PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

ライティングの紹介

この写真は今発売中+act(ワニブックス刊)に掲載されているものです。

これは僕が制作しているDVD2で紹介している定常光ライティングです。

この写真は、左サイドから1灯を顔に当てて、右後ろから1灯、被写体の肩に当てています。

左側の写真の後ろの陰は、右側から当てているライトの陰です。

定常光ライトは、こういった陰を眼で確認しながら自由に作れ、また、被写体の顔に出来る光と陰も眼で確認しならが撮れるのでストロボが苦手という人にお勧めです。

20110531.jpg

★このブログで何か質問したいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので遠慮しないで、このブログのコメント欄に質問して下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2011年05月31日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

色温度(いろおんど)

この課題は難しいです(汗
(やさしく説明できません)
どなたか補足をお願いいたします。

いろおんど
ある色相(オレンジ色~青色)の色味を温度の単位に置き換えて表現する方法で、単位はK(ケルビン)。換算方法はここで詳細の述べても無意味なので省略します。

写真においては、光源の色味を表現するときに使います。オレンジ色(色温度が低い)は「アンバー」、青色(色温度が高い)は「ブルー」と呼ばれることが多いかと。

晴天昼間の太陽光が5500Kくらいで、人の目にもそれくらいが白色に見えるといわれ、多くの撮影感材・デジカメは5500Kを設計基準にしています。

5500Kより低ければ低いほどアンバーへ偏るし、高いほどブルーに偏って写るというわけです。

ですので、いろんな光源の光でも、5500K相当に補正すれば色の偏りが軽減されるという目安にもなります。

たとえばアンバー系の光源であるタングステンランプ(白熱電球=色温度は3千数百K)でも、ブルーのフィルターを介すなり、デジタルならホワイトバランスを調整し、5500K相当になるように補正して撮影すれば、白色光源になるという理屈です。

逆に、昼間でも曇り空(雨天)や日陰、日没後など色温度が高い環境はアンバー系に補正することになります。HMIや小型のストロボも若干色温度が高めですね。

フィルムでの撮影、特にポジフィルムでの撮影では、正確な色を表現するには、かなり厳密に色温度管理が必要ですが、ホワイトバランス設定が容易になったデジタルではそれほど神経質になることはなくなりました(厳密には影響ありますが)。


また家庭用の蛍光灯を光源にして5500Kに補正したところで、なかなか純粋な白色になりにくいことからもわかるように、色温度だけでは光源の色味を測れないことも知る必要があります。

それでも、色温度は朝昼夕の太陽の色味の移り変わりに似て、人の目にもその違いがわかりやすい色味表現なので、広く使われています。

| Holly | 2011/06/01 02:05 | URL | ≫ EDIT

* Hollyさんへ
いつも、ありがとね~~~!!

| タクマクニヒロ | 2011/06/01 17:01 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。