ!!」とシャッターを押しまくる。

ところが・・・肝心の富士山が雲の中(涙)

数時間後、やっと富士山が雲から顔を出した・・電車がやってきた「よし、今だ!!」とシャッターを押しまくる。

ところが、太陽に雲がかかってスカ~~とした青空ではない。

そして電車が通り過ぎたあとに、太陽が顔を出す。

いつも好き勝手に撮ってるブルーノートの写真と違って、クライアントの望む写真を撮るということは、たった1枚の写真に使うエネルギーは、自分でいうのも変ですけど凄かったです。

いつも撮ってる僕が撮りたいカットの指示ができる人物写真と違って・・・

風景写真は、特に電車が走ってる写真を撮るということは、本当~~に根気がいりますね~~。

電車は自分が都合のいい時間に走ってくれません。

また、いい撮影場所を見つけ、カメラを準備していざ電車が来ても・・その時の天候が自分が望んでいる天候とは限らないですからね。

何時間に1本しか通らない鉄道の写真を、ベストポジションを見つけてベストな天候で撮っている鉄道カメラマンは凄いなぁ~!と、つくづく感心しました。

電車を待ってる間に、趣味で電車を撮るおじさんカメラマンや中学生カメラマン達とお互いが撮った電車の写真を見せ合ったりして楽しかったです。

また「あそこがいいポイントですよ」と教えてくれるんですよ。

本当、みなさんいい人達でした。感謝!!

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真の撮り方 | 2011年01月11日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

ブログの内容と全然それてしまいますが、
MASHのブログにタクマさんの事が書いてある記事を発見しましたヨ!!
http://mashtokyo.exblog.jp/
こんな所にもタクマさん登場☆
何だか嬉しく思いました。

| yoko | 2011/01/12 01:36 | URL | ≫ EDIT

とても素敵な風景写真ですね。
見ていて心に風が吹き抜けるような心地良い気持ちになれました(*^_^*)
自分の望むその一瞬の為に膨大な力をそそぎこむ…そのエネルギー、忍耐力、私も見習いたいものです!

| ふっき草 | 2011/01/12 09:24 | URL |

私も、普段は人ばかり撮影しているのですが、時々遊びでSLを撮影することがあります。土日に1往復しか走らないSLを桜の時期に撮るのですが、桜が咲いている期間は、とても短いので、ちゃんと撮影出来るのは、年に2日くらいしかないのです。

SLが来る前に在来線で練習してみたり、そりゃぁもう、楽しいです。

| しらいし | 2011/01/12 18:12 | URL |


さすがタクマさんっ!!
プロフェッショナルですねー
素敵です☆

| chica | 2011/01/12 20:04 | URL |

*yokoさんへ
うれしいですね~~!!

*ふっき草さんへ
この撮影場所、よかったですよ~~。
メチャメチャ寒かったですけど(笑)

*しらいしさんへ
鉄道カメラマンさんは「偉い!!」です「はい」

*chicaさんへ
僕だけではないのです。
プロはみなさんそうなのです。
だから、プロになっているのです。

| タクマクニヒロ | 2011/01/13 15:23 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。