PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

犬やネコの写真を撮る仕事をしたい。

Q:私もタクマさんのように犬の雑誌なんかの写真を撮る仕事をしたいです、でも、どうしたらいいのか分かりません、いきなりでもうしわけありませんが教えて下さい、お願いします!!!

A:僕は犬写真専門のカメラマンではではないんだけど(笑)

あなたのように自分が好きな分野があって、その雑誌などの写真を撮るカメラマンになる方法はどれも同じなのです。

もし、犬とかネコが大好きでその雑誌の写真を撮るカメラマンになりたいと思ったらですね

1-犬とかネコの雑誌がどれくらいの種類出版されているのか調べる
   ↓
2-それらの中から、自分はどの雑誌の仕事をしたいのか決める
   ↓
3-雑誌が決まったら、その雑誌のどのページの写真を撮る仕事がしたいのか考える。

表紙を含めてどのページもやりたい!ということだったら、スタジオで撮る依頼が来ても撮れるか?ということを考えて、もし不安だったらスタジオで撮る練習をすればいいのです。
   ↓
4-自分がやりたいページにふさわしい作品&それ以外の自由な作品も撮る
   ↓
5-作品をまとめる
   ↓
6-作品を編集部の人に見てもらう
   ↓
7-気に入ってくれたら、撮影依頼が来る
   ↓
8-犬やネコを撮るカメラマンになりたいという夢が叶う。

書いてみると非常にシンプルです。

僕の場合は、犬を撮った作品を見てもらったのではなく

雑誌を制作しているスタッフを以前から知ってて、

その方に「タクマさん、犬好きだって言ってましたよね」と聞かれ「はい大好きです」

「だったら、犬の写真撮ってみない?」

「本当ですか?犬を撮らしてくれるんですか?うれしい!!」という感じで決まったのです。

ただ、生まれて初めてスタジオで撮るわんチャンの撮影は大変でしたね。

まず、当たり前のことなんだけど、コミュニケーションがまったく撮れないということです(笑)

笑顔くれない、目線くれない、じっと立っててくれない、撮影中なのに寝てしまう、おしっこをする・・などなど

これも、1回、2回と撮影していく中で試行錯誤しなががら、今の撮影スタイルが確立できたというわけです。

もう、どんなわんちゃんが来ても大丈夫です。

自分が本当に好きな被写体(分野)を撮るという仕事は、何があっても継続できるということです「はい」

雑誌ではなく写真集を出版したいという人は、犬やネコをどういうテーマで撮ったのか?ということがはっきりと分かる作品をまとめて出版社の人に見てもらえばいいのです。

テーマがしっかりしている作品は印象が強いです。

媒体がどのような媒体であっても・・・

あなたが撮りたい、作品を発表したいと思う媒体関係者に見てもらう為に必要な行程は、上に書いたのと同じです。

110728-15.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの営業方法 | 2011年10月25日 | コメント:2 | TOP↑

コメント

いっぱいイメージトレーニング重ねて(笑)
いつかこういう仕事ができたらいいなと思います。

素朴な質問なのですが背景色は撮影の時にわんちゃんのイメージに合わせてタクマさんが決められるのでしょうか?それとも事前に今回はこの色でと指定されているものなのでしょうか?

| reika | 2011/10/26 15:12 | URL | ≫ EDIT

* reikaさんへ
撮影前に編集の方が、わんちゃんと色んなカラーペーパーを見ながら決めていきます。
迷った時は、僕も参加して一緒に決めます。

「いつかこういう仕事ができたらいいな」
という思いが・・
「いつかこういう仕事をする!!」
に変わった時・・・
すべてはそちらの方に動き始めます。

想いって、想像している以上に凄いエネルギーです。

| タクマクニヒロ | 2011/10/26 18:00 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。