PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| スポンサー広告 | --年--月--日 | コメント(-) | TOP↑

定常光ライトで人を撮る

この写真の光はストロボで作るのは難しかったので、(作れる人は作れると思うんだけど、僕には難しいという意味です)スタジオに常備されている定常光ライト2灯で作りました。

カメラ側の左右に定常光を置いて、被写体に向けて左右からホリゾントに向けて斜めに光を当てているだけです。

DVD2(スタジオライティング実践編パート2)
を購入された方は、冊子16Pをご覧になって下さい。

作例では定常光ライト1灯で作れるライティングを紹介していますけど、下の写真のライティングは、作例とまったく同じ方法でカメラ側の左右に1灯ずつ定常光ライトを置いて、被写体に向けて斜めに光を当てているだけです。

とても簡単に作れます。

定常光ライトは・・・

今、「被写体にどのようにライトが当たっているのか?」

「どのような影ができているのか?」

ということを見ながら、光と影の調整ができるので便利です。

この撮影が依頼された時に「強い女を写真で表現して欲しい」という要望がありましたので

何パターンか考えて、最終的にこのライティングに決めました。

広告やCDジャケットは完成デザインが決まっているので、ライティング、ポーズ、表情などはデザイン通りに撮る必要があります。

でも、雑誌の場合は、テーマさえ外さなければ、カメラマンが自由に撮っていいのです。

「タクマさんのテイストで好きに撮って下さって大丈夫です」ということです。

これは、カメラマン冥利に尽きます。

打ち合わせの時にテーマの確認さえできれば・・・

撮影前も撮影中も「タクマさん、こんな感じで撮って下さい!」という指示はありません。

カメラマンの自由に撮らせてもらえるのです。

だから、「どんな写真を撮るのか?」を考えるのがメチャメチャ楽しいのです。

撮影当日までに色んなアイデアが湧いてくるので、決めるのが大変です。

でも、これはストレスにはなりません。

逆に楽しいのです。

あるのはストレスではなく

「仕事をさせて頂いてありがとうございます!!」という、感謝の気持ちだけです。

撮影後に、クライアントさんにデーターを渡して

「素敵な写真でした、よかったです」なんて言われたら、またまたうれしくなります。

自由に撮らせてもらって、ホメてくれて、撮影料までもらえるのです、こんなにうれしいことはありません。

でも・・・

すべての仕事で褒められるとは限りません。

クライアントさんによっては、「こんな写真しか撮れないの!」って叱られることもあります。

そんな時は、次から撮影依頼はありません。

喜んでもらって、撮影料をもらえるのも・・・

満足してもらえなくて、次から仕事の依頼が来ないのも(サラリーマンでいうと、リストラみたいなものです)

どちらも自分次第です。

フリーカメラマンという仕事は、結果がすべてです。

「あいつのせいで」とか「上司が悪い」なんてことはありません。

すべて、自分の撮影力で決まります。

だから、おもしろいですよ。

本当は撮影力だけではなく、○○力も大切なんですけどね。

○○は、あなたが考えて下さい(笑)

それでは、今日も一日、今のあなたのやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150727-3.jpg
+act.2015年 09月号に掲載されている写真です。

+actは、数多い映画の中でもインタビューの内容が濃厚で、尚かつ各カメラマンの撮る写真のクオリティーが凄いです。
僕自身、いつも「あ〜この俳優さんってそんなこと考えているんだ〜」と、雑誌の隅々まで読むのが楽しみです。
映画とビジュアルが好きな人には絶対オススメですので、ぜひご覧になって下さい。
  ↓ ↓
+act.2015年 09月号

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年07月27日 | コメント:3 | TOP↑

白飛ばしライティング

左の写真は、DVD1の中で紹介している「フロント紗幕+トップライト」で撮影しています。

フロント紗幕というのは、ストロボの前に白い紗幕とかトレペを垂らして撮るライティングのことです。

トップライトというのは、被写体の頭の上から下に向けて飛ばすライティングのことです。

この時のトップライトは、光をまわす為にソフトボックスを付けています。

DVD1で紹介しているトップライトを使ってバック飛ばしをするライティングは、

ストロボ1灯でバックの白ホリゾントも白く飛び、なおかつ被写体のヘアーラインにも光が当たる、

とても便利なバック飛ばしライティングです。

メインのフロント紗幕は、全身でなければカサバン1灯でも大丈夫なので

この写真の「フロント紗幕+トップライト」は、ストロボ2灯で作れる白飛ばしライティングです。

DVD1を購入された方は、ライティングを、イラストと写真入りで解説している冊子の5Pにくわしく解説していますので、ご覧になって下さい。

下の写真を見ると床に寝てもらってるように見えますけど、本当はテーブルの上に白ケント紙を張って、テーブルに伏せてもらって撮影したものです。

その方がモデルさんもポーズを作りやすいし、カメラマンも床に伏せなくていいので撮りやすいのです。

「スタジオにあるサイコロやテーブルを使ったポーズの作り方」は、冊子の22Pに紹介しているので、ご覧になって下さい。

スタジオにあるサイコロやテーブルを使ったポーズの作り方のバリエーションを知ってると、

スタジオで人物を撮影する時に「ポーズに変化をつけたいけど、どうしよう?」って悩んだ時に役に立ちます。

右の写真は冊子の9Pに解説している「ストロボ直+トップライト」とまったく同じです。

ストロボ直というのは、ストロボのカサとかソフトボックスなどのディヒューザーを付けない状態で使う名称です。

「ストロボ直」だけだと、バックのホリゾントに人物の陰が出て背景がグレーになります。

それをトップライトを使うことで、人物のバックは白く飛んで、キレイなバック飛ばしライティングが作れるのです。

それも、ストロボ2灯で。

これはクリップオンでも同じです。

*表紙は太陽光の下で撮ったような強い写真を撮りたかったので、メインライトをストロボ直にして・・

中ページは、表紙とは全く違って柔らかい表情を撮りたかったので、光が柔らかいフロン紗幕にしたというわけです。

撮る前に「どんな表情(写真)を撮りたいのか?」ということをイメージするといいですよ。

イメージができると、そのイメージあった写真が撮れるライティングのアイデアが浮かびます。

「現場でなんとかすればいいだろう」なんて、アバウトな撮影はダメです(笑)

僕の場合は、スタジオに入った段階でその日撮影する写真の絵柄の80%くらい決まっています。

ロケの場合でも同じです。

あとの20%は、シャッターを押しながら被写体とのコミュニケーションで決まります。

この撮影前の・・・

「どんな写真を撮ろうかなぁ~」というイメージ作りが楽しいんです。

クライアントさんから「こんなイメージで撮って欲しい」という要望があれば、

「自分はこう撮りたい」ではなくて、それが最優先です。

そこんところを、勘違いしてはダメです。

好き勝手に撮りたいのでしたら、写真作家になることをオススメします。

ただし、僕のような商業カメラマンと違って、写真作家で生活して行くのは

厳しい〜〜ということだけは、覚悟してたほうがいいです。

今日のライティングを紹介しているDVD1を購入していない人でも「あ〜〜なるほどね〜」って、なんとなく分かってもらえたらうれしいです。

僕のDVDは値段が高いです。

どうして高いのか?っていうとですね。

「カメラマンの宅間國博とメールで質疑応答ができる」という特典が付いているからです。

購入してから3ヶ月の間とかではなくて、僕と質疑応答ができる期限は無期限ですよ。

DVDで紹介しているライティングの質問じゃなくてもいいんですよ。

例えば、何かの写真を見て「このライティングって、どうやって作ればいいんですか?」みたいなことでも大丈夫なんです。

「こんな質問してもいいんだろうか?」なんて心配することはありません、怒ったりしませんから(笑)

DVD1〜6を購入された人は、安心してこの特典をお使い下さい。


スタジオ撮影をする時はライティングも大切ですけど・・

一番大切なものは「どんな写真を撮りたいのか?」という、あなたのイメージ力です。

「どんな写真を撮りたいのか?」が決まれば、ライティングも決まり、

「どんな機材が必要なのか?」ということも決まってきます。

それでは、今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150721-1_20150721182709d77.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年07月21日 | コメント:1 | TOP↑

対談写真の上手い撮り方

お知らせです。

数年前に制作したDVD4の完全リニューアル版 「対談写真を上手く撮る方法」&「自然光のような光で小物が撮れるライティング」が完成しました。

僕がプロカメラマンになって驚いたことは、タレントさんや文化人のインタビューや対談の撮影依頼が想像以上に多かったことです。

あなたは対談の写真って、ただ「ゲストが話している顔を撮ればいい」と思っていませんか?

僕もそう思っていました。

でも、それは大きな間違いなのです。

アイドルを撮る時に必要なテクニックがあるのと同じで、

対談写真を撮る為のテクニックもあるのです。

女の子やポートレイトを撮る時は、被写体にあなたが撮りたい表情やポーズを指示できます。

上手く撮れなかった時は「もう一回さっきのポーズしてくれる?」という感じでお願いすることができます。

でも、対談撮影ではそれができないのです。

一発勝負なのです。

スポーツの撮影と同じですね。

僕は、初めて対談撮影の依頼が来た時「ゲストが話してる顔を撮ればいいんでしょ」と、かる〜い感じで撮影現場に行きました。

そして、撮影終了後に「話してる顔を撮ればいいだけだから簡単に撮れる」と思ってたことを深く反省したのを覚えています。

対談の撮影って、同じ人を撮るにしても・・

僕がそれまで撮っていたポートレイトとはまったく違っていたのです。

ゲストのいい表情を撮りたくても、カメラマンは被写体に何も指示ができないんですよ。

それ以降、数々の対談撮影をしながら

対談の撮影中、ゲストに怒られたり(これは怖かったです)

クライアントさんに「使える写真少ないね」ってダメだしをされながら、

対談写真を上手く撮る為のノウハウを学びました。

また、僕自身が雑誌やウェブ媒体などでインタビューされる側になって

写真を撮られている人って、

カメラマンに「こんなことされると嫌なんだ」とか、また逆に「こんな撮り方をされるとうれしい」という、

撮っている時にはまったく気がつかなかった、多くのことに気がついたのです。

これは、自分が話をしている写真を撮られた人でなければ絶対に分からないでしょうね。

この、自分が写真を撮られる側になるという経験のお蔭で、対談写真を撮るカメラマンは、

「ゲストのいい表情を撮る」こと以外に

「対談をしているゲストに、いい気分になってもらうことが大切なんだ」ということが分かったのです。

それ以降は「対談をしているゲストにいい気分になってもらう」ことを徹底的に意識して撮るようにしました。

そのお蔭で、ある業界紙で対談写真を撮らせてもらった某企業の会長に気に入られて、

その会社の機関誌の表紙と巻頭グラビアをその会長が引退するまで任されたり

某政治家の対談写真を撮らせてもらった時は、その政治家に気に入られて

その方の選挙用のポスターの撮影依頼が来たりと、ファッションとかグラビアページでアイドルを撮るという仕事に比べると地味ですけど・・

対談写真を撮ることで大きな仕事に繋がったのです。

対談撮影をする対象は、色んな分野&業界で活躍している人ばかりなのです。

業界で活躍している人は、写真を撮られることが多いのです。

だから、あなたが気に入ってもらえたら、他の仕事にも繋がるのです。

人物撮影が得意なカメラマンの中でも「アイドル、ファツション、ポートレイトが上手い」という人はたくさんいますけど

「私は対談撮影が得意です!!」というカメラマンはいません。

だから、

あなたが「インタビュー・対談の撮影でしたら私に任せて下さい!」って売り込めば、仕事の依頼が来る確立はメチャメチャ高くなります。

理由は、僕が業界紙やウェブの編集をしている人から

僕のスケジュールがNGの時に

「タクマさん、誰か対談撮影が上手いカメラマンご存知でしたら紹介してもらえませんか?」って、よくお願いされるのです。

そういった時はすべて元アシスタント君を紹介しています(笑)

元アシスタントのA 君が対談撮影をした後に、その方から

「タクマさん、いい人を紹介してくれてありがとうございます、Aさん凄くよかったです。
写真もいいんですけど、対談中の撮り方がいいんですよ、お蔭で対談に集中できました、ありがとうございます」とお礼メールが着ます。

A君は対談撮影をしたことで、そのクライアントさんに気に入られて新しい仕事に繋がっています。

他のカメラマンがやっていそうで、やらないから、僕のノウハウを知ってるA君が目立つのです。

今は雑誌が売れなくなったと言われていますけど、女性雑誌、男性雑誌、情報誌、趣味の雑誌、などを見て下さい、必ずインタビュー&対談の写真が掲載されています。

そしてウェブ媒体の対談でも写真が使われています。

それくらい、対談写真の需要って多いのです。

ウェディングや子供や運動会などの写真が得意な人はたくさんいますけど、

「私は対談が得意です!」というカメラマンがいないのです。

でも、業界紙やフェブ媒体の人は対談写真が上手い人を捜しているのです。

あなたが、「私は色んな写真が撮れます」という営業をするのではなく

「インタビュー・対談の撮影専門です」という営業をしたら、クライアントさんに与えるインパクトは強烈ですよ。


DVD4と冊子に書いていることを実践すれば、対談写真で他のカメラマンとあなたの差をおもいっきりアピールできます。

☆営業するところは、出版社よりも色んな雑誌媒体やウェブページを作ってる編集プロダクションがオススメです。

1度も対談撮影の経験がないからという人も、このDVD&冊子で学ぶと

「対談現場での声掛け、レンズの選択、ライティング、撮影手順、撮影方法」などの不安がすべて解消します。

でも、いきなり本番ではなく、最初は友達などでテスト撮影したほうがいいですよ(笑)

また、今までに対談写真を撮ったことのある人は、ゲストとクライアントさんからの信頼度がいっきに増します。


DVD4で対談写真が上手くなる方法を学んで、あなたの仕事の幅をいっきに広げて下さい。

「対談写真が上手くなる方法が学べる」DVD4の詳細&購入方法は
↓ ↓
こちらから


☆DVD4の後半には、クリップオンストロボと定常光を使って作れる

「自然光のような光で小物が撮れるライティング」を3種類、紹介しています。

「小物、雑貨、料理、スイーツ」などを、柔らかい自然光で撮る時って

「どんな置き方にしようか?」とか「これを加えてみようか?」などなど、色々迷うものです。

だから、ワンカット撮るのにあっと言う間に時間が過ぎてしまいます。

でも、自然光は時間が経てば明るさも光の強さも光の角度も変わります。

DVD4の「自然光のような光で小物が撮れるライティング」を学ぶと

自然光が入る時間帯を気にしないで、いつでも、あなたが撮りたい時にじっくり撮れるのです。

自分の部屋の中に柔らかい自然光が作れると楽しいですよ。

下の写真は、お弁当を自然光で撮った写真と定常光ライティングで撮った写真です。

どちらが窓際から入る柔らかい自然光で撮った写真かわかりますか?
↓ ↓
150713-1_20150713151335184.jpg
左が窓から入る柔らかい自然光で撮った写真で、右側が部屋を暗くして定常光で作ったライティングで撮った写真です。

ストロボは、ストロボを発光してからカメラのモニターで確認しなければ

どのような「光と影」ができているのか確認できません.

でも定常光ライトは、自然光で撮るのと同じように「光と影」を見ながら撮れます。

女性向けの写真教室などで、このライティングを教えたら生徒さん達に喜んでもらえますよ。

冊子には、小物を撮る時に役に立つ、誰でも簡単に作れる折りたたみレフを紹介しています(これ、役に立ちます!)

DVDには、イラストと写真入りでライティングを分かりやすく解説している冊子が付いています。

また、他のDVDと同じように、僕と質疑応答ができるという特典も付いていますので、

「こんなこと質問していいのかしらん?」なんてことは気にしないで(笑)

どんなに些細なことでも大丈夫ですので、聞きたいことがあったら遠慮なく質問して下さい。

DVDをご覧になって「見たけど、役に立たなかった」と思われた人には、全額返金していますのでご安心下さい

「自然光のような光で小物が撮れるライティング」が学べるDVD4の詳細&購入方法は
↓ ↓
こちらから


それでは今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

K30718.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&自然光のような光で小物を撮るライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年07月13日 | コメント:7 | TOP↑

白ほり撮影ライティング

スタジオに正面だけがアールになっていて左右は白い壁タイプになっているスタジオがあります。

壁タイプのスタジオでは、この写真のように被写体に壁にもたれてもらって撮ることができるのです。

被写体に壁にもられてもらうと、この写真のように被写体の影を生かした写真が撮りやすいのです。

アールになってる場所では、影がアールのホリゾントに伸びてしまうので上手く調整することが難しいのですが、壁だと影を自由に調節しやすいのです。

この時は、「見開きで使えるドラマチックな写真を撮って欲しい」というリクエストがあったので、

被写体に壁にもたれてもらって、カメラを下から煽って、尚かつ顔の影を生かした写真を撮りました。

ライトを顔のサイドから当てたので、影がいい感じに作れました。

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べる→DVD5を購入された人は、冊子の16Pで解説しているライティングで撮れます。

撮影前の打ち合わせで編集者からリクエストがあるのは

「見開きで使えるドラマチックな写真を撮って欲しい」という大まかなことだけです。

どんなライティングで、どういった構図で撮るのか?ということはカメラマンに任してもらえることが多いですね。

雑誌は広告と違って打ち合わせの段階では、アバウトなことしか決まっていないので、

細かなことは、カメラマンが現場で決めていきます。

「これ、どう撮りましょうか?」なんて聞いたらダメなのです(笑)

それでは今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

0909281.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年06月21日 | コメント:1 | TOP↑

スポットライトって何?

この写真は、DVD2(スタジオライティング実践編パート2)で紹介しているズームスポットというストロボを使っています。

丸い光になるストロボで、舞台照明のスポットライトのストロボバージョンみたいな感じです。

背景は赤ペーパーですけど、ストロボ光が強いので、ストロボが当たっていない場所は黒くなります。

CDジャケットや音楽雑誌などでアーティストを撮る時に「なんか変化をつけたい」と思った時によく使っていました。

白ホリがあるスタジオには常備されてるところが多いので、スタジオに言えば用意してくれます。

「写真に変化をつけないな〜」と思った時は、いいかもしれませんよ。

それでは今日も1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

150528-2.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。


先日、僕が制作しているDVDをご覧になった人から、うれしいメールが届いたので掲載させて頂きます。
  ↓ ↓
映像を拝見しました。

他のカメラマンさんの書籍やDVD、講習会などでは、よくわからなかったこと。

自分で実際にスタジオを借り、撮影して疑問に感じたこと。

僕が知りたかったことが、ちょっと映像を観ただけでいくつも見つかり、解決できました。

大変感激しております。

目の前にあった濃い霧が、ほとんど消えてなくなった気分です。

勉強します。

誠にありがとうございました。

という、メールです。

メールを下さったYさん、ありがとうございます。

悩みながらDVDを作ってよかった〜と実感できてうれしいです。


僕自身が独学でカメラマンになったので、スタジオライティングを学びたいという人の気持ちがよ〜〜くわかります。

僕が制作しているスタジオライティングが学べるDVDは、写真専門誌のような難しい用語は一切使っていません。

また、DVDの内容を解説している冊子は、イラストと写真でDVDの内容をごくごく普通の言葉で説明しているので、

「これ何の意味?」なんて悩むことなく学べます。

理由は、「何も知らなかった頃の僕でも分かるように!!」という精神で作ってるからです。

プロを目指していた頃の僕は「ライティングを学びたい!」と思って、専門誌を購入して学ぼうとしたけど、

あまりにも専門用語が多くて、内容がまったくわかりませんでした。

僕の理解力のなさかもしれませんけど(笑)

僕のDVDは、そんな理解力のない僕を基準にして作ってるので本当に分かりやすいのです。

DVDに付いてる解説書を作ってる時に、

アシスタントから

「タクマさんそこまで説明しなくても分かりますよ!」って言われるくらい、

細部にわたって、分かりやすさを追求していますから。

実は、解説書が読みやすいだろうと思って文字を大きくしすぎて

「タクマさん、子供の絵本じゃないんですから」と指摘されたので、文字は普通に大きさに戻しましたけどね(笑)

独学でプロを目指していた頃の僕と同じように

「プロのスタジオライティングを学びたい!」という人は、ぜひ、ご覧になって下さい。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳しいことはこちらから

特に人気のあるのはこの2つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1→紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

自然光は入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「カメラマンになりたい」 「写真で稼ぎたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

★クリップオンストロボの周辺機材の使い方を学べるブログです→NPLUGGED STUDIO 

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| ライティングの紹介 | 2015年06月18日 | コメント:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。