PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

相談するといこと。

カメラマン本人ではなく、そのご家族や友人(彼女)から「どうやったら、仕事を増やすことができるでしょうか」という相談をされることがあります。

いつも、こんな大切なことなのにどうしてカメラマン本人が相談してこないんだろう?と不思議に思います。

これは、病気になった人が家族や友人に病院に行ってもらってるのと同じことのような気がします。

僕自身も相談対象の本人がどのような人なのか?どのような写真を撮ってるのか?という事がまったく分からないので、的確なアドバイスをすることはできません。

本人が直接、相談してこないのは

1-こんなことを人に相談するのはずかしいから
2-思っていることを人に話すことが苦手だから
3-自分で解決できると思ってるので、相談しようとは思わない

という理由が殆どです。

3の人は、自分ではそう思っていてもご家族や友人(彼女)が「今、なんとかしないと」と思わせる空気を出しているのは確かだと思います。

だから、ご家族や友人(彼女)が本人に変わって僕に相談しているわけです。

僕からの「仕事が減った一番の原因は何だと思いますか?」という質問に、殆どの人が「今は景気が良くないのでしょうがないと思っています」という答えが返って来ます。

つまり、カメラマンとしての自分に原因はないということです。

でも・・・ 日々忙しく仕事をしているカメラマンはたくさんいます。

*僕の経験上・・・仕事が減るという理由は、世の中の景気ではなくカメラマン自身に原因があることが多いのです。

例えばですね・・

・クライアントさんの要求する写真が撮れていない。

・撮る写真以外のことでクライアントさんに気に入られていない。

 <撮影態度が悪い・撮影時間が長い・撮影料&撮影経費が他のカメラマンより高い>などなど。

・クライアントさんや撮影スタッフとの人間関係が上手く築けていない。

・自分より安く撮影しますよというカメラマンが、クライアントさんの前に現れた。

・今まで自分と仕事をしていたクライアントの担当者が変わった。

・・・・まだまだ「えっそんな理由で?」ということも含めて沢山あります。

うれしいことに僕は上に書いた項目すべてを経験しています(笑)
だから身にしみてわかるのです。

今、このブログをご覧になってるあなたが、自問自答して1つでも反省するべきことに気がついたら速やかに修正することをオススメします。

「どやって修正すればいいんですか?」と質問しようと思った人

・・・・それを、頭から汗が出るくらい真剣に考えることが大切なのです。

別に大きなことをしなくてもいいのです、今のあなたが誠意を込めて出来ることでいいのです。

ここに書いたこと以外にも色々な理由が考えられますが・・・

一番大きな理由は

本当なら自分が行動しなければいけないことを、ご家族や友人にやってもらってるというその姿勢なのです。

この姿勢が、撮影現場でもクライアントさんとの人間関係でもありとあらゆるところに現れているのです。

本人が気がついていないだけで、クライアントさんや一緒に仕事をしているスタッフは「このカメラマンさんは撮影現場を仕切れる能力がない人だな」と感じていると思います。

カメラマンは、普段はどうでもいいのですが(笑)

いざ撮影現場では、映画監督やコンサートの指揮者のように、そこで何があってもすべてのことを的確に仕切らなければいけないのです。

写真を撮るのは、ご家族でも友人(彼女)でもありません、カメラマン自身です。

例え仕事が少なくなってても、ご家族や友人に愚痴を言って心配させるようなことはしない方がいいです。

廻りの人を心配させるようなことをしても仕事は決して増えませんから。

自分自身が真剣に行動しなければ大切なモノを得ることはできません。

110715-9.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 質問 | 2011年07月31日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

いつもブログを拝見させていただいています。

タクマさんのおっしゃっていることは、カメラマン以外の他の職業でも、日常生活でも当てはまることばかりで、いろいろ参考にさせていただいています。

これからもブログを楽しみにさせていただきますね。頑張ってください。

| 春日恭介 | 2011/08/01 10:03 | URL |

*春日さんへ
本当にその通りなのです。
職種は違っても、仕事という観点からみたらすべての職業は同じですからね。

*ひでさんへ
コメントありがとうございます。
文章が長いことと、文章と文章の間に空間をとり過ぎているので、このコメント欄にアップしようとするとフリーズしてしまいます。
数回トライしたのですが、ダメでした。
ただ、ひでさんからのコメントはちゃんと読めましたので安心して下さい。
次回コメントされる時には、文章は詰めて書いてもらえたら大丈夫だと思います。

| タクマクニヒロ | 2011/08/02 12:37 | URL |

ありがとうございます!

お返事ありがとうございます!

嬉しかったです
文章長かったですね
大変申し訳ございません。


全部見て頂けて良かったです!

お返事本当にありがとうございました!!

| ひで | 2011/08/02 18:24 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。