fc2ブログ

好きな写真で稼ぐパート3

写真で稼ぐパート1・2で、好きな写真を仕事にするには、自分が好きな写真を撮ってるだけではダメということを書きましたけど、

それは、お客さん(出版社・広告代理店.デザイン事務所・登録カメラマンの会社・企業・一般の人などなど)に依頼された写真を撮るという仕事のことです。

あなたが「私は写真作家として生活したい」という人でしたら、話は別です。

写真作家を目指している人は、自分が撮りたい写真だけ撮ればいいのです。

そして、その写真を色んな方法で世の中に発表するという活動をすればいいのです。

ただ、日本の中だけで写真作家として生活ができる収入を得るというのは、非常に難しいです。

理由は、日本は写真を購入するという人口が圧倒的に少ないからです。

僕も数人の写真作家さんを知っています、それも、一人で活動をしているのではなく

ちゃんとギャラリーと契約して、作家活動をしている人達です。

年間に1点数十万円という作品が何点も売れています。

でも・・・

それだけの収入では生活できていないので、アルバイトをしています。

全員が共通して言ってるのは、世界の人を相手にしなければダメだということです。

日本と違って世界と言っても特に欧米では、絵画と同じように写真を購入するという文化があります。

つまり・・・

あなたの写真に感動したので売って欲しい言ってくれる人

あなたの写真展を開催しませんかと言ってくれる写真関係の人

あなたの写真をうちのギャラリーで扱わせて欲しいという人

などなどが、日本と比べて圧倒〜〜的に多いのです。

海外の大きなコンテストに入賞しただけで

世界のキュレーター(ギャラリーをプロディユースする人)や写真関係者の目にとまり、そこから欧米の市場にあなたの作品を発表するきっかけが生まれます。

僕がカメラマンになった当初は調べるだけでも大変でしたけど、

今は、ネットで海外のコンテストを知ることができて、応募することも簡単にできるようになりました。

大きなコンテストでグランプリなど取ったら、それだで世界の写真関係者、キュレーターの目に止まり、あなたの写真作家としての世界が一気に広がります。

世界をマーケットにすれば、写真で得る収入はもの凄いです。

写真作家として生活していくことがおもいっきり可能です。

ただ、欧米の審査員、キュレーターは、日本以上に写真のオリジナリティーを求めます。

また、

「なぜ、あなたがその写真を撮ったのか?」

「写真を発表する意義は?」

みたいな、

あなたの「私は、どうしてもこの写真を撮りたかった〜〜〜!!」という

心の中のエネルギーが、強烈に伝わらなければいけませんし、あなた自身が伝えることができなければいけません。

最低でも英語でね。

コンテストではなくても、あなたの写真をSNSを利用して世界中に発表することも可能です。

そこで、あなたの写真に興味を持った人は、あなたの写真をもっとみたくなります。

あなたのことも知りたくなります。

その為に英語版のHPなどで、あなたの作品やあなたのプロフィールが見れるようにする事をオススメします。

世界に写真作家としてのあなたを広める為に何が必要か?

英語力です(笑)

ネットで翻訳してもいいのですが、やはりアバウトです。

写真作家で生活して行きたい人は・・・

オリジナリティーのある作品を撮ることは必要絶対条件ですけど、

英語の読解力を身につけることもオススメします。

英語が理解できたら、世界の写真に関するあらゆる情報を知ることができます。

また世界のコンテストに普通に応募することができます。

欧米ののキュレーター、写真関係者にあなたの作品をアピールすることができる道が広がるのです。

これから、作家を目指す人は、欧米に目を向けてはいかがでしょうか?

今、欧米のキュレーター・写真関係者は、まだ世界に注目されていない、日本の新しい写真作家を探しているのです。

それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

epsite_ex_img_201518.jpg
新宿のエプソンのギャラリーで、関根健太郎さんが写真展を開催しています→http://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/special/special_24.htm
会期  2015年10月9日(金)~10月29日(木)10:30~18:00(最終日は15:00まで)

関根さんはタイの「水掛け祭り」というお祭りの写真で、なんとエプソンのスポットライト対象展に選ばれました。
もの凄くエネルギュな写真です。
こんなおもしろいお祭りがあるなんて、初めて知りました、

あと、「いつか個展をしたい」と思ってる写真作家志望の方には、関根さんの額窓をしない写真の展示方法も、参考になる思います!!

写真作家志望の方には、エプソンのこ場所は必見です。


僕に何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄からして下さい。
このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

あなたは、プロが撮った写真を見て

 「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1→紹介動画

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5→紹介動画

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4→紹介動画

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンになりたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」


という人が「こんなに役に立つワークショップ初めてです!」と喜んでくれる、マンツーマンワークショップに関しては
  ↓  ↓
こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2015年10月09日 | コメント:3 | TOP↑

写真で稼ぐ、パート2

例えば、僕は人を撮るのが好きなので、

俳優、タレント、アーティスト、アイドル、モデルさんなど、人物を撮る仕事が多いのです。

ある日、僕が前々から「あの人撮りたいな」と思っていたAという俳優さんの撮影依頼がありました。

その時に、僕は「Aさんだったらこんな背景の場所でシリアスな表情を撮ったら、最高にいい写真がr撮れるし、撮る自信もある、とうとうAさんを撮れるんだ!!」とメチャメチャ喜んでいました。

でも、依頼されたのは

「Aさんはいつもシリアスな表情の写真が多いので、今回はスタジオで、白バックで、明るい表情のAさんを撮って欲しい」という写真でした。

この時に「僕は好きな写真を撮ることを仕事にしたのんだから、Aさんの写真は自分が撮りたいように撮ります」なんてことを言ったら、そこで試合終了です(笑)

クライアントさんは、カメラマンの宅間さんだったらいつもと違うAさんを撮ってくれるに違いない」と思って、僕に依頼したわけです。

だから、プロカメラマンとしては・・・

クライアントさんから「こんな写真を撮って欲しい!」と依頼があった写真を撮るのがプロとしての仕事なのです。

「時間が少ないから撮れない」とか

「こんな場所では撮れない」とか

「好きを仕事にしたんだから、好きな場所で好きな表情の写真を撮りたい」なんてことばかり言っていたら

本当にカメラマン人生が終了です(笑)

もう1の例を書きます。

Bさんは、ネコの写真が大好きで、色んなところに行ってネコの写真を撮っていました。

そして、「ネコの写真を撮ることを仕事にしたい!」と決めたのです。

なぜなら、ネコの写真を撮ることが大好きだったからです。

僕が「こんな方法があるよ」と

数種類の「ネコカメラマンヘの道」の歩み方をアドバイスをしました。

なんと、Bさんはその中でも一番険しい道を選んだのです。

その代わり、その道は険しだけあって収入はいいのです。

数年掛かって、やっとネコの専門誌の写真を撮ることができるようになりました。

ネコの写真で稼げるのです。

でも、それまでは自分が好きな場所で「可愛いな〜」と思ったネコ写真を撮っていたんだけど

クライアントさんからの依頼は

「この種のネコの、こんな表情や動きをしている写真を撮って下さい」という内容でした。

クライアントさんが望むその種類のネコを自分で探して、クライアントさんが欲しい表情や動きをしているネコ写真を撮らなければいけないのです。

Bさんは、「ネコの写真を撮ることを仕事にする!」という夢が叶うので

自分で四方八方探して、その種のネコを撮らせてもらえる人を探して、

クライアントさんが欲しい表情や動きをしている写真を撮ったのです。

そして、撮影料をもらったわけです。

撮影料をもらうのが初めてだったBさんは、銀行に振り込まれた撮影料をみてびっくりしたそうです。
少なくてではなく(笑)

想像以上に多かったからだそうです。

Bさんは・・・それまでの

「好きな写真を仕事にする」=「自分の好きな写真を撮れば収入が得られて生活ができる」

という考え方が

「お客さんが欲しい写真を撮らなければ収入は得られない」ということに気がついたと言っていました。

じゃぁ、好きな写真が撮れないのに

僕もBさんもどうしてカメラマンをやっているのか?

それは、「写真を撮るという事」が大好きだからです。

「好きを仕事にしたい」という人が・・

「自分の好きは写真を撮ることだ」と、気がついて

「カメラマンになろう」って決めたとしても

自分が撮る写真が誰かの役に立たなかければ仕事にはならない。

つまり、写真で稼ぐことはできない。

・・・ということなのです。

ここまでを読んで

そうか、人生そんなに甘くないんだ

やっぱり、辞めとこう

・・・と思ったあなた、

僕はあなたをカメラマンにさせたくないから、このブログを書いてるて脅しているのではないんですよ(笑)

好きを仕事にする=自分の撮影スキルを誰かの役に立てる方法さえ考えたら稼げるんだ!

ということに気がついて欲しいのです。

答えは簡単なのです。

1−誰の役に立つ写真を撮ればいいんだろう?

2−どうやれば役に立てることができるんだろう?

この2つを徹底的に考えればいいだけなのです。

答えがみつからない人は
  ↓ ↓
僕の→マンツーマンワークショップをご覧になって下さい。

今のあなたのお役に立てるかもしれません。

僕のマンツーマンワークショップでは、今の仕事をしながら写真で稼ぎたい人、プロになりたい人、プロの仕事を増やしたい人の為に、それぞれの人に適したアドバイスをしています。

今まで、参加された人達からは

タクマさんって「プロカメラマンのコンサルタントみたいですね」とか

「カメラマンになりたい人のコーチですね」など、色々言われていますけど、

みなさん、2時間のマンツーマンワークショップの終了後には

「目の前にあった霧が晴れました!!」と言いながら、目を輝せて帰って行きます。

コンサルタントでもコーチでも、どのような呼ばれ方をされてもいいんだけど・・・

僕が今までプロカメラマンになって経験したことが、

「僕の目の前にいるこの人のお役に立てている」ということが実感できるので、うれしいですね。


それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

bbb_20151009141310bde.jpg

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2015年10月08日 | コメント:0 | TOP↑

撮りたい写真と稼げる写真は別

僕のワークショップに参加されているAさんは、普通に会社勤めをしている方です。

写真を撮ることが大好きなのですが、

でも、会社を辞めてプロカメラマンになりたいとまでは思っていません。

週末の休みを利用して写真を撮ることで稼ぐ方法はないだろか?と色々調べているうちに

幼稚園や小学校の運動会や催し物などの撮影をするカメラマンを募集している会社を見つけました。

Aさんは、自分も子供がいて子供の運動会の写真を撮ることが楽しかったので、これはいい!!

これだったら、会社が休みの日に写真を撮ってお金を稼げる、よしやろう!と決めて

その会社の説明会に行ったそうです。

でも、そこで言われたのは

「うちは芸術作品のような写真は必要ないんですよ、子供が写ってればいいんです」というニュアンスに取れるようなことを言われたらしいのです。

これは、その会社の方がそう言ったということではなく、あくまでAさんがそんな感じに受け止めたという意味です。

そして、撮影料が最初は8000円その後、なれたら1万円になり、撮った写真がたくさん売れれば撮影料が1万5千円になり、そして、カメラマンとしてのポイントがあがるに従って撮影料も徐々に上がるらしい

みたいな説明があったそうです。

Aさんはまず、

「芸術写真は必要はないですよ、子供が写ってればいいんです」と言われたことに「それじゃ、僕が撮る意味がないでしょう!」と思い

また「最初が8000円という撮影料は安い!こんなんじゃできない」と思ったらしいです。

そして、ここは自分には向いていないという結論で、この会社にカメラマンとして登録するのは辞めまたそうです。

「自分は、写真が上手い、子供の運動会の写真なら自信があるから

パパ、ママが感動する写真が撮れる」と思うAさんの気持ちはよくわかります。

でもね・・・

<その1>

まず、撮影料のことです。

東京でアルバイトをすると今は時給1000円です。

8時間アルバイトして8000円です。

それがですよ、幼稚園や小学校の催し物の写真を撮ることで少なくても8000円です。

この時点で時給1000円のアルバイトを8時間したのと同じ金額を得ることができます。

そして、撮影になれて来たら10000円〜15000円、それ以上に増える可能性があります。

写真が上手い人は、数回経験すると

「そうか、こんな写真を撮れば売れるんだ」というコツがつかめるので、

間違いなく15000円そして、その上のランクの額をもらえるようになる可能性があります。

興味のない職種のアルバイトを8時間して8000円受け取るのと

好きな写真を撮って、1万〜1万5千円もらえるのでは、気持ち的には、まったく違います。

アルバイトで8千円を1万円、1万5千円に増やそうと思ったら、それだけ多くの時間働く必要があります。

<その2>

Aさんは、登録カメラマンの会社から支払われる撮影料が少ないと思ったのですが。

もし、Aさん自身が幼稚園や小学校に

「私は写真を撮るのが上手いので、今度催し物の撮らせて下さい」

「その写真を販売させてもらえませんか?」

と、お願いに行ったとしてですね

「あなた写真上手いですね、今度お願いしますよ」って言われる確立がどれくらいあるのか?

ということです。

まず、99%の確立で断られると思います。

つまり、どんなに学校の催し物で子供のいい表情を撮る自信があっても、

撮影をする機会を得ることができないのです。

会社が休みの週末に、好きな写真で稼ぐことはできないということです。

登録カメラマンの会社に登録するということは、自分がそのような営業活動をしなくてもいいということなのです。

こういうことも、考えたうえで

「撮影料が1万円〜1万5千円って、安い!!」って思うのか

「営業しなくてもいいから楽だし、1時間1000円のアルバイトをやるより、好きな写真で普通のアルバイトよりいいお金がもらえるからいい」と感じるのかなのです。

<その3>

「自分のテイストを全面に出した芸術的な写真が撮りたい!」

これは、Aさんだけではなく

僕のようなフリーカメラマンも同じなのです(笑)

でもね・・・

プロカメラマンというのは、お客さん(クライアント)から「こんな写真を撮って欲しい」って依頼されて

要望通りの写真を撮るからこそ、クライアントさんから「ありがとう」と意味の撮影料をもらえるのです。

クライアントさんから「こんな写真を撮って欲しい」と依頼された時に

「いや、いや、僕はそんな写真撮りたくないですよ、僕に頼むのでしたら僕の好きに撮らせて下さいよ」

と言って、撮った写真がクライアントさんが望む写真ではなかった場合は、もう2度と仕事は来ません。

というか、プロはそんな好き勝手な写真を撮ってはいけないのです(笑)

お客さんあって、こそ、

クライアントさんが欲しい写真を撮ってこそ、プロカメラマンなのです。

自分が撮りたい写真は、自分の為に撮ればいいのです。

写真で稼ぐということは・・・

自分が撮りたい写真を撮って

「はい、これ使って下さい、撮影料は○○円です」ということではないのです。

つまり、誤解しないで欲しいのですけど


ものすごく極端に言うとですね・・・・

「自分が撮りたい写真」と「稼ぐ為の写真」は違うということです。

色々書きましたけど・・・

もし、あなたがAさんと同じように、今の仕事をやりながら、週末に好きな写真で稼ぎたいと思った時にですね

「私の写真の芸術性を分かって欲しい」という気持ち

「写真でお金がもらえる、ありがたいな」という気持ち

この2つのどちらを優先するかは、あなたの自由です。

じゃぁ僕はどうしてるのか?ストレス溜まらないのか?

僕は、まず、クライアントさんの為にクライアントさんから依頼された写真を撮り、残りの時間で自分が撮りたい写真、「こんな写真も撮れますよ」と、クライアントさんにアピールしたい写真を撮ってます。

撮りたかった写真の方を使ってもらなくてもガックリはしません(笑)

なぜなら、クライアントさんはメインの写真を見てとても喜んでくれてるからです。

そして、10回に1回くらい「えっ、この写真いいですね!これ使わせて下さい」って言われることがあるのです。

この時はメチャメチャうれしいですよ。

それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう!!

130528-20.jpg
ご結婚おめでとうございます!!

これは定常光ライトで撮った人物写真です。
僕は、こういった光の写真を撮る時は、ストロボでも作れるのですが、今どのような光が当たってるのかを見ながら撮影できるので定常光ライトを使います。

DVD2(スタジオライティング実践編パート2)を購入された人は、冊子19Pに光のモヤモヤの作り方を詳しく説明していますので参考にして下さい。


あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| カメラマンの心得 | 2015年09月30日 | コメント:3 | TOP↑

雑誌の撮影料

先日、初めて撮影をさせてもたった雑誌があります。

僕は雑誌の場合は、撮影依頼があった時に「撮影料は幾らですか?」なんて聞きません。

撮影が終了して雑誌が販売された後に「はたして、撮影料は幾ら振り込まれるんだろう?」と楽しみにしています(笑)

そして、先日撮影料が振り込まれました。

その金額を見てびっくり!!

僕の経験では、雑誌媒体の表紙ではなくて、1ページ当りの撮影料は

女性ファッション誌は、1万5千円〜2万5千円

テレビ・映画など情報誌は1万〜2万円

音楽関係の雑誌は、8000円〜1万5千円

アイドルを掲載しているグラビア誌は、1万5千円〜2万5千円

男性週刊誌は、2万円〜3万円

という感じです。

ところが・・・・

今回やらせてもらった雑誌の撮影料は、なんと・・・

1ページ5万円でした。

写真は数ページに渡って掲載されたので「えっ、こんなにもらっていいの!」という額の撮影料が振り込まれていたのです。

これは、今まで僕が経験した雑誌撮影料のページ単価の最高額でした。

リーマンショック以来、各媒体の撮影料が削減されている中、

こんな雑誌もあるんだなぁ〜と、うれしい驚きでした。

撮った写真にも満足して、尚かつ撮影料が思っていた以上にいいと

「明日からもっと頑張ろう〜〜」って気持ちになれます(笑)


それでは、今日も1日

焦らず、まわりと自分を比べず、

「今の自分がやるべきこと」にベストを尽くしましょう!!

411011.jpg


僕に何か聞きたいことがある人は、どのような些細なことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄からして下さい。
このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

あなたは、プロが撮った写真を見て

 「このライティングを知りたい!」って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

ライティングのコツさえ分かれば 誰でも簡単にプロのスタジオライティングで撮れるようになれます。

プロのスタジオライティングが簡単に学べる
DVDは5つあります
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
「プロのスタジオライティングを学びたい」という人にはDVD1→紹介動画

「クリップオンストロボのポートレイト・ライティングを学びたい」という人にはDVD5→紹介動画

「対談写真を上手く撮る方法」&
「テーブルライティングを学びたい」という人にはDVD4→紹介動画

「出版社への売り込み方を知りたい」という人には

DVD6(仕事に繋がる効果的な営業方法)がオススメです。

僕がプロカメラマンになって数多くの経験から得た、撮影依頼が来る営業ノウハウをすべて公開しています。

プロカメラマンが絶対に教えたくない内容なので、DVD6の販売は在庫がなくなり次第終了します。

出版社への、仕事に繋がる売り込み方法を知りたい人はお早めに!
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

僕のDVDは、値段は高いですけど
「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

「趣味の写真で稼ぎたい」

「カメラマンになりたい」

「カメラマンの仕事を今より増やしたい」


という人が「こんなに役に立つワークショップ初めてです!」と喜んでくれる、マンツーマンワークショップに関しては
  ↓  ↓
こちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 撮影料の話 | 2015年09月26日 | コメント:2 | TOP↑

写真館で働きたい

Q:初めましてもうすぐ20歳になるAです。←(御自分の名前を書かれていたので、ブログではAと書かせてもらいます)

僕は中学生の時から父の影響で写真を撮る事が趣味になり、高校2年生までは高校卒業後は写真の専門学校に進学したいと思っていました。

しかし、安定を求めて会社に勤める道に進み2年が過ぎた今、退職してカメラマンになりたいと強く思っています

職場環境は決して悪くはなく給料も安定していますが、やりがいを感じれず、やはりカメラマンになろうと決意しました。

給料が安定していなくても仕事にやりがいや楽しさを求めたいと思っています。

来年の3月いっぱいをもって退職して学校写真に携わりたく地元の写真館に就職したいと思っています。

しかし今の時代で写真館への就職は厳しいでしょうか?

突然の質問で申し訳ありませんが、お返事いただけるととても嬉しいです。

A:僕からの返答です。

申し訳ありません。

せっかく質問してもらったのですが、僕は写真館のことはよくわかりません。

☆そこでこのブログを読まれている方の中で、写真館に関しての何か知ってることがある人がいましたら、どのような些細なことでも大丈夫ですので

20歳のAさんへ、あなたから返答をしていただけますか?


よろしくお願いします。

Aさんへ

写真館の現状はよくわかりませんけど、僕が言えるのは

給料が安定していなくても仕事にやりがいや楽しさを求めたいと思っています。

という強い意志があるのでしたら、しかし今の時代で写真館への就職は厳しいでしょうか?

という心配などしないで、今のあなたを雇ってくれる写真館を、地元に限らず全国で探してみたらどうでしょうか?

また、学校の写真に関わりたいのでしたら写真館に就職しなくても、登録カメラマンという道もあります。

ただ、その為には撮影の技術をマスターして、尚かつ撮影に必要なカメラやレンズなども自分で揃えなければダメですけどね。

僕はあなたの写真のレベルを知らないのでなんとも言えませんけど、そんな方法もあるということです。

ネットで調べればすぐ分かります。

それでは、今日1日、今の自分がやるべきことにベストを尽くしましょう。

A53882.jpg

このブログで何か聞きたいことがある人は、どのようなことでも大丈夫ですので、遠慮しないでこのブログのコメント欄に書いて下さい。
僕が知らないことは「知りません」とはっきり言いますけど(笑)その時はお許し下さい。

あなたは、プロが撮った写真を見て 『このライティングを知りたい!!』って、思ったことありませんか?

独学でカメラマンを目指していた頃の僕がそうでした。

そんなあなたの為に・・・

プロのライティングが簡単に学べるDVDを制作しました。

実は、スタジオライティングを学ぶことはあなたが想像しているより簡単なのです。

「ライティングのコツ」を知ればいいだけなのです。

僕が雑誌の表紙やグラビア撮影で実際に使っている、プロのライティングを簡単に学べる
★DVDは6つあります★
   ↓   ↓
詳細はこちらをご覧下さい

特に人気のあるのはこの3つです。
   ↓   ↓
プロのスタジオライティングが学べるDVD1紹介動画

クリップオンストロボのポートレイト・ライティングが学べるDVD5紹介動画

対談写真を上手く撮る方法&テーブルライティングが学べるDVD4紹介動画

自然光が入らない場所でも、自分の得意な光(ライティング)を作れるカメラマンは強いです。

「自分はこの光で撮ればいい写真が撮れる」という、圧倒的な自信が生まれるからです。

「ライティングに自信がない」 「プロのライティングテクニックを知りたい」という人は、

ぜひ僕が制作した→DVD を見て下さい。

値段は高いですけど「少しも役に立たなかった」と思った人には、全額返金していますから安心して下さい。

★「趣味の写真で収入を得たい」「カメラマンになりたい」 「カメラマンの仕事を今より増やしたい」という人の為にマンツーマンワークショップをやっています
  ↓  ↓
詳細はこちらをご覧下さい

★宅間國博のHPは→こちらから

★クリップオンストロボの周辺機材のことでしたら→エンジョイカメラ.JPさんが、オススメです。

*このブログへのコメントは、管理者が確認してからアップしますので、コメントしてからすぐにアップされなくても心配しないでください。

 

「カメラマンヘの道」をご覧になって下さっているみなさまへ。

2015年11月5日から、ブログを引っ越しました!!
↓  ↓
こちらです

新しいブログからも過去の記事をお読みいただけます。

 

| 写真家になる方法 | 2015年09月24日 | コメント:3 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT