PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カレンダーの仕事の話パート2

*カレンダーの仕事の話パート2

あなたがブログやHPなどで発信している写真が、カレンダーの制作会社などから「写真を使用したい」とか「撮影してもらいたい」という依頼が来た時「やった~~」と喜べない場合があるのです。

それはですね・・・

1-コンパクトデジカメや携帯など撮ってる場合。

データーがあまりにも小さいと、どんなにいい写真でもカレンダーの印刷に絶えられないことがあるのです。

大きなカレンダーだとカレンダーに使われる写真の面積も大きいので、印刷した時に画像が荒れたりして美しくないのでその写真を使えないということがあるのです。

つまり、結局あなたの写真を気に入ってもらえたにも関わらずカレンダーには使えないということになるのです。

2-フイルムのコンパクトカメラなどで撮ってる場合。

印刷する為には、写真を最低でも半切くらいの大きさにプリントしなければいけません。

大きくプリントした時に粒子が目立っていたら印刷した時に美しくないので、カレンダーには使えないということになるのです。

ただし、粒子が荒れた状態がその写真のテイストだから大丈夫と、クライアントさんが理解してくれた場合は問題はありませんけどね。

僕の場合も、写真集「ブルー・ノート」や「カインド・オブ・ブルー」の写真を気に入ってくれて、カレンダーに使いたいとかポスターに使いたいという依頼が多々あります。

でも、あの写真はフイルム使用のコンパクトカメラで撮り、コントラストを強調する現像方法で現像しているので大きくプリントすると粒子の荒れがすごく目立ってしまうのです。

写真集やHPで見ている時には粒子が目立たないので、僕の写真を気に入ってくれたクライアントさんが「ぜひ、使いたい」という連絡がくるのですが・・・

テスト印刷した時にあまりにも粒子が荒れるので、カレンダーに使用することを諦めるのです。

写真集や本の表紙とかCDジャケットなどでの使用は大きさ的にまったく問題ないのですが、カレンダーという大きな媒体になると印刷が難しいということです。

だから、今自分がブログやHPで発表している写真を、いつかカレンダーに使って欲しいと思っている人は、コンパクトデジカメとか携帯などの写真では、せっかく写真を使いたいという依頼がきても使ってもらえない場合可能性がありますので「あなたの写真をカレンダーに使いたい」という依頼があってもすぐには喜べないという話です。
あなたの写真のテイストを気に入ってくれて、「カレンダーの印刷に絶えるような大きなデーターで撮影して欲しい」という依頼があった場合は、今使ってる小さなカメラではなく、クライアントさんが望むデーターで撮れるカメラで、あなたがいつも撮ってるテイストの写真を撮ればいいのです。

僕が掲載しているカレンダーも、同じテイストを出したい為に写真集を撮った時と同じコンパクトカメラで撮っていたら、カレンダーの印刷には絶えられないクオリティーになるので、デジタル1眼レフで撮り、それをクライアントさんが許してくれる範囲のタクマブルーのテイストにデジタル処理をして納品しているのです。

110107-5-2.jpg

*この場所で撮影出来る時間が朝8時までということだったので、現場に朝の6時に行って撮影ポイントを数カ所探し撮影を始めました。

ところが・・・高原の朝は霧が濃いです、1時間待っても廻り一面真っ白です。

1時間30分程待って、少しだけ霧が晴れてきたのですが、まだ空が白くて・・今日は撮影は無理かなぁ~と半ば諦めていました。
撮影が出来る8時まであと15分という頃、雲の中に隠れていた太陽が顔を出し、太陽光線がず~と向こうの湖まで照らし出したのです。

すると、先ほどまで白く霞んでいた廻りの風景がみるみるクリアーになっていき、ツツジの色が鮮やかに変わり、向こうに見える空も青くなり「さすが晴れ男!」と勝手にといいながら(笑)夢中でシャッターを押したのです。

15分の間に、この場所から撮りたいと前もって決めていたポイントすべてに移動して撮ったので、結構寒かったんだけど撮影が終わった時には汗びっしょりです。

太陽の力は凄いですね!

それにしても、このホテルの庭にあるツツジは最高でした。
今まで、白とピンクのツツジしか見たことがなかったのですが、こんなにたくさんの色のがあるんだ~と感動しましたね。

撮影が終わってから、このホテルのオープンフェテリアでツツジを見ながら飲んだコーヒーは、メチャメチャおいしかったです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2011年01月25日 | コメント:6 | TOP↑

コメント

まさに晴れ男。
その上写真の女神も後押ししてくれる。
今日のサッカー日本代表みたいだ。
がんばれタクマさん、がんばれ日本(笑)

| ますいしんいち | 2011/01/26 09:48 | URL |

私も以前35mmポジで撮っていた時
カレンダーのお話があったのですが
実現しませんでした。
デジタル一眼で1500万画素以上でしたら
大体の大きさのカレンダーで使えるのでしょうか?

| やぎ | 2011/01/26 21:05 | URL | ≫ EDIT

この場所はなんか見覚えがあるような気がしましたが、箱根のホテルのお庭ですかね。湖に面したカフェのケーキが美味しかったです。

| basil | 2011/01/27 12:00 | URL | ≫ EDIT

*ますいしんいちさんへ
天気もカメラマンの才能の1つですから(笑)

*やぎさんへ
コンパクトデジカメで1000画素くらいだと、難しいと思いますけど、それくらいだと問題ないと思いますよ。
ただ、これだけはクライアントさんが決めることですからね。僕が「はい、そうです」とは言えません(笑)

*basilさんへ
そ~~うです。箱根の芦ノ湖にある某ホテルです。

| タクマクニヒロ | 2011/01/28 22:35 | URL |


幸せエナジーが溢れんばかりなショットですねっ☆
すごく素敵です:)

| chica | 2011/01/31 00:49 | URL |

ご無沙汰しております。
ひとつき前の日記にすみません。

こちらのホテルも撮られてたんですね~
私もここの撮影に関わらせていただいているので、なんか嬉しくなって思わずコメントを。

ここのツツジは確かに見事ですよね~
数年前にここで8×10で撮影があったのですがやはり大変でした...
今はすっかりデジタルで便利になりました。

| こうの | 2011/02/26 00:33 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。