PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

続き・・・

もう1つスタジオであった出来事。

これも昨年の話です。

この日はスタジオの外は凄い雨でした。

そこへ、びしょびしょに濡れた上着を着た僕らの撮影スタッフのAさんがやって来たのです。

Aさんは、スタジオさんに上着を掛けておくハンガーをお願いして、スタジオの隅に掛けて置いたのです。

僕が「メイクルームでドライアー借りて乾かしたらどう?」と提案したのですが

「いや、撮影中うるさくなるからいいよ、あそこに掛けてたら少しは乾くでしょう」と言って、ハンガーにかけたままにしていたのです。

そして、撮影がスタート

僕は、次ぎのカットの為のライティングチェンジの間にAさんの濡れた服の事が気になって、スタジオの隅を見たのです・・・
すると、服がどこにも掛かっていないのです。

「あれっ、おかしいな」と思って、スタジオさんに「あの服どこかに移動した?」と聞きました。

「あっ、服ならこちらです」と廊下に案内されました。

なんと、廊下の隅に濡れた上着が掛かったハンガーをスタンドに立てて、その上着に向けて500Wのアイランプ(撮影で使う熱が出る定常光)がかざしてあったのです。

つまり、乾かしていたのです。

僕はスタジオさんの「これ、君がやってくれたの?」と聞いたら

「僕です、ダメだったでしょうか?」と言ったので

「いや、ありがとうね!!あれだったら、撮影が終わった頃乾いてるよ、それにしてもいいアイデアだね」
とお礼を言ったのです。

撮影が終わった頃に服は乾いてて、AさんもそのスタジオさんのB君に「ありがとう」とお礼を言って帰って行きました。

という出来事があったのです。

このスタジオさんは、僕たちの撮影スタッフの1人が困ってるのを見て、「自分なりになんとかしてあげたい」という想いで、僕たちが頼んでもいないのに廊下で濡れた服を静かに乾かしてくれていたのです。

濡れた服の持ち主も「いや~あのスタジオさんやるね~~」と喜んでいました。

僕も撮影が終わって帰り際に「B君、今日はありがとうね、カメラマンとして絶対に成功するよ!!」とお礼を言って帰途につきました。

B君は「ありがとうございます!!頑張ります!!」と満面の笑顔をしていました。

きのうのブログと今日のブログで登場したスタジオさん達は・・・

いつかカメラマンになった時に、撮影現場でどんなことがおきても必ず上手く対処できるカメラマンになると思います。

なぜなら、「目の前に起きてる出来事をクライアントさんの為になんとかしたい」という想いを持ってるからです。

撮影現場では、打ち合わせの時には考えられなかった、アクシデントが起こります。

そんな時に「これは規則ですから」「言われていませんから」と言って何もアクションを起こそうとしない人は・・・
いざ、撮影現場でアクシデントが起こった時に「打ち合わせの時には聞いてないので撮れません」の一言で終了、みたいなことになります。

今現在、プロカメラマンではなくても・・
今目の前で起きてることに対して、「なんとかしてあげよう」という意識がある人と
「聞いていませんから」「規則ですから」ということで、その場を終了させようとする人では・・・

数年後のプロとしての立ち位置はまったく違うものになっています。

これから、「カメラマンへの道」を歩もうとしている人・・・

また、すでに歩んでいる人も・・・

「自分はどうだろう?」と自問自答して下さい。

気がついた人は、100%修正できます。

修正することで、数年後のあなたは「あ~~カメラマンになってよかった~」というポジションに立っている筈です。

ただし、その時にカメラマンとしてクライアントさんが望む必要最低限のスキルは持っているという事が前提の話ですよ(笑)

120110-6.jpg


あなたは……
スタジオライティングのことを知らないから、カメラマンにはなれない!!
と、諦めていませんか?


プロになる前の僕がそうでした。

プロが撮った写真を見て 「どんなライティングで撮ったんだろう?」って、思いませんか?

僕も独学でカメラマンになったので、今のあなたの気持ちがよくわかります。

そんなあなたの為に・・・
スタジオ撮影が未経験の人でもプロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。


実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

室内でクリップオンストロボを使ったライティングが学べるDVD5→紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2012年01月12日 | コメント:3 | TOP↑

コメント

素晴らしい光景ですね!きれいです!

| ますいしんいち | 2012/01/13 15:32 | URL |

こんばんは^^

「情けは人のためならず」
という言葉がありますが、誰かにさりげなくした心遣いは、いずれ自分にも返ってきますよね^^

周りの状況を把握して、今の自分は何をすべきか、何をしたらお客さんに喜んでもらえるのか、考える習慣を付けなければ、と感じました。

| AOZORA | 2012/01/13 20:54 | URL | ≫ EDIT

*ますいさんへ
空の上からの写真は滅多に撮れないので、飛行機に乗る時はいつも窓際の席を取っています(笑)
ちなみに、この写真に写ってる山のず~と向こうは日本海です。

| タクマクニヒロです | 2012/01/14 07:43 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。