PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

カメラマン モデル撮影

Q:素朴な疑問なのですが、カメラマンには色々な形があって、別に人を撮らない人も沢山いるわけですよね。

そういう別の選択肢もあった中、タクマさんは、最初に苦手だと思ったけど、訓練しようと思った動機はなんでしょう。

苦手があることを乗り越えたかったのか、女の子を撮れるカメラマンになりたいという願望があったのか。

A:実は、専門学校時代も含めてプロになるまで、なんでも撮れなければプロカメラマンになれないと思っていたのです。
なぜなら、学校の課題では、商品も人も風景もスナップもなんでも撮らされましたからね。

プロの世界のことを、何一つ知らななかった僕が勘違いするののも当たり前です。

当時の先生に「何でも撮れるようにしないとプロで食っていけないぞ!!」って、脅かされていましたから(笑)

プロになった最初の1~2年は、料理、商品、建物、スポーツ、人、風景など撮影依頼があればなんでも撮っていたんだけど、やってるうちに自分は人を撮ってる時が一番楽しいということに気がついたので、その方向へシフトチェンジしたのです。

ところが、人物撮影だけでも細かく分かれていてね

1-記念写真
2-ブライダル
3-取材(街角スナップ、記者会見など)
4-ファッション(モデル専門)
5-アイドル&ヌードという女性専門
6ータレント、俳優、アーティスト、文化人などのポートレイト

まだあるけど・・こうやって人物撮影と一言でいっても色んな種類の仕事があるわけです。

別に、すべてやりたい人は分けなくていいんです、好きにやればね。

僕の場合、専門学校時代のアルバイト的な撮影も含めたら、ちょうど1、2、3、4、5、6、の順でやりました。
今は6専門です。

ヌードは数回撮らせてもらったけど、裸になった女性が目の前にいるともう恥ずかしくてダメだったね(笑)

「自分は服を着てる女性を撮る方が向いてるな」って、気がつきましたよ。

これからカメラマンを目指そうとしている人は、このブログのカテゴリー中の「カメラマンになる方法」を読んでもらうと、カメラマンっていったいどれくらいの分野があるのかということが、少しはわかると思います。

プロの世界はもの凄く細分化されているので、自分が好きな写真の分野をみつけてその撮影テクニックを徹底的に延ばすことに時間とお金を使った方が、クライアント&世の中の人があなたのことをプロカメラマンとして認知してくれる速度は早いと思いますね。

今書いたのは東京でカメラマンになるには、ということが前提です。
地方では色んな分野の写真が撮れるカメラマンの方が仕事的に有利だと思いますよ。
それは、仕事の量が東京と地方では圧倒的に違うからです。

110324-6.jpg

あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| モデルとのコミュニケーション | 2011年06月13日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。