PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カレンダーの写真を撮りたい

Q:質問です。

私は風景写真が好きで撮っています。

最近ブログに掲載しているようなカレンダーの写真を撮るという仕事はどうやったらもらえるのですが?

タクマさんのカレンダーの写真を見てて、私の写真もカレンダーなんかに使われたらいいのになぁと思ったのでよろしかったら教えて下さい。

いきなりこんな質問メールをして申し訳ありません。

タクマさんだったら教えてくれるかもと思って質問してみました。

A:僕が今までに経験したことをお話しします。

1-まず「どの企業のカレンダーに採用して欲しいのか?」ということを探す作業をします。

 どうやって探すのか?は自分で考えて下さい(笑)

2-ニコンやキャノンといったカメラ会社はカレンダーの写真を一般公募しているので、それに応募する。

こういったカレンダーの写真を一般公募している企業もたくさんありますので、それを探す。
どうやって探すのか?は自分で考えて下さい(笑)

1の作業をやって「この企業のカレンダーに使って欲しい」という会社を見つけたら、その会社に電話&メールをしてカレンダーはどの部署が制作しているのか?ということを聞いて、その部署の人に見てもらえばいいのです。

大きな企業は自社でカレンダーの写真などは選ばず、普通広告代理店にカレンダーの制作を任せてるので、どこに発注しているのかを聞いて、その広告代理店&デザイン事務所&印刷会社などに写真を見てもらえばいいのです。

1の作業がまったく出来ないという人は、印刷会社でも沢山の企業のカレンダーを企画して制作していますので、あなたの作品を大手印刷会社に持って行って見てもらうといいですね。

印刷会社ってどこの会社ですか?印刷会社のどの部署に問い合わせたらいいのですか?写真を持って行くときはのような見せ方をしたらいいのですか?ということは自分で考えて下さい(笑)

1と2は自分がカレンダーを制作している会社を探して写真を見てもらというパターンです。

もう1つあります。

3-カレンダーを制作している広告代理店・デザイン事務所・印刷会社に、自分の写真を見つけてもらうというパターンです。

それは・・・

・写真集を出版して全国の書店に並べる。

・ブログやHPで自分の写真を日々発信し続ける。

上の2つのどちらか、もしくは両方の発信活動をして広告代理店・デザイン事務所・印刷会社のカレンダー制作の担当者にあなたの写真に気づいてもらうという方法です。

どうやって写真集を出版したらいいのか?
ブログやHPで効果的に写真やブログを発信する方法は?

ということは自分で考えて下さい(笑)

ワークショップやマンツーマンワークショップだと、話す内容がどんなに長くなってもしゃべるだけなので楽なのですが、
話していることのすべての内容を細かくブログで書くこは、書くことが好きではない僕にとっては本当に大変な作業なのです。

このブログの誤字脱字の多さをみれば・・
僕がどれだけ書くことが不得意なのか?わかるででしょ(笑)

またカレンダーの撮影依頼には、大きく分けて2つのパターンがあります。

A-クライアントにあなたの写真のテイストを気に入ってもらったことで、そのテイストでカレンダーの写真を撮って欲しいという撮影依頼が来る場合。

B-HPや写真集の写真を、そのままカレンダーに使いたいという依頼が来る場合。

Aの場合は、すべての写真を特撮(特別に撮影する)するので撮影料は高いです。

Bの場合はすでに撮ってる写真を貸し出すという形なので、写真使用料という形になり撮影料というか写真使用料はそんなに多くはありません。

どちらにしても・・
自分の撮った写真が企業のカレンダーに採用されるということはうれしいもです「はい」

タレントさんやアイドルのカレンダーとは違ったうれしさがありますね。

企業が求めるカレンダーの写真は・美しい・癒される・カワイイ・感動する・オンリーワンのテイストがある、
などなど・・・だと思います。

110107-2.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2011年01月20日 | コメント:5 | TOP↑

コメント

ハレーション!

私も好きなんです!
写真に入れる入れない以前に
ハレーションが好きなんですね。
このハレーション(とかゴーストとか、まあ名称はともかく)、
アニメや映画の世界ではひとつの表現として
よく使はれてゐるのではと思ひます。
写真以前に映画で育つた私は
カメラのパンニングに合せて
画面上を動くハレーションを
格好いいと思ふのです。
なのに、結構多くの写真指南書が
ハレーションを嫌ふのがとても不思議でした。
(でも、自分ではなかなか格好いいハレーションが作れません。笑)

| T-T.N | 2011/01/21 00:03 | URL | ≫ EDIT

私もライブ撮影などで、ハレーションを入れることがあります。
でも、レンズの枚数が多いレンズだと派手に出てしまうので、嫌われます。
私は好きなんですけど。

話は変わりますが、先日のライブの撮影に来ていたカメラマンさん達、私を含めて3人いたのですが、時期は違えど、全員、タクマさんのワークショップ経験者でした。

偶然といいますか、世の中、狭いといいますか、ちょっと感動しました。


| しらいし | 2011/01/21 11:05 | URL |


ちょっと意味違うかもですけど
ファインダー覗かないで
シャッターおすの好きです。

知らない世界が
まだまだ広がってます(*´`)

| chica | 2011/01/22 07:04 | URL |

ご無沙汰してます。

カレンダーネタ今の私にとってとてもリアルで為になる記事がいっぱいです。
ありがとうございます。

blogを見てくださってカレンダー会社の方からお話をいただき今年作成する予定です。
まだ信じられません。拙いblogですが続けていてよかったな~と改めて思いました。

自分の作品が形に残せるなんて今でも夢みている感じです。私のできる範囲で精いっぱい頑張りたいと思います。

ところでこの2011年カレンダーを制作するのに写真の全体的な納期はいつ頃まででしたか?


あと
先日担当の方をお打ち合わせをしたのですが、その際、ギャラの話になりました。
「いくらにしましょうか?」となんともアバウトだったので、
相場がわからず自分のキャリアもまだ未熟だと感じていたので他の方がいただいてる平均的なところでと話をしました。
まだ形になっていないものに対していくら提示していいものか?とても迷ってしまいました。

仮に今ある写真をカレンダーに使いたいというケースの場合
一枚単位の単価でという感じに思っていていいのでしょうか?


毎日お忙しいと思いますがどうぞお体の方ご自愛ください。
益々のご活躍を楽しみにしております。

| ヤマシタ | 2011/01/22 09:31 | URL | ≫ EDIT

* T-T.Nさんへ
ハレーションは偶然なので、何度もトライするといいですよ。
今は、撮ってすぐに確認できるので修正ができますから大丈夫です。
トライ&エラーの繰り返しでコツが分かってきますよ。

*しらいしさんへ
ライブの写真のハレーションは、写真がよりドラマチックになるので、僕は作為的に入れてますよ。
好きだったら、気にしないでどんどんトライしましょう!!
そこから、オンリーワンの写真が生まれますから。

* chicaさんへ
僕も花の写真を撮ってる時は、よくノーファインダーで撮りましたよ(笑)
現像した後に「どんな写真が撮れてるのか?」っていうワクワク感がたまらなく好きでしたね。
今はデジカメなので、すぐ見ますけど(笑)

| タクマクニヒロ | 2011/01/22 17:54 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。