PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

フォトグラファーになる

「自信がないけどカメラマンになりたいんです」

「タクマさんのように会社を辞めてカメラマンを目指したいんですけど、何かアドバイスをしてもらえませんか」という相談をされることがよくあります。

そんな中でも「今の仕事が嫌だから、カメラマンになれたらいいなと思っている」という人が結構多いのです。

そんな人達への僕からのアドバイスは「趣味でやったほうがいいですよ」という答えなのです。

僕の写真集「ブルーノート」を見てる人は「えっ、タクマさんからそんな言葉を言われるとは・・・」とびっくりされます(笑)

*中、高校生の場合は専門学校なり写真学科のある学校に通って、本当に写真を撮ることを仕事にしたいのか、どうか?ということを、卒業するまでに自問自答して「どうしてもカメラマンになりたい」と思ったら、卒業後迷わずプロの道に進むことをオススメします。

・すでに何かの仕事をしている人の場合

「好きで好きでしょうがない、何よりも写真を撮る事が好きだから、今の仕事を辞めてカメラマンを目指したい」という人には、好きな道を歩んで下さいと言ってます。

でも「今の仕事が嫌だから」という理由の人には「趣味でやったほうがいいですよ」と答えています。

カメラマンを目指す理由が、今の仕事が嫌だから、そこから逃げたいからというのは・・・

何よりも好きだからなりたいという理由とは違います。

このタイプの人は間違いなく、途中で挫折するからです。

その理由はですね・・・

「カメラマンへの道」を歩む途中で、今の仕事が嫌だから辞めたいと思ってるのと同じような、もしくはそれ以上の嫌な出来事が起こる可能性が多々あるからです。

起こる可能性というより、あります。

職種に関係なく嫌なことは、何をやってもあるものです。

例えば人間関係・思ったように仕事がはかどらない・お客さんとのトラブル・自分が望んでいる仕事をさせてもらえない・収入に関して・必要なテクニックを向上させることができない・などなど

嫌な仕事を辞めてやっと「カメラマンへの道」を歩み始めたのに・・・

「これじゃぁ、会社に勤めていた時と同じじゃない!」とがっくりすることが多々あるのです。

「好きなことだから、大丈夫」と思ってたので、ショックが大きいのです。

僕場合はどうだったのか?

僕の場合は、努めていた会社が嫌でそこから逃げる為にカメラマンになろうと思ったのではないのです。

そこでの仕事は楽しかったのです。
ただ、仕事以上に写真を撮ることが大好きだったので・・・
カメラマンになりたいのに、今の仕事をしてて、いいんだろうか?という葛藤があったのです。

じゃぁ、カメラマンになれるという自信はあったのか?というとですね・・・

もちろん会社を辞めてすぐにはカメラマンとして仕事をすることは無理だと分かっていました。

ただ、プロカメラマンになる為に必要なスキルをマスターさえすれば、絶対にプロカメラマンとしてやっていけるという変な自信はあったのです。

その自信はいったいどこからきていたのか?

それはですね・・・

その当時は雑誌が多かったのですが、雑誌を見ながら「この雑誌から撮影依頼がきたら、自分は撮れるかな?」と、日々、自問自答しながら雑誌を眺めていたのです。

そして、そこに写ってるプロが撮った写真を見ながら「今は、撮れないけど、この写真を撮る為に必要な機材の使い方や、ライティングその他カメラマンとして必要なスキルさえ学べば撮れる!」という、感覚はあったのです。

すべての雑誌、すべてのページではないですよ。

「この写真だったら自分でも撮れそう?いや、もしかして上手いかも?」という若さゆえの自信です(笑)

また、凄い写真を見た時は「自分もこんな写真撮りたい!!」

こんな写真を撮る為に必要なことさえ学んだら「自分でも撮れる」と勝手に思っていました(笑)

その自信はどこから生まれたのか?

いい写真を撮る為に必要な『感性』はあると思っていたのです。

そして『感性こそがカメラマンにとって最も大切なものなんだ』と、これも勝手に思っていたのです(笑)

だから、自分はカメラマンにとって一番大切なものをすでに持っているのだから、あとは、プロなる為に必要なスキルさえ学べば必ずプロになれると思っていたのです。

この妙な思い込みがあったからこそ(笑)その後歩み始めた

僕自身の「カメラマンへの道」に大小多数の壁が現れた時でも、一度も諦めることなく、なんとかして乗り越えようというエネルギーが生まれたのです。

もし、あの時「カメラマンになりたいけど、なれる自信はない」と思いながら「カメラマンへの道」を歩んでいたら、最初に現れた小さな小さな壁で「あっ、やっぱりダメか」と、間違いなく挫折していました。

*「自信がないんだけど、カメラマンになりたい」という人には、今の仕事をしながら写真のことが学べる学校などに通いながら「やっぱり趣味でいいんじゃないか?」とか「本当にプロになりたいのか?」と、自問自答することをお勧めします。

なぜ、学校がいいのか?それはあなたと同じ道を歩もうとしている人達と会えるからです。

仲間ができると、色々相談もできるので・・今の自分が気がついていない色んなものが見えてくるのです。

サッカーが好きな人が、どこかのサッカーチームの監督に「私はゴールを決める自信はないし、90分走る自信もないんですですけど、選手にしてもらえますか?」と言ったら・・・・

「まず、強い気持ちと体力ををつけてから、もう一度訪ねて来い」って言われると思いませんか?

110715-3.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2011年07月25日 | コメント:0 | TOP↑

コメント














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。