PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

写真家になるには?

110107-1-2.jpg

*前のブログに掲載したこのカレンダーの撮影を依頼された時のコンセプトは、この企業が関わる建物や電車のある風景をタクマブルーで撮るということでした。

写真集「ブルー・ノート」の写真のように僕自身の写真集の為の撮影でしたら、ここに写っている白い電車は、白ではなく少しブルーになるくらいタクマブルーを強調した写真にしています。

でも、そこまでタクマブルーにしてしまうと・・・
カレンダーでこの電車を初めて見る人が「この特急はブルーなんだ」と思ってしまいます。

僕にカレンダーの撮影を依頼したクライアントさんも、それは望みません。

また、仕事として撮影させて頂いてる僕自身もクライアントさんの立場で考えると、そこまでタクマブルーを強調する必要はないことが、よ~~くわかります。

だからこの仕事では、クライアントさんの関連の建物や乗り物ができるだけ本物に近い色になるように、クライアントさんと相談しながら写真全体をタクマブルーのテイストにしています。

ここまで書くと・・・

「やっぱりプロになると撮りたい写真が撮れなくなるんだ」とか

カメラマンに「プロになったら好きな写真が撮れなくなるよ」と言われたことがある。

と、思った人もいるでしょう(笑)

じゃぁ、このカレンダーの写真を撮った僕は・・
写真集のようなタクマブルーテイストの写真にできなかったのでストレスを感じたのか?
「やっぱりプロになると撮りたい写真が撮れなくなるんだ」と落ち込んだのか?

そんなことはまったくありません。

なぜなら、写真を撮ることが好きだからです。

他のあらゆる趣味と比べても、写真を撮ることが一番好きなのです、もう『大好き!!』なのです。

その大好きなことをしてお金がもらえるのです。

数多くいるカメラマンの中で、この僕に撮影を依頼してくれるのです。

こんなにうれしことはありません。

写真集のようなタクマブルーテイストにならなくても、撮っているのは僕自身ですからね。

つまり、構図を決めたり、レンズを選んでるのも、露出やシャッタースピードを選んでるのも、当たり前ですけど僕なのです。

また、プロだったらクライアントの要求に応えた写真を撮るのは当然です。

*プロカメラマンというのは、クライアント(お客さん)に撮影を依頼されて初めてプロと言えるのです。

自分に撮影を依頼してくれたクライアントの望む写真を、その要求に可能な限り100%に近い状態で撮ることが出来る人がプロなのです。

一番ベストなのは「あなたの好き勝手に撮って下さい」という依頼をされることでしょうけどね。

でも、考えて見て下さい。

「写真を撮る」という、好きなことをしてお金がもらえるのです。

こんなに幸せなことはありません。

あなたが、プロを目指してるのでしたら・・

あなたの好き勝手なテイストの写真が撮れなくても、あなたに撮影を依頼してくれたクライアントさんを100%満足してくれる写真を撮ることを心がけてください。

それがプロです。

このカレンダーの撮影では、12カ所を撮りに行きました。

暑かったり、寒かったり、メチャメチャ遠かったり、早朝だったり、1回ではダメで何回もトライしたりと、色々ありましたけど・・
撮ってる時は、本当に楽しかったです。

そして、事務所に戻って大きなモニターで、撮影した写真をセレクトしてる時は最高~~~に楽しかったですね。

みなさんも、写真を楽しんで下さい。

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2011年01月13日 | コメント:3 | TOP↑

コメント


はぁ...
やっぱしタクマさん素敵です:)

言葉に芯が通ってて、心に響いてきます。

とっても尊敬してます(*´`)

| chica | 2011/01/14 16:42 | URL |

何事も「自分が楽しむ」ことが大事ですよね。たとえ仕事においても。寒い外気に包まれた心に温かい風が入りました♪

| ぐしこ | 2011/01/14 20:39 | URL |

*chicaさんへ
いやいや、僕が偉いのではなくてね、プロはみなさんそうなんですよ。

僕はみんなの代弁をしてるようなものです「はい」

| タクマクニヒロ | 2011/01/14 20:40 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。